onagawa factory(小さな復興プロジェクト)

宮城県牡鹿郡女川町において、モノづくりを通して震災復興を目指した「小さな復興プロジェクト」は今、
新たな女川町の魅力を創りだす企業「onagawa factory」としてさらに素敵な街づくりに貢献していきます!

 【小さな復興プロジェクト】とは?


宮城県女川町において、東日本大震災の被害に合われた方々へ、ものづくりを通した経済的自立支援として、ものづくりをする事による収入の確保だけではなく、家や仕事を失った日常の時間の有効活用や被災による心的ストレスの軽減を促し、同時に、非被災者にとって、義援金とは違ったダイレクトな支援と支援の“証”が手元に残る事による“自然災害への啓蒙”を促す・・・といった目的でH23年4月16日に発足しました。



 【onagawa factory】とは?


小さな復興プロジェクトの活動にご賛同いただいた支援者の方々に支えられ、H24年11月21日に株式会社onagawa factoryとして法人化。製作環境や福利厚生を整えることにより、スタッフがより安心して働ける場をつくりだしました

今までは木工キーホルダーの制作を主な活動として参りましたが、現在はジャンルを問わず、新たな女川町の魅力を創りだす企業を目指し、日々活動しております。

株式会社onagawa factory

【onagawa fish house アウラ】(内)          

e-mail :  small-rebuild@live.jp       
所在地    :牡鹿郡女川町浦宿浜字浦宿81-75

TEL・FAX   :0225-24-8612

定休日    :水曜日・日曜祝日


facebookページはこちら→【onagawa fish house アウラ


ご購入はこちらから↓↓↓

onagawa fish house AURA ショップページ はコチラ】





テーマ:

昨今の原材料等の上昇により、今まで【5,000円以上お買い上げの方】に対しておこなっていた送料無料の金額を【10,000円以上お買い上げの方】に変更させていただくことになりました。

また、ヤマト便の送料を【全国一律500円】だったものを、【全国一律700円】に変更させていただく運びとなりました。

大変心苦しい限りではございますが、ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。



なお現在、仙台市青葉区中央にあります[ガスサロン(仙台市青葉区中央2丁目10-24)]一階、“まちくる仙台”内において、4月22日までの間、随時販売をしておりますので、お近くの方はぜひお立ち寄りください。






その他商品のご購入はこちらから→onagawa fish house AURA ショップページ



小さな復興プロジェクトオフィシャルfacebookページ→ 【onagawa fish house アウラ】

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさまこんにちは! 代表の湯浅でございます!


ブログのアップ数が減ってしまっておりますが、facebookはちょくちょくUPしておりますので、良かったらfacebookページもご覧になってくださいね!→facebookページはこちら→【onagawa fish house アウラ


さて・・facebookではご案内していましたが、先日26日に開催された“復幸祭”でテスト販売をいたしました、お箸と箸置きのセットですが・・・


想像よりも反響があり、すぐに売り切れてしまいましたキャー


(ネットの方ではあまり人気がないのですが、実はイベント販売時によく売れているのが箸置きなんです。おそらく、ネットで見るだけではイメージがつかないんでしょう・・・。もう少し、使用感があるwebページを作れるようがんばります苦笑


問い合わせも多く、海外からの問い合わせ、お買い上げいただくほどですアップ

なので、ネットでもお買い上げいただけるよう、商品ラインナップを追加いたしました音譜


お買い上げはこちらからどうぞ!→【ロゴ入り箸】+【onagawa fish箸置き(石巻産 山紅葉)】セット



今のところ箸置きの木種は石巻産の山紅葉のみとなりますが、シンプルな木目なので食卓をひっそりと彩ってくれると思いますあげ

皆様の食卓に・・・おひとついかがでしょうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
震災から5年が経ちました。

5年が経った今日、僕はここに何を書けばいいのか・・・ずっと考えてました。

それは、5年という時間が長くもあり、短くもあり。そして、沢山の事が変化し、その変化は"良くもあり、悪くもあり”といったところ・・・だったからでしょうか。


そんな事を考えつつ、ふと、逆に5年前から変わってないものは何かなぁ・・と考えてみると、普遍的に変わってない事が一つありました。


それは、


「もっと良くするためにはどうしたらよいか?」


という、自分の"思考"でした。


良くしたいものは、仕事の内容・効率・結果や住んでいる街、人との関係、経済的な事や家族の健康。  

一言でまとめると、『世の中全て』とも言えます。



震災当日、僕はとあるイベントの立ち上げ日でした。

イベントが始まるまでの数日間もその当日も、イベントが「どうしたら良いイベントになるか?」「関係してくださった業者様全てが良い結果になるにはどうしたら良いか?」ばかり考えてました。

だけどふと思うと、今日も昨日も

「どうやったらもっと沢山買ってもらえるようになるだろう?」

「どうやったら自分の街が良くなるだろう?」

と考えてましたし、1年前も3年前もずーと、


「今より良い状態にするにはどうしたら良いだろう?」


という事ばかり考えてましたし、今も考えてます。


そして、最初に書いた


「良くも悪くも変化した」


という言葉を改めて考えてみると・・・


「今より良い状態にするにはどうしたら良いだろう?」


と、常に変化を求めてきた結果なのではないだろうか・・・と気づいたのです。無意識に変化を求めていた訳です。



そして、僕の周りにいる、僕が関わってきた全ての人は例外なく、同じように、

「今より良い状態にするにはどうしたら良いだろう?」

と考える人たちばかりです。


という事は、「変化して当たり前」とも言えます。


悪く変わったと思っていた部分は、実は、単に「自分が思い描いた方向性と違う結果がもたらされた」だけだったのです。



この先の1年も3年も5年も、恐らく多くの方が「今より良くしていきたい」と考えるに違いなく、その結果、今よりももっともっと違った世界が広がっているはずです。


その、新しく広がっていく世界が、今より光り輝くものである事を願い・・・

いや、

間違いなく光り輝いていく世界に目を向け、これからも過ごしていきたいと思います。



「震災から5年。いま、自分に何ができるのだろうか?どうしたらいのか?あの時はもっともっと熱い気持ちで震災に向き合っていたのに・・・いまは何もできてない・・」と、罪悪感を持つ方がいらっしゃいます。

けどそれは、「いまよりもっと良くしていきたい」と変化を願った結果、実際に環境が変化しただけのことなんです。だから、罪悪感など持たず、「今よりもっと良くしていくにはどうしたらよいか?」だけを考えていく事が、何よりもこの先の世界が輝くようにも思います。




今まで関わって下さった沢山の方に感謝を申し上げるとともに、改めてこの先の世界を一緒に歩んできたいと切に願います。


             小さな復興プロジェクト(株式会社onagawa factory)
                         代表 湯浅 輝樹
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさんこんにちは!


本日は久しぶりの仙台駅での販売イベントのご案内です音譜


詳細は以下の通り。



■イベント名:石巻・東松島・女川 来てけさいん市

■期間:2月26日~28日の三日間

■営業時間:26日・27日 10時~20時
     28日 10時~19時



今回はなんと! このイベント用に、青葉通りの欅で作ったキーフックを限定販売いたします!





「大きくて使いづらい」というお客様が多いので、こちらは、通常のサイズよりふたまわりほどサイズダウンし、また、金具部分をナスカン(フック)に変更することでより使いやすさを実現!

さらに、入手が難しい木材を使用しているにも関わらず、1,000円(税別)で販売いたします!


そのほかにも、先日〝杜の都のチーズケーキ工房”さまのご協力で商品化することができた、牡鹿の塩を使ったチーズケーキの販売もいたしますアップ







今回は女川だけでなく、石巻と東松島からもたくさん業者様も集まるので、魅力あふれる商品も盛りだくさんですので、みなさま、是非お立ち寄りくださいね音譜  


お待ちしておりますビックリマーク






その他商品のご購入はこちらから→onagawa fish house AURA ショップページ


小さな復興プロジェクトオフィシャルfacebookページ→ 【onagawa fish house アウラ】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

震災から間もなく5年が経ちます。


沢山の方に支えられ、5年間で新たな街づくりが進み、明るい話題も増えてきております。

しかし同時に、未だに仮設住宅に住まざるを得ない方も多く、総合的な街の再生が求められる時期に来ていながら、風化が加速しているのも事実です。

忘れられたくない・・のではありません。「忘れない事」が自然災害への啓蒙につながるのです。



このコースターに書かれている文字は「Re:member 5 years walking together as one」

五年間一緒に歩んだ道を【Remember】]思い出して、【RE-member】また改めて一緒に歩んでいきたい。そんな思いを刻みました。

そして、我々が使用している[おさかなマークドットonagawa]とイカリの絵は、お魚が沢山穫れて港がにぎわってるイメージをデザインしました。


5年が経ついま、改めて当時を思い出すアイテムとして、お一ついかがでしょうか?




2つ入りで500円。売り上げの全てを女川町に寄付いたします。




お買い上げはこちらから→コルクコースター



その他商品のご購入はこちらから→onagawa fish house AURA ショップページ

小さな復興プロジェクトオフィシャルfacebookページ→ 【onagawa fish house アウラ】






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。