ユニオンホールディングス株の相場操縦事件で逮捕・起訴された会社役員河野博晶容疑者(67)が、東証2部上場の試験機器メーカー「テークスグループ」(神奈川県相模原市)の増資をめぐりインサイダー取引をしたとして、大阪地検は25日、証券取引法(現金融商品取引法)違反容疑で同容疑者ら3人を逮捕した。地検によると、3人は容疑を認めているという。
 ほかに逮捕されたのは、会社役員佐藤智之(47)、同久次孝幸(44)両容疑者。
 逮捕容疑は、テークスの第三者割当増資の実施を決定した河野容疑者らが、2008年9月1日の公表前にテークス株を買い付け、その後新株発行の一部失権が公表される前に同社株を売り付けて数千万円の利益を得た疑い。
 地検によると、河野容疑者はテークスの大株主で、実質経営者。同社は同19日、リーマンショックの影響で大口の出資先が払い込みをキャンセルしたため、予定額を下回ったと発表した。 

【関連ニュース】
別会社株でインサイダーの疑い=相場操縦事件の会社役員
プルデンシャル元社員、起訴内容認める=インサイダー事件
ヤマノHD会長がインサイダー取引=故山野愛子さんの三男
早大OBら、起訴内容認める=株価操縦事件
投資会社社長に有罪=ペイントハウス事件

<乱気流>成田行きユナイテッド機が遭遇…けが人多数か(毎日新聞)
【新・関西笑談】世界で一つだけのパンを(4)(産経新聞)
厚労省元局長公判、検察苦戦=「虚構」「冤罪」証言相次ぐ-郵便不正・大阪地裁(時事通信)
公務員倫理「低い」29% 人事院が市民アンケート(産経新聞)
<シー・シェパード>メンバー移送、海上保安庁に引き渡しへ(毎日新聞)
AD