群馬県みなかみ町で昨年2月、新日本ヘリコプター(東京)所属のヘリコプターが送電線に接触して墜落、乗員2人が重傷を負った事故で、運輸安全委員会は29日、乗員2人のコミュニケーションが不十分で障害物の発見が遅れたことが原因、とする調査結果を明らかにした。

 事故は昨年2月10日午前9時53分ごろ発生。送電線の巡視作業中、地上から約45メートルのところにある送電線の上を横切ろうとして接触、墜落した。

 報告書によると、事故機が横切ろうとした送電線は、冬山の背景に溶け込んで見つけにくい状態だったが、機長は巡視員に場所を尋ねなかった。巡視員も、近く伐採予定だった下の樹木をずっと見ながらメモを取っていたため、障害物が近づいても機長に注意できなかったという。運航会社は障害物に接近するときには声を出しあった互いに確認することをマニュアルで指示していた。

 また、事故機は山の斜面に沿って下るように飛行していたが、こうしたケースでは、実際には水平で飛行していても上昇しているように錯覚しやすく、十分に高度を上げられなかった可能性もあると指摘している。

 運輸安全委は「障害物近くを低高度・低速度で飛行する送電線巡視は難易度も高い。積極的に意思疎通し協力する必要があった」としている。

【関連記事】
大阪湾上? 救急出動ヘリの部品脱落
岐阜知事、ヘリ墜落当夜に酒宴 「対応問題ない」
海底で収容の1曹、死亡確認 長崎・海自ヘリ墜落
「テレビと冷蔵庫ひっくり返った」 フェリーからヘリで救出
青森の取材ヘリ墜落事故 死亡の機長を書類送検 3人不明のまま

妻を刺殺された夫、有力情報に懸賞金300万(読売新聞)
「争点について…失礼しました」被害者多く順番を間違える検察官(産経新聞)
鳩山内閣支持率 ネット世論は保守志向(産経新聞)
<伊方原発>耐震安全性、国の安全委も認める(毎日新聞)
非核三原則、今後も徹底=鳩山首相が表明-参院予算委(時事通信)
AD