onagawa factory(小さな復興プロジェクト)

宮城県牡鹿郡女川町において、モノづくりを通して震災復興を目指した「小さな復興プロジェクト」は今、
新たな女川町の魅力を創りだす企業「onagawa factory」としてさらに素敵な街づくりに貢献していきます!

 【小さな復興プロジェクト】とは?


宮城県女川町において、東日本大震災の被害に合われた方々へ、ものづくりを通した経済的自立支援として、ものづくりをする事による収入の確保だけではなく、家や仕事を失った日常の時間の有効活用や被災による心的ストレスの軽減を促し、同時に、非被災者にとって、義援金とは違ったダイレクトな支援と支援の“証”が手元に残る事による“自然災害への啓蒙”を促す・・・といった目的でH23年4月16日に発足しました。



 【onagawa factory】とは?


小さな復興プロジェクトの活動にご賛同いただいた支援者の方々に支えられ、H24年11月21日に株式会社onagawa factoryとして法人化。製作環境や福利厚生を整えることにより、スタッフがより安心して働ける場をつくりだしました

今までは木工キーホルダーの制作を主な活動として参りましたが、現在はジャンルを問わず、新たな女川町の魅力を創りだす企業を目指し、日々活動しております。

株式会社onagawa factory

【onagawa fish house アウラ】(内)          

e-mail :  small-rebuild@live.jp       
所在地    :牡鹿郡女川町浦宿浜字浦宿81-75

TEL・FAX   :0225-24-8612

定休日    :水曜日・日曜祝日


facebookページはこちら→【onagawa fish house アウラ


ご購入はこちらから↓↓↓

onagawa fish house AURA ショップページ はコチラ】





テーマ:

先日のブログで書いたことが現実になってしまいましたね。。。

被害が大きくなかったとはいえ、実際に津波が押し寄せました。

そして緊急地震速報も鳴り響き、その音と共にあの頃の記憶が呼び起されました。

怖いですね。

 

ホント、用心に越したことはありません。

 

それもあってか、急に我々のアイテムをご注文頂く方が増えてきてまして、改めて防災意識を持とうという方が増えてることなのではないか・・・と思っております。

 

特にホイッスル付きのonagawa fishは一気に売切れてしまいました。

 

本日材料が届き、再販できることになりましたので、ご不便をおかけしていた方におかれましては、再度ご検討いただけますよう、お願いいたします。

 

ホイッスルは、自分の場所を伝える手段になります。声が出なくても、小さな呼吸でも、音を出すことでアピールできるのです。持ち歩くことで損はありません。
 

どうせ持つなら、オシャレに持ち歩けるといいですよね?

 

うちの商品はフックタイプですので、バッグのチャームにしてもOKですし、キーホルダーとしてお使いいただいてもOK!

とにかく、常に持ち歩くことが大切です!  ぜひお一つお持ち歩いてくださいアップ
 

ぽちっと一票もおねがいします♪→
東日本大震災 ブログランキングへ
 

その他商品のご購入はこちらから→onagawa fish house AURA ショップページ

 


そして・・本日は新たな取り組みのお知らせを少々。

 

 

今回の地震の時に、あれほど「車で逃げるな!」と言われてたにも関わらず、車で避難して渋滞が起きたというニュースが流れておりました。

 

このことが示す通り、震災は、世の中のみならず被災地に住む人間の中でも風化が進み、過去のものとなりつつあります。


だけど、ニュースにはなってませんが、被災地の復興工事はまだまだ途中の段階で、すべての人が元の自分の町に戻るには、まだまだ時間がかかります。

 

想像してみてください。

 

『自分が住んでいた町が失われ、6年が経とうとしているが、まだ戻れる状況が見えない。』

 

『自分の町には働く場所もまだ充分になく、避難している地区で新たな仕事に携わっている。』

 

『仮設住宅の近辺の住民が増えたため、コンビニやスーパーなどの、生活インフラが充実している。』

 

・・・この場合、避難先の方が仕事場に近くて生活インフラが充実しています。そこであえて、元の町に戻ってくることを考えるでしょうか?

 

 

だからこそ、「稼げる街」を創りだしていかなきゃないのです。

 

我々は『小さな復興プロジェクト』としてスタートし、主に木工を中心とした手工芸品の制作をしてまいりました。

 

2012年には、働き手が安心して働けるよう法人化し、福利厚生を整えました。

 

 

しかし・・・やっぱり今も『復興支援グッズ』の枠から抜け出せるほどスキルアップが出来ずにおります。

 

売上は日々激減し、周りからは廃業を推す声も多くなりました。

 

だけど、ここで終わってはここまで頑張ってきたことが無になってしまいます。

 

それが悪であるとは言いませんが・・・負けませんメラメラ

 

そこでこの度㈱onagawa factoryは

 

・木工部門

 

・食品加工部門

 

の二つに分けた事業展開を図ることにしました。

 

具体的には、木工部門のコーディネート及びリブランディングを大手木工メーカー(名前を発表して良い段階になったら発表いたします)が担当。

 

食品加工部門はわたくし湯浅が培ってきたスキルと人脈を活かし、事業化できる段階になった時点で、㈱onagawa factory の事業の一環に取り入れることにします。

 

 

そこで、大きな問題となってくるのが資金問題

 

「復興支援グッズ」市場は淘汰され、ここ最近は売り上げはほとんどなく、会社としても代表個人として当然のことながら融資を受けることができません。

 

そこで、あらためてクラウドファンディングにて、皆様のお力をお借りしたらどうだろうか?という話になりました。

 

今回、「仙台のまちなかをみんなでもっと過ごしやすく、楽しくしよう」「仙台の元気を東北全体に届けよう」「将来の仙台・東北を創っていく人を応援しよう」という趣旨のもと、本日11月28日より、「まちくるファンド仙台」というクラウドファンディングが立ち上がりました。

その立ち上げのプロジェクトの一つとして、わたくしのプロジェクトを取り上げていただけることになったのです。

 

内容は、「女川産の柚子で宮城を代表とする土産品を創りだす!」です。

 

具体的には柚子入りソーセージの制作。

いつかは、ここ女川の害獣‶鹿“を使って、鹿肉と柚子のソーセージを女川で作っていく。そのための試作品づくりや柚子農園の管理運営費の一部をご支援いただきたいという内容となっております。

 

以前、レーザー彫刻機が壊れてしまって再導入できずにいた時・・・皆さまにご支援いただきましたので、「また今回もやるの??」と思われる方も多いとは思います。

 

心苦しいというのが正直なところかもしれません。

 

ですが、今回は「新たな産業づくり」です。皆様のお力添えが、女川をはじめ、宮城の新たな産業・文化・土産品を創りだしていくのです。

 

長い文章になってしまいましたが、是非ご一読いただき、ご協力いただけたらと思います。

ダウンダウンダウン

 

女川で育てた柚子を活用した「柚子ソーセージ」をつくり新たな宮城の銘品にしたい!

 

いつもお願いばかりで申し訳ないですが・・・ぜひ新たなまちと文化を作って行きましょう!



みなさまのご協力のほど、心からお願い申し上げますアップアップアップ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:
昨日11月13日、横浜市緑区中山にあります“なごみ邸”というおしゃれなレンタルスペースで開催の『ゆめフェス』というイベントに参加して参りました!

このイベントは「東日本大震災から5年半経って変化した現在の様子と感謝の気持ちを伝える」を趣旨として開催。女川を中心としたグッズや食の販売、獅子舞の演舞などを行いました!

{C3591369-5C2F-4FD3-8C1C-1FCBD334CBC7}

{100EF3A8-A804-4903-B0C8-3CA15429ECDB}

{DE6D7316-0A94-48AF-ACA7-3F0A94560C6B}
{360C7935-0445-4DE6-8941-8173A49B31B1}



とても素敵な場所で、とても気持ち良い天気にも恵まれ、沢山の方が来場してくださいました(^^)/

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございましたルンルン

わたくし湯浅自身、今回改めて震災の事を考えさせられ、また、5年半経った今になって初めて、津波被害の知られざる二次被害がある事を知りました。そしてやはり、防災意識を持つ事がとても大事なんだと感じました。




昨晩、ニュージーランドで大きな地震がありました。


土曜日には宮城県沖を震源とする地震がありました。(久々に「やばいかも」と思った揺れでした)


東日本大震災の時も同じように、宮城県沖での大きめの地震とニュージーランドでの大きな地震がありました。

また、今晩は役70年ぶりのスーパームーンとの事。満月との関係性は証明されておりませんが、月の引力が地殻に影響を与えるのではないか、と言った見解を示してる方もおります。


不安を与えるのではありません。これを機にまた改めて防災に意識を向けるきっかけになって欲しいのです。


ちなみに、震災時、仙台市中心部にいたわたくし湯浅が感じた必要な事をあげてみます。


【何より大事なのは「逃げる事」】
⇨当時、仙台市中心部で自社主催の家具のイベントの立ち上げ日でした。数名の家具職人の方の商品をお預かりして展示していたため、揺れで家具が壊れる事を恐れ、建物から離れられずにいました。
が、高層ビルがプリンの様に揺れてるのをみて、そしてあちこちから物が落ちる音やガラスの割れる音が聞こえ初めて、家具職人の方々には申し訳無いけど…逃げました。

【必要だったもの】
・水
⇨断水は一週間以上続きました。給水車が来るまで避難所に水をもらいに行ったら「ここに避難してる人のための水だから渡せません」と断られました。給水車が来る様になっても、給水する人が素人のため、タンクを沢山持ってきた人には沢山の水を配ってしまい、数時間並んでも水がもらえないこともありました。

・電池、ラジオ
⇨電気が止まり、情報が全て絶たれてしまいます。

・携帯の車用充電器(その他ソーラー充電器など)
⇨電気も止まってしまいます。なので、自宅の電話も使えません。携帯からの情報は大く、また、家族や友人などの連絡は携帯のみになります。
が、基地局もやられてしまうので、その他の連絡方法を家族と話し合っておいた方が良いですね。

・ランタン、ろうそく
⇨停電は、都市部で満点の星空が眺められるほど暗くなります。

・カセットガスコンロ、ガス
⇨都市ガスは1ヶ月以上止まってました。

・ガソリン
⇨車は携帯な充電ができ、ラジオも聞こえ、テレビも見れる場合もあります。ガソリンスタンドは機能を失うので、震災後、ガス欠で路上に放置された車がどんどん増えてました。
食品が買える情報が入っても、ガソリンがないと移動できませんでした。

・米
⇨僕の家に避難してきた友人もいたので、米はあっと言う間になくなりました。少し多目にストックしておくと良いかもしれません。

・保存のきく食料
⇨缶詰やパスタ。レトルト食品。

 ・その他、あってよかった物
⇨ウェットティッシュ、電気を使わないストーブ(お湯も沸かせます)、水のタンク…

こんな感じでしょうか。思いついたら追加していきます。




用心に越した事はありません。

ぜひこの機会に改めて防災について考えてみてください!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

onagawa fishをルームキーに使ってくださってる宿泊施設があります音譜

 

二年ほど前から扱っていただいてる新潟県の越後湯沢にあるペンションタケコシさん。

 

そして、数か月前から使用してくださっている、長野県須坂市にある、ペンション ハーフトーンさん。

 

そしてこの度、山梨県の富士山のふもと、本栖湖畔にある浩庵さんでも使っていただける事になりました音譜

 

浩庵さんでは、ルームキーだけではなく、オリジナルのロゴを彫刻した商品の販売もしていただける事になりましたアップ  

 

可愛いロゴですねラブラブ  このロゴデザインは、富士山をイメージしたラフ画をトレースして制作いたしました。

 

 

女川から遠く離れた、宿泊施設にて使っていただけているのは、本当にありがたい事です。

 

宿泊される方は、「海とは関係ない場所で何故さかなのキーホルダー??」ってなるはずですし、その都度女川や震災の話をしてくださることと思います。

 

我々被災地はメディアから消え去っても、町がまちに戻るまで、そして町民がまた女川に戻ってくるまでまだまだ時間がかかります。同時に、働く場所や観光資源を作っていかなきゃいけないという、大きな課題はまだまだ山積されているのです。


そして、改めて震災を思い出すことは、今後起こるであろう自然災害へ意識を向けるきっかけになるはず。

 

そのためにもこうやってルームキーで使ってくださる施設が、宿泊される方に意識付けしていただける事は、本当にありがたいことなんです。

 

ご使用いただいてる皆様、本当にありがとうございます音譜

 

 

onagawa fishの本栖湖バージョンは、山梨県の浩庵さんでしか購入できませんので、是非山梨にも足を運んでみてくださいねラブラブ

きれいな富士山も眺めながら、アクティビティも楽しめるそうですアップ

 

タケコシさんもハーフトーンさんも浩庵さんもお邪魔したことがないので、機会を作って、是非とも行ってみたいと思いますニコニコ

 

 

 

「うちもルームキーで使いたい!」

 

「うちもオリジナルロゴ入り商品を販売したい!」

 

 

という方がいらっしゃいましたら、是非ご一報くださいね!! 

 

ちなみに、女川駅に併設されている温泉保養施設「ゆぽっぽ」さんでは、ロッカーキーで使っていただいてますウインク

女川にこられる方は、是非ゆぽっぽさんもご覧になってくださいねアップ

 

ぽちっと一票もおねがいします♪→
東日本大震災 ブログランキングへ
 

その他商品のご購入はこちらから→onagawa fish house AURA ショップページ
 

小さな復興プロジェクトオフィシャルfacebookページ→ 【onagawa fish house アウラ】

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

onagawa fishができ上がるまでのストーリーをかなり簡単にお話しすると・・・

 

現在の代表である、私湯浅と、前代表のK designの工藤さんと二人は、両者が得意としている分野(湯浅=地域活性につながるイベントの企画・運営や商品企画、工藤=木工職人かつ、ノルディックウォーキングのインストラクター)を活かし、震災前から「ノルディックウォーキングで女川を再発見!」ってな感じのイベントを企画しており、震災の年の5月から月に一度のイベントをスタートさせる予定でおりました。

 

実際に街を歩くことで、地域の良さを再発見してもらい、健康推進にもつながるイベントとして、我々も楽しみにしておりました。

 

が・・・

 

震災がやってきてしまったのです。。。

 

仙台在住だった我々は、ラジオから聞こえる「女川は壊滅的被害」という情報しかなく、企画を進めていくにあたりお世話になっていた方々の顔と、震災の一週間前にも訪れて、いまから沢山の方に魅力を再発見してもらおうと思っていた女川町の街並みを思い・・・我々にできることを考えに考え、木工作家でもある工藤さんがonagawa fishを生み出し、わたくし湯浅さがテストマーケティングを行って・・・短期間で商品と販路開拓のブラッシュアップを行っていきました。


そんな中で、​

 

「商品に‶女川"を入れたら、ありがちな土産品になってしまうのから入れない方が良い」

 

という考えと、

 

「女川から生まれた新たなブランド(産業)の確立を目指すなら、女川を入れるべき」

 

という意見がありました。

 

そんな中、

 

「ローマ字表記のonagawaの文字の前にロゴマークをいれてみたらどうだろう??」

 

という意見も出てきたのですが、それがどんなものがいいのか・・・アイディアが出ませんでした。

 

が・・・

 

立ち上げ当初より、今もなお継続してお力添えをいただいている、仙台市青葉区米ヶ袋にあるコーヒー専門店「まめ坊」さんの店内では、ロゴストラップも出来上がる前から商品を並べていただき、独自の手書きPOPに、おさかなマークを書いてくれてたんです!

 

それが可愛くてかわいくて、工藤さんがそのイメージを基にすぐにロゴを制作!

 

そしてそれがロゴマークとなり、現在も使われており、ステッカーも好評をいただいております。

(すみません、webショップでは販売しておりません・・・。ご希望の方がいらっしゃいまいましたら、small-rebuild@live.jpまでご一報ください。販売商品のサイズは横幅が30センチ、価格が税別600円となります。イメージ写真はこちら)

 

 

けど、もっともっと小さいサイズだったら、携帯に貼ったりヘルメットに貼ったりできるなぁ・・・と思っていたので、今回、横幅5センチサイズのステッカーを作りました!!

ステッカー色がシルバーなので、ブラックでもホワイトでもクールに決まります♪


こちらは、もし販売するとしたら・・・200円ぐらいでしょうか。。。」

 

だけど今回は販売ではなく、お買い上げいただいたお客様にプレゼントすることにしました音譜

 

webショップからお買い上げの際、備考欄に「ステッカー希望」とご記入ください!数量限定でなくなり次第終了となりますので、是非この機会をご利用いただき、我々のブランド(?)を広めてくださいねウインク

 

震災を忘れない事は、自分を守ることにつながります。是非うちの商品のみならず、ロゴを見る度に思い出してくださいねアップ
 

ぽちっと一票もおねがいします♪→
東日本大震災 ブログランキングへ

 

 

その他商品のご購入はこちらから→onagawa fish house AURA ショップページ
 

 

小さな復興プロジェクトオフィシャルfacebookページ→ 【onagawa fish house アウラ】

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、とある商業施設の方に、お店で取り扱っていただけないか・・・と、ご相談をさせていただきました。

 

数年間も、

 

「1,200円もするの??こんなの高くて買う人いないよっ!」

 

とか、

 

「支援だから買ってあげるけど・・・支援にしちゃ、ちょっと高すぎるよね・・」

 

などと言われ続け、それが当たり前になっていた僕は、

 

「お取引の数量が多ければ、もう少しお安くするできるように頑張ります・・・」

 

と、自信なくお話ししていた。そして今回も言われるんだろうな・・・と。

 

そして、ご担当頂いた方の反応は・・・

 

 

「このクオリティで1,200円???しかも全て手作りでしょ?????ありえないっ!!!!安すぎっ!!!!!」

 

 

と、驚くようなお言葉をいただき、一生懸命に作ってるみんなの顔が浮かんで、ウルッとしてしまいましたえーん


震災から2年ぐらい経った頃から、本当にマイナスの言葉を浴びることが多くて自信を失っていたので、本当にうれしかったですアップ


けど、現状の売り上げ数量では、まだまだ仕事とは言えないレベル。もっともっと広めていかなきゃいけませんあせる

 

 

以前、日本のみならず世界的にとても有名な方にもご購入いただいているのですが、

 

「絶対に公言しないでください」

 

と、厳しく言われており、公にすることができませんが、もしそれが世に知れたら、パニックになるほど売れることでしょう。

 

でも、それは叶いませんえーん


スタッフ全員が不安なく安心して仕事ができるには、やっぱりもっともっと沢山の方にonagawa fishを知ってもらわなければいけませんビックリマーク


このブログ、ここ数年はfacebookからの情報発信ばかりでほとんどアップしてませんでしたが、いまだに1日のアクセスが1,000を切ることがありません。多い日は3,000を突破しております。

 

なので、ちょいと甘えてみます。

 

是非みなさん、もっともっとonagawa fishを広めてくださいっ!(〃∇〃)

79歳の兼重さんが、匠の技で作り上げる姿なんて、すごくないですか??



是非、メディアでも取り上げてほしいものですウインク

 

ご協力のほど、よろしくお願いしますごめん

そして、ぽちっと一票もおねがいします♪→
東日本大震災 ブログランキングへ

 

 

その他商品のご購入はこちらから→onagawa fish house AURA ショップページ
 

 

小さな復興プロジェクトオフィシャルfacebookページ→ 【onagawa fish house アウラ】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。