onagawa factory(小さな復興プロジェクト)

宮城県牡鹿郡女川町において、モノづくりを通して震災復興を目指した「小さな復興プロジェクト」は今、
新たな女川町の魅力を創りだす企業「onagawa factory」としてさらに素敵な街づくりに貢献していきます!


テーマ:

みなさまこんにちは! 代表の湯浅です!


最近本当にブログの更新が少なくなってますが・・・・


『震災から3年近く経って、ようやく落ち着いてきた』


のではなく、震災から3年も経ったのに町の復興は進まず、風化が加速して支援グッズとしての販売が厳しくなり、各方面に支援のお願いに奔走しているから・・・です。。。


被災地の商業者が置かれている状況は日に日に悪化し、新しい町が作られた時までに商売を続けられるのは、ほんの一握りになることでしょう。  非常に残念ですが、これが現状の現実です。



情報がメディアから消えるのは、我々の生活が普通になってきてるからではありません。


メディアが取り上げることに、世の中の興味が注がれているだけの話です。




昨年の台風26号で当プロジェクトは、震災による地盤沈下の影響で床上浸水の被害に合い、相当な被害を被りましたがメディアには全く取り上げられませんでした。。。



同じく台風26号では、伊豆大島が甚大なる被害を受けましたが、現在の東京都は、都知事選ばかりが取り上げられています。 さらに言えば、その知事選に出馬する方々も、一部の人しかメディアに出てきませんね。。。  これも非常に残念なことです。



忘れられる事は、時間がたってしまえばしょうがない事かもしれません。



だけど事実を伝えていくことも必要で、こんなブログのような小さな情報発信がこれからは重要な立場になってくるのかもしれませんね。




そんな中わたくし湯浅は先日、女川での事例をお話しさせていただくため、伊豆大島に行ってまいりました。



現地で見た様はメディアで見たものよりも甚大な被害で、一瞬にして東日本大震災直後の精神状態に陥りました。 ハッキリ言えば、恐怖を感じたということです。








特に、車の損壊状態を見ると、東日本大震災のそれをはるかに超えており、激しいエネルギーで押し流された事が想像できます。


また、この様な土石流のことを現地の皆さんは『山津波』と表現しておりましたが、ネットで調べてみるとすぐに出てくるこんな言葉が存在することすら、今回初めて知りました。




やはり、自然災害の風化は何とか食い止めなければなりません。



これはもちろん、まだまだ我々が独り歩きできる状況にない事を知ってもらうためでもありますが、世の中のすべての人が、いついかなる時に自然災害に合う可能性があることを忘れないことにも繋がります。



だから私たち『小さな復興プロジェクト』は、伊豆大島と連携して、風化を防ぐ活動にも力を入れていこうと思います!



その最初のアクションとして、コラボアイテムを製作いたしましたアップ



ロゴのデザインは伊豆大島の方々がデザインしたもので、製作は女川のみんな。革の裏にはうちのロゴも入るダブルネームとなります!!


仕上げには贅沢に、伊豆大島の椿油を使用!! 木との相性が非常によく、すべすべ感が既存製品以上に優れております!


本当はボディに直接彫刻する予定だったのですが、前日お伝えした通りレーザー彫刻機が壊れてしまったが為に製作できず、革への彫刻となってしまいましたが、自然災害を忘れないためにも、是非ともGETして頂きたいアイテムでございます!!



購入方法は現在、伊豆大島でしか買えませんが、近いうちに通販も開始できるよう手配しておりますので、わかり次第こちらでもご案内させていただきます!


詳細はこちらをご覧ください↓↓↓

https://www.facebook.com/kichi.oshima


http://kichi.to-on.info/


お問い合わせは→ mail@to-on.info


恐らく次回は・・・椿の木を使ったfishも出来上がると思います!  試作品を作ってみましたが・・・このすべすべ感は群を抜いてましたので、そちらのリリースも楽しみにしていただけると嬉しいです!




震災の風化により、プロジェクトの存続はこれからさらに厳しい状況になると予想されますが、新たな産業として確立できるよう頑張ってまいりますので、今後とも引き続き応援して頂けますよう、心よりお願い申し上げます!




onagawa fish house AURA ショップページ


◆商品のラインナップと購入方法はコチラをクリック◆
 

◆販売協力店はコチラをクリック◆


小さな復興プロジェクトオフィシャルfacebookページ 【onagawa fish house アウラ】

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


みなさま~こんにちは!! 作山でございます。


今日の女川は風が強くてたまに雪が舞ってきてますぅ

とにかく、寒い寒い寒~~~~~~い雪



本日は、改めて【onagawa fish】の完成までの工程をご紹介いたしますベル

【onagawa fish】は、メイプル・ウォルナット・オーク・サクラの4種類の木種がございます。


四角形の材木から、ベルトサンダーを使って荒削り(成形作業)2種類のペーパーを使い分けて魚の形を作ります。                                                                                                                      

小さな復興プロジェクト     
     小さな復興プロジェクト

次は、三段階のペーパーを使い、表面をツルツルにします

わざと水ぶきして毛羽立たせてさらにペーパーで磨きツルツルにします



小さな復興プロジェクト このヤスリがけが一番時間がかかります。 

    小さな復興プロジェクト


次は、目部分の面取りをして仕上げの作業!!



小さな復興プロジェクト 革部分のストラップ部分のヘリを落とし(面取り)

焼印・穴あけをひとつひとつ丁寧に仕上げます

小さな復興プロジェクト




小さな復興プロジェクトヤスリがけが終わったらリングを通して

天然オイルを塗って、穴あけした革を通して

完成になります。





このような流れで【onagawa fish】は作られていきます。

ひとつひとつスタッフの思いがぎゅっとつまったお魚達

一人でも多くの方の手に渡ってこの【onagawa fish】の

温もりを感じてほしいなと思います。


これからもスタッフ一同作り続けて参りますので

末永くよろしくお願いいたします。




facebookページはこちら→【onagawa fish house アウラ


【onagawa fishの購入方法・送料等の詳細はコチラをクリック】 


【レザーブレスの購入方法・送料等の詳細はコチラをクリック】


【レザーネックレスの購入方法・送料等の詳細はコチラをクリック】





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさまこんにちは!湯浅でございます!


今僕は、明日27日と明後日28日に東京国際フォーラムにて開催される、【にっぽん元気マーケット】にてonagawa fishをより多くの方に紹介するため、東京に向かっております。

$小さな復興プロジェクト




ここ数ヶ月、想像していたよりもはるかに早いスピードで、“復興”とか、“支援”といった言葉が聞かれなくなってきました。

しかしながらこのことを想定して『小さな復興プロジェクト』は、早い段階で次なるステップを考えており、水面下にて行動してまいりました。


被災地は本当にいつになったら元の町に戻れるのか、皆目検討がつきません。

イコール、仕事もありません。

このままでは、町に人が住める環境が整うまでに、町を離れる人が増える事でしょう。


しかしそこを見据えて、このプロジェクトは“産業の確立”も一つの柱としてきました。



簡単に言えば・・・法人設立です。


そのためには、買いたい商品、欲しい商品を作って行かなければいけません。

商品のラインナップも今後増え続け、また、『こんなものを作って欲しい』と言った声に対応できる体制作りをしていきます。


まずは今回のイベントにて、onagawa fishのクオリティをより多くの方やバイヤーさんに知ってもらい、女川が産み出すプロダクトに興味を持って頂けるよう努力し、震災から産まれた新産業を確立させて、しっかりと税金を納められる企業にして行きたいと思います。


しっかりとした会社を作れるよう、まだまだやることは盛り沢山!


皆様どうか、今後ともonagawa fishチームをよろしくお願いいたしますm(__)m



明日と明後日、お近くの方は是非東京国際フォーラムに来てくださいね♫
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさんおはようございます! 湯浅です!



【とうほく復興カレンダー】という、被災地の状況を伝えるネット上の番組があります。



そこで今回!我々も取材して頂きました~akn



ブログ上でしか情報がなかったみなさん、是非御覧になってくださいピース





以下、原文のコピペです! 





             【とうほく復興カレンダー/Re_tohku】

小さな復興プロジェクト


震災で家や仕事を無くしたてしまった女川町の人々が、
復興を信じ心を込めて作る木のお魚「オナガワフィッシュ
」の物語です。

映像はこちら→http://www.re-tohoku.jp/
movie/9256






【onagawa fishの購入方法・送料等の詳細はコチラをクリック】 


【レザーブレスの購入方法・送料等の詳細はコチラをクリック】


【購入可能場所の詳細はコチラをクリック】


※購入にあたっての注意事項(必ずお読みください)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさまおはようございます!




先ほど、山梨で大きな地震があったようです・・・。被害状況がまだ入って来てないですが、地域の皆さん、ご無事でしょうか。。。



自然災害ってのはホント、いつ何時起きるのか誰にも分かりません。



だからこそ、日ごろから“自然災害”へ意識を持つ事が大切なんだと思います。




東日本大震災からもうすぐで11ヶ月経ちます。



私が住んでる町は津波被害はありませんでしたが、震災後は・・・



・給水車に数時間ならんで『今日は終わりです』と言われ帰って来る。


・食べ物がない。配給もない。


・ろうそくや懐中電灯が手に入らない。


・被災地域外に買出しに行きたくとも、ガソリンがない。早朝からスタンドに並んで10時間近く並んでガソリンが買えない。


・情報がない。




など、数えたらきりがない程に大変な思いだらけでした。お風呂にも随分長い事入れなかったし、トイレを流す水もない。ようやく来た配給の取り合いで喧嘩が起こり、テレビでは噂のように聞こえてた“略奪”は実際に起こっていた様子。 


あの次期、ヘビーローテーションされてたCMソング。今次期になってバラエティ番組で流しているのを見ましたが、聞いた瞬間に地獄の日々を思い出させられます。




本当に辛くて大変で、家族だってちょっとしたことで言い争いになってました。



思い出したくもない。






【onagawa fish】は単に“支援”のために買ってもらう商品ではありません。



比較的使う頻度の高いキーホルダーとして持ち歩き、いついかなるときでも“自然災害”を意識して欲しいと言う思いも込められてます。



地震の記憶が薄れたときも【onagawa fish】を見るたびに・・・『気をつけなきゃ!』って思ってもらえるように・・・。






【onagawa fishの購入方法・送料等の詳細はコチラをクリック】 


【レザーブレスの購入方法・送料等の詳細はコチラをクリック】


※購入にあたっての注意事項(必ずお読みください)


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。