エルムS

本命はコスモカナディアン

実績的には川崎記念でミツバやケイティブレイブに先着しての3着。平安Sを圧勝したグレイトパールと仁川Sで僅差2着と十分なものがある。平坦小回りなのも良いと思う。

 

昨年上位に来たリッカルド、モンドクラッセ、クリノスターオーは当然おさえ。

人気上位は信頼してないけど一応。

 

 

関屋記念

本命はヤングマンパワー

昨年もこの馬本命で的中のこのレース

この馬は切れ味勝負は分が悪いので、新潟の平坦軽い芝はピッタリ。

関屋記念は毎年先行した馬が残るレースなので先行できることが条件。

前走中京記念大敗も去年と全く同じで前に行けず後方で伸びずに失速したので良い感じ。

 

血統的にはダンジグ系やキングマンボ系、ディープのキレ味がねらい目。

相手にはダンジグ持ちのロードクエスト、ウインガニオン、キンカメ産駒で昨年2着のダノンリバティあたりが走りそう。中京記念を適度に負けたブラックムーン、広いコースが合うマイネルハニーも。

 

AD