みんなの党の渡辺喜美代表は31日の記者会見で、産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で鳩山内閣の支持率が2割を切ったことについて、「麻生内閣の末期症状とまったく同じだ。鳩山由紀夫首相がいくら理屈を述べても国民は分かってくれない。もう辞めていただくしかない」と述べ、改めて首相辞任を求めた。

 一方、参院選の比例代表の投票先で自民党が微増したことには「(民主党の)敵失だ。自民、民主それぞれに飽き足らない人たちが一番、大きな勢力になっている」と述べ、みんなの党の躍進に自信を見せた。

【関連記事】
支持率続落19%、初の2割割れ 政党支持率も自民と並ぶ
社民離脱「首相の結果責任ある」官房長官
辻元国交副大臣が辞表提出 「社民党にも責任」
「2つのオウンゴールが響いた」 野田財務副大臣が普天間問題で首相の指導力に疑問符
社民・福島氏 内閣不信任案に同調も「反対はなかなか難しい」

<電子書籍>アプリケーション無料提供…出版社協会(毎日新聞)
ニュージーランドでは「世界最速の英雄」 「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」(産経新聞)
<傷害>道路にロープ…原付きが転倒、61歳軽傷…愛知(毎日新聞)
<雑記帳>黒部ダムの流木使った文房具販売 関電の関連会社(毎日新聞)
暴力団の大相撲観戦問題 「社会的に許容できず、極めて遺憾」 警察庁長官 (産経新聞)
AD