1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年05月31日

こんとんじょのいこ

テーマ:お話し
お前ら騙されたと思って「こんとんじょのいこ」って言ってみろ。
えなりかずきが「簡単じゃないか」って言ってるように聞える。


あまりにも素晴らしかったのでパクりました。
世の中パクりパクられですからね。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年05月30日

フェティシズム

テーマ:お話し
しばらく空けると文章の書き方を忘れます。
一体僕は何が書きたくて、何を書こうとしてるのか。

マッコリ飲んでモッコリ。

語呂がいいから意味のわからんとこを書きましたが、
今日はダラダラ書いてこう。
そう決めました。

「いい足してるね~!!」

これは決して僕が発したセクハラ用語の一つではなく、
こないだ女の子から言われた一言です。

世の中には多種多様の好みというのが存在していて、
それはフェティシズムと呼ばれています。

僕が女の子の体で好きな部分を五十音順で挙げていくなら、
1、脚
2、うなじ
3、腰から尻にかけてのライン
4、ちち
なんかが挙げられます。
ちなみに順位なんて付けれません。

女の子は気を付けて下さい。
これらのパーツの一部が露出してるだけで、男は自らを慰められます。
自らを慰める、それ即ち自慰。

これは僕のフェチの一部ですが、僕に冒頭の台詞を言った女の子は
脚フェチではなく、すね毛フェチでした。
初めて聞きました。

「いい足してるね~!!」
     ↓
「すね毛がいいよ~!!」
     ↓
「その直毛具合がたまらない!!!」
     ↓
「持って帰りたい!!!!」

という国語では決して教えてくれない四段活用を発してました。
じゃあ持って帰って僕の下半身をもてあそんでくれよ、
なんて思いましたが、何事もなくそのまま帰りました。

その子がすね毛に興奮したのと同じく、僕も最近興奮した事があります。

笑顔が下手な女の子です。

正確に言うと若干ニュアンスが違うのですが、
目付きが鋭い女の子ってどうも笑顔がぎここちなくないですか。
僕はそれが好きです。

何ていうか、いじらしい。
そして、何か得意の錯覚をしてしまいます。

何か普段あんまり笑わなそうなのに、
それなのに僕に微笑んでくれるってことは
もしかして僕のことを…。

そんな可哀想な錯覚。

人生、こんなに女の子に相手にされてないと本当に病的になってきます。
人生のモテ期が本当にあるなら早くやってきて欲しいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月26日

ありがとう

テーマ:お話し
「ありがとう。」

僕はこういった類の言葉が苦手だ。
だから敢えて言いたい。

「ありがとう。」


今週末、祖父の三回忌のため僕は関西に帰る。
つまり2年前に僕の祖父は亡くなった。

その時、僕は諸事情で祖父の死に目に会えなかった。
関西に帰れなかった。

祖父の死の連絡があったときは泣きそうになった。
その場にいれない自分が嫌になった。
でも泣けない自分はもっと嫌になった。

僕は感情を露にするのが苦手だ。


祖父が亡くなる20日ほど前。
僕はちょうど関西に遠征があったので、
その時に祖父のお見舞いに行った。

もともと痩せてたのに、本当に骨と皮だけになってる祖父を見て、
確実に死が迫ってるのを実感した。
意識は何とかある。
でも、声を出す力は無くて、何を喋ってるかわからなかった。

「手を握ってあげて。」

親戚のおばちゃんが言う。

祖父の手は冷たかった。

隣でおばちゃんは泣いてた。

違うおばちゃんもつられて泣いた。

僕も泣きそうになった。

祖父の目にもうっすら涙が浮かんでた。

みんなが悲しみに暮れる中、ただ一人嬉しそうにしてた。


僕は俗にいう、おじいちゃんっ子で休日はよく祖父と過ごした。
孫って本当にかわいいんだろう。
特に初孫の僕は可愛がられていて、いつも妹は文句を言ってた。

いまはそんな文句も聞けない。


僕は言葉には力があると思ってる。
それは昔の日本人もそう思ってたのか、
言霊と呼ばれた。

言葉というのは、自身が思う以上に力を持ち、
その響き以上に人を気持ち良くさせる言葉がある。

ありがとう。

逆に、言葉にしたら安っぽく感じる言葉があると思う。

自分の想いがこんなちっぽけな単語で表せるものか。

だからどんなに仲が良くても親友なんて言わない。
どんなに好きでも滅多に好きって言わない。

言葉にした瞬間、安っぽく感じるから。

そして、サヨナラ。

サヨナラなんて僕は言わない。
それは認めたくないとかそんなんじゃなくて、
サヨナラって言ったら、言葉にしたら、
全部の思い出からサヨナラする気がするから。

だから僕は言います。

「ありがとう。」

と。

そして今週末。
「ありがとう。」
と言いに僕は関西に帰ります。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年05月24日

ホットなウォーター

テーマ:お話し
一昨日かな。
朝、眠気眼でベットに寝てると鼻の奥に違和感を感じました。
で、グリグリと左の鼻の穴をほじったわけ。

したら、もう凄くデカい鼻くそが取れて、
これを写真に撮ってみんなに見せたい衝動に駆られました。

別にその鼻くそをみんな見せるつもりはないんですが、
何ていうか、スッキリするって非常に良いですね。

スッキリするって最高です。

こんな汚い鼻くその話しをした後に言うのもなんですが、
僕は実は結構キレイ好きです。

部屋なんかも、実際は掃除機とかはあんまかけないから汚いんですが、
見た目上は結構整頓されててキレイなんです。

で、そんな見せ掛けの清潔感を大切にしてるので、
ちゃんと毎日体だって洗います。

ところが、およそ1週間前。
シャワーを浴びようと思ってもお湯が出ない。
何でだ?と思い、ちょうどガス会社から来てた手紙を読むと、

 前略、かねてから「ガス料金等」のお支払いについて、文章、
電話連絡、また直接の訪問を繰り返してきました。
 にも拘らずお支払いはもとより、何ら責任のあるご回答に接して
おりませんので 本日もをって誠に不本意ではありますが「ガスの
供給」を停止させていただきました。
 まお、ガス料金等が入金されるまでは、このまま停止させていた
だきますのでご了承ください。
 また、再度ご使用されたい場合は、ご請求額が全額入金され、
さらに保証金15000円領収後にさせていただきます。

とありました。

どうやらガスが止められた模様です。

確かに、ガス代を払った記憶はない。
ならガスが止められるのは仕方ない。

でもこの一文が気になります。

『再度ご使用されたい場合は、ご請求額が全額入金され、さらに
保証金15000円領収後にさせていただきます。』

え、何これ?
15000円って払ってなかったガス代より高いよ。

しかも最初も気になる一文。
 『前略、かねてから「ガス料金等」のお支払いについて、文章、
電話連絡、また直接の訪問を繰り返してきました。』

え、一回もそんなのなかったよ。

確かにね、ガス代を払ってなかった僕が圧倒的に悪い。
それは認めざるを得ないでしょう。

でも、保証金15000円は納得できない。
だって、文中にもあるような警告が1度もなかったんですよ。
これを無視してたら本当に悪質やと思うけど、
そんな警告無しにいきなり15000円も払えるわけがない。

何て思いながらも、とりあえず体が洗いたい。
なので、落ち着くためにも銭湯に行ってきました。

久しぶりに大浴場か。
興奮するなぁ。
泡風呂もあるもんなぁ。
なんて思いながら、小粋なステップで銭湯へ。

本日定休日。

…。

よほど僕に体を洗わせたくないみたいですよ、世の中は。
意気揚々とお風呂セットを持って行ったのに。

まぁ、その後、学校のシャワーを使い何とか体を洗いましたが。

こんなにお湯を愛おしく思ったこともなければ、
お湯最高!!とこの日以上に叫んだ事もありません。

で、ガスが止まった次の日。
ガス代は絶対に払う義務があると思ったので、
とりあえず未払いのガス代は全て払ってきました。

しかし保証金は納得できないので、週末が明けた月曜にでも
ガス会社に電話して文句の一つでも言ってやろうと。

1回も電話も訪問も無いのによく抜け抜けとあんな文を送って
くるなんて何考えてんねん!
そんなんで保証金とか払えるわけないやろ、ボケ!!

と、半ばクレーマー的なことを言ってやろうと思ってたんです。

で、月曜日。
普通にお湯が出るの。

え、何これ?
そんなん素直な人は普通、あんな手紙が来たら保証金振り込むでしょ。
でも振り込まなくてもガス供給再開してるわけ。

何て杜撰(ずさん)な管理なんでしょう。

でも僕は思いました。

1番杜撰だったのは僕だ!
これからは、ちゃんとガス代は払おう…。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月21日

同棲物語

テーマ:思い出
1度でいいからしてみたい。
そう、僕は同棲がしてみたいんです。

「ただいま。」

「おかえり。」

という会話ができるばかりか、

「ちょっと、何するのよ。」

「いいじゃねーか、ちょっとくらい。」

なんて会話もできるんです。

それは新婚生活にも似た妄想なんですが、結婚という社会的な
縛りがない分、気楽そうな同棲に憧れているのかもしれません。

そんなことを思ってたんですが、
よく考えたら1度同棲したことがあるのに気付きました。

期間にしておよそ3ヶ月。
短いと思うかもしれませんが、僕にすれば充実した期間でした。

一緒に電気屋に行って、冷蔵庫や洗濯機を見て、
「こっちの方がいいんじゃない?」
「でもちょっと大きすぎるかも。部屋小さいし。」
なんてとの会話も良い思い出です。

彼?

そうです、同姓相手は男です。
女の子と同棲なんて非モテの僕ができるわけないじゃないですか。

ある日の夜、急に僕の家に来てこう言うんです。
「兄貴とケンカした。
 お前んちに住ませてくれ。」

彼は兄貴と一緒に住んでたんですが、
その家には兄貴の彼女も一緒に住んでたんです。

血の絆よりも愛の絆。

彼は兄貴に日頃からネチネチ言われ続け、
「お前さぁ、せっかく住ませてやってるんだからさぁ、
 オレと○○(彼女の名前)の事もう少し考えて生きろよな。」
という一言が決め手になり、家を飛び出したのでした。

それからは1ルームという狭い部屋に男と男が住むのですが、
意外に苦にならない。
夜中、明かりを消してからも
「○○さんって可愛いよなぁ…。」
なんて修学旅行的ノリが毎日。

それが3ヶ月続いても鬱陶しくなかったのだから友情って不思議。

家賃も3日に1度買うペットボトルのお茶代のみ。
月額3000円と言うリーズナブルさ。

でも彼もいつまでも住んでちゃ悪いと思ったんでしょうね。
親を説得して、彼も一人暮らしの権利を得たんです。

それで2人で電気屋に言って家電探し。
最後までカップルみたいに行動して終わりました。
いや、これは友情なんですよ。

最後まで困った友人の面倒を見るという仁義。

それから3ヵ月後。
彼に彼女ができたのに、僕に報告されたのはそれから更に3ヵ月後。

「何で教えてくれへんの?」
「言いふらしそうだから。」

アレ?
あの時、確かに感じた友情は…?
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年05月20日

悪影響と呼ばれて…

テーマ:思い出
1年くらい前、友達の彼女が僕のことを呼ぶのに、
「悪影響!!」
と、さも僕を世の中のマイナス要素の如く呼んでました。

僕はただ、挨拶のように下ネタを口から発してただけなのに…。

そんな悪影響呼ばわりされることに自覚などない僕ですが、
思い出してみれば、確かに悪影響を与えた記憶がありました。

小学校6年生。
今とは違い、薄汚れた下ネタを好んだ不遇の時代です。

事あるごとに、
「ウンコ!」、「チンコ!!」を連呼し、
友達が隙を見せればカンチョウ。
暇を見つければウンコの絵を書く。
そんな優雅な貴族的な暮らしを好んでいた時代です。

僕の小学校では、クラス替えが小3、小5に行われ、
だいたいが2年間は同じ友達と過ごすわけです。

小学校6年も同じく、5年に引き続き同じ友達と遊んでたんですが、
僕は小6の秋くらいから急にある人と仲良くなりました。

クラス1の秀才長谷川君です。

長谷川君はお母さんが教育ママと呼ばれる人種で、お兄ちゃんが
受験に失敗した反動からか、更に長谷川君に寄せる期待は大きく
長谷川君自身も近所でも有名な進学塾に通ってました。

その期待通りに育っていく長谷川君。
非常に知的で秀才と言う言葉がぴったり。

そんな彼と僕が仲良くなったきっかけは、
「つるかめ算教えてよ。」
とか知的な会話ではなく、
たまたま同じ班になったからというものでした。

秀才のイメージが最初は強かったのですが、
まるでS女が、M男の心の琴線を少し触れるだけで
ドップリM男に開眼されるかのように
僕と話していると、長谷川君の秀才の面影が無くなっていきました。

そんな感じでみるみる下品になってく長谷川君。
それと共に成績もみるみる下降。

僕は毎日「ウンコ!」とか言ってるだけで良い人種なので、
勉強なんてどうでも良かったのですが、
長谷川君は「ウンコ!」と言いつつ勉強もしなくてはいけないんですよ。
その過酷さと言えば何たるものか形容し難いものがあります。

そりゃ、成績も落ちてきます。

で、受験本番。

成績がウナギ下がりの長谷川君は、僕と仲良くなる前は合格圏内だった
西の名門T大寺学園の中等部を受験。

そして見事に不合格。

長谷川君も残念だったな、なんて思いながら、完成が卒業式に
間に合わず遅れていた卒業文集を学校に貰いに行きました。

パラパラとめくり、長谷川君のページに。
そこにはウンコの絵が…!?

そりゃ落ちるよ、長谷川君…。




追伸、
その後、長谷川君は実は補欠合格である事が発覚し、
見事にT大寺学園に進学できたそうです。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年05月19日

2ちゃん

テーマ:お話し
びわこ銀行

滋賀県を舐めるのはいい加減にしてもらいたい。
滋賀県民はカッパですか?
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年05月17日

こまります。

テーマ:お話し
僕のバイト先のソウルメイトA君。
彼はなかなかやっかいな存在です。

ついこないだの話しです。

「やべー、すげーいいとこ見付けっちゃったよ!」

なんて満面の笑みで声をかけてくるんです。
あ、もちろん店ってのはピンサロのことです。
本当に彼は好きモンなんですよ。

で、満面の笑みで僕に良からぬ情報を与えてきます。

A君語録。

・店の名前はラストバカンスって言うんだ。
・『ラストバカンス』と『大和』で検索ひっかかるから調べてみ。
・ギャル系、ロリ系がいて超レベルが高いんだ。
・もう2回も行っちゃった。
・ラストって名前だけど全然ラストになんねぇよ。やみつき。
・だから、とにかく行ってみ。

A君…。
心なしか僕たち、みんなに奇特な目で見られてる気がするんですよ…。

何かね、彼のおかげで僕は確実に風俗好きキャラになる気がします。
しかも、堂々と言ってくれれば良いんだけど、
影で言われてる気がしてならない。

何で、そう思うかと言うと、最近女の子が入ってきたんですが、
その女の子は前もここで働いてた出戻り系の女の子。
だから、既に仲が良い人が多いから情報も回るのが早い。

で、僕と初対面のとき。

「あ~、君が噂の柳○君?」

「え、何て噂なんですか?」

もう、ニヒルな笑みで、
「かっこいいって聞いてるよ~。」
とか言うわけ。
目が笑ってるし、すごいウソっぽい。

絶対ウソついてるの。
本当は、
「あいつ、すげー風俗好きなんだよ。」
とか絶対言ってるの。

本当、もう勘弁してください…。

でも、ラストバカンスは調べました。
うん、確かに女の子はかわいかった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月16日

大人のホットケーキ

テーマ:思い出
高校のときの飲み会って本当に奔放。

いつもと同じメンバーでいつもの場所で飲むんですけど、
何ていうのか、限度を知らないわけ。
若いって恐ろしいもので、ゲロを吐くのを前提に飲む。
だから、ゲロ専用の洗面器が飲み開始時から置いてあったり。

それで、嘔吐感を催してもその洗面器に間に合わず、
人の頭にゲロを吐いたり、
そのゲロをぶっ掛けられた人も、
「ゲロかけられちゃったよ~。」
なんて頭から汚物を滴り落としながら笑顔で言うの。

本当に奔放。

そんな飲み会だったんですが、
僕が友達と飲んでたときの締めの一品ってのがありました。

ホットケーキ。

で、僕がいつものように友達んちの台所を漁りながら
今日も締めのホットケーキを作ろうとしたら、
テーブルの上にウィスキーが置いてあるの。

牛乳の変わりにこれ入れたら美味いかなぁ。

で、それで作ってみました。
大人のホットケーキを。

やっぱりちょっと背伸びをしたい年頃じゃないですか。
高校生って。

まだまだ子供なんだけど、どこか大人になりたい。
そんな感じ。

そんな僕たちを象徴するのがこの大人のホットケーキ。
ホットケーキの子供っぽさと、ウィスキーの大人っぽさ。
相反する要素を持つ、難しい存在。

まさに高校生の僕たちにピッタリの一品。

作ってみると意外に良い見た目。
うまそう。

もちろん食べさせました。
熟女好きの中野君に。

「ホットケーキ?
 ありがとう。腹減ってたねん。」

…。

「ぶばーぁっ!!!!」

見事なリバースっぷり。
床には大人になりきれなかったホットケーキの残骸。

ちょっと僕たちには早過ぎた一品でした。

当時よりも大人になった今なら美味しく頂けるのかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月14日

多摩川チェリーズ活動日誌7 ~名もなき詩編~

テーマ:多摩川チェリーズ
ライブが決まるかもしれない。
前回そう言いましたが、ほぼ決定のようです。


ライブ決定!!


しかし初心者なので、ライブに向けて何をしたらいいかわからない。

「え、何?
 スタジオとか行ったりするの?
 行って何するの?
 僕何もできないよ。
 てか、楽曲は?」

?だらけ。

そんなわけで、ライブに向けて童貞君と会ってきました。
もちろん楽曲についての話し合いです。

場所は多摩川河川敷。

僕たち多摩川チェリーズにとっては多摩川は聖地みたいなもんです。
ということで初めて多摩川に行ってきました。

サンクチュアリに1歩踏み込む。
どうってことはない。
ただの河川敷。
でも何だか嬉しくなりましたね。

そして、川のほとりで彼の奏でるギターと歌を聞く。

「よし、それでいこう!!」

即決です。
これがなかなか良い歌なんですよ。

混沌としてた僕たちの未来が拓けてきた感じ。

ライブでは多分、3曲やる予定。

今日聞いた歌が2曲。
名前はまだない。

見る人が見たら、本当に、本当に大した事は決まってないかもしれない。
勿論ここで満足する気もない。

でも、でも、
本当に前に進んでる実感がした。

まだまだ、バンドとしては何も形になってない。
でも確かに1歩踏み出した感触があった。

詳細はわかり次第書いていこうと思ってるのですが、
ライブに関して、現段階でわかってる事は、

・会場は国分寺ONE(駅から徒歩0分らしい)
・日程は8月中(詳細未定)
・1バンド、チケット25枚のノルマ

チケットのノルマ25枚!?

これが1番困ります。
だって、僕、友達にバンドやってるなんて言ってないし、
ブログを見てる知り合いにチケット売るのも気が引けるし…。
いやぁ、困った。

まぁ、アレですね。
また詳細が決まれば後日正式に告知はしますが、これを見てライブに
行きたいと思った奇特な人間はこちらに連絡下さい。

特価(1500円)にて販売します。

ちなみに微塵も売れるなんて思ってません。
だから具体的なやりとりの方法も記載してないんですよ。
でも、童貞佐野が脅すんですよ。
お前のブログでチケットさばけって…。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

メロメロパーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。