「ペネロピ」

テーマ:
ペネロピ


裕福な家庭に生まれながら、先祖の悪行のために呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれたペネロピ(クリスティーナ・リッチ)。

呪いを解くためには、彼女と同じように家柄の良い男性に愛されなくてはならないので、母親が中心となり、お見合いを繰り返しますが、どの男性も彼女を見た途端に逃げ出してばかり。

諦めかけていた頃、名家出身のマックス(ジェームズ・マカヴォイ)が現れ、ペネロピは彼に惹かれていきます。


一見、とっても古典的なおとぎ話風でした。

豚の鼻でも、ジェームズ・マカヴォイみたいな超イケメンが白馬に乗って颯爽と(実際はノソッとだらしなく)現れるんだもん、究極のファンタジーじゃないですか。


って、この豚の鼻が、クリスティーナ・リッチのくりっとした目と薄めの口元には、なぜか似合います。

良く見ると愛嬌があって、充分に可愛い。

プロデュースもしているリース・ウィザースプーンがペネロピ役をやる話もあったらしいけど、これは絶対にりクリスティーナ・リッチでしょう!

お見合い相手の男性達は、皆、窓を突き破って大げさに退散してたけど、私が男だったら全然OKかも。


もちろん、王子様もそうだったと思うんだけど、呪いを解くのが彼のキスではないところが、ひとひねりがあって好きです。

そう、幸せは誰かが運んできてくれるのではなく、自分の手で掴むものなんですね。

1000回分の失恋をした気分を味わっても決してメソメソしない、強くて賢い現代のヒロインは、外見も内面もすごく魅力的でした。


ママやパパに王子様、スキャンダル狙いの新聞記者など、周りの人たちも、アクが強いんだけどなんだか憎めない。

ジェームズ・マカヴォイは「ラスト・キング・オブ・スコットランド」でも中途半端なダメ男でしたが、こういう役にはまるタイプなのかな?

次回作の「つぐない」も楽しみです。


赤を基調とした温かみのあるインテリアや、カラフルな色使いの衣装がキュートでなので、影響されて模様替えをしたくなってきました。

「アメリ」のセンスが好きな人は気に入るんじゃないでしょうか。

私も部屋にブランコ欲しいっ。

AD