2005-03-28 23:37:08

コミックに埋もれて・・・

テーマ:日記と雑記
どうも、春休み満喫中の小文字です。
今日は両親が大阪に吉本新喜劇を見に行ってたので(母親が関西人なのです)、珍しくチャンネル権を手に入れました。
そして名探偵コナン春休みスペシャル見ちゃいました。
昔から密かにファンなんですね。
怪盗キッド、格好いい(と、シナをつくってみる)。

漫画、というものに感動しっぱなしの今日この頃。
あたしの漫画遍歴といえば…。
小学生の頃「なかよし」買ってました。800円のお小遣いの半分を使って毎月。
怪盗セイントテールとか好きで。(怪盗好きらしいな、あたし…)
あとは祖父の家に揃ってたブラックジャックの文庫版。美味しんぼ。ちょっとエッチな源氏物語。小学生やら中学生には刺激的な昔の漫画が2種類程。
そんくらい。
それ以外は、漫画というものをあんま読んでこなかったんですよ。けっこう馬鹿にしてた節があって。
で、ここ2年くらいかな?ものすごい勢いで読んでます。母親が買ってくる嫁姑のなんたらかんたらとか、感動物語とか、ザ・マーガレットとかは欠かさずチェック。
いちばん大きかったのは、というかあたしを漫画に目覚めさせたきっかけとなったのは、自宅に「マンガ部屋」なるものがある人と仲良くなったこと。その人んちに篭ったり借りたりしてます。感謝しております。
いやほんと、漫画って素敵なもんですね。
あたしのような若輩者が語れるものでもなさそうなので(1つ前の記事が漫画なのは気にしないこと)、しばらく漫画ツアーに出ます。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-03-28 22:02:05

玩具修理者/MEIMU

テーマ:コミック・その他


著者: Meimu, 小林 泰三
タイトル: 玩具修理者

久々の更新です。以前と若干テンションが変わってるかもしれないんですが気にしないように。
さて、本日の「玩具修理者」、小説じゃなくてコミックです。ホラーは全くだめなのでそっちには全く無知なのですが、これは特別思い入れのある本。

小学校4年か5年くらいだったかな?よく地元の公民館に自転車で行って、図書館でずっと本を読んでたんです。土日に行くことはなかったので中高生もいないし、おじいちゃんたちのたまり場になってたなんてこともなかったな。ロビーは常に人がいたけれど、図書室はしんと静まりかえっていて薄暗かった(今思えば単に節電してただけだったんだろうな)。そんな空気が好きでよく通ってました。たぶん。

で、背表紙のタイトルと字体に惹かれて手にとったのが、これ。衝撃でしたね。心臓ばくばく、冷や汗かきながら読んでました。でも不思議なことに「気持ち悪い」とは思わなくて、人間の儚さ、というより不安定さかな。そんなものを感じていました。異形のものに対する恐怖よりも愛おしさ。異世界との境なんてなくて、作中にもあるように「誰にでも行ける」ところなんだなと。そういう世界が近くにある、と思ったら怖くなったけれど、昂ぶっている割に変に冷静な頭だったなぁ。


で、何故今そんな思い出話かというと、先日ネットサーフィンしていたら、偶然にもこの本のタイトルを目にしてしまって。「あ」とつぶやくなり速攻で購入手続きしてました。
それが今日届き、本を手にしてぱらぱらとめくった瞬間、昔の自分の姿が喚起されたというわけです。

あたしは世の本好きがそうであるように「何かの機会に本を読む」ということはめったになく、何かを読んでいるのが日常なので、これだけ具体的な場面や空気を思い出させてくれる作品は珍しいんですよ。そんなわけでなんだか嬉しくなってしまいました。
今日改めて読んでみてもこわくなって後ろを振り返ってみたり、ということはなかったですね。と書いてみたら急に振り返りたくなってしまい振り返ってみました。携帯の黒い画面がちょっとこわいです。

どこかが異世界とつながっているかもしれない、異形のものがひそんでいるかもしれない、それは恐怖であると同時に、たまらなく甘美な感覚をもたらしてくれるのです。時々。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-24 13:59:33

お久しぶりです。

テーマ:日記と雑記
こんにちは。小文字です。
先日後期の発表があり、残念ながら不合格でした。
今日、私大の入学手続きをしてきました。
私大のほうに心がひかれていたのでいい結果といえばそうなのかもしれませんが、目指していたところに合格できなかったという結果は真摯に受け止めて、これから確り歩んでいこうと思います。

更新や、コメント・トラバへの反応も全くできず、来てくださった方、申し訳ありません。
これから忙しくなりそうですが、本からは離れられないようです。大学も日本文学を勉強できるところを選びましたのでね。

それでは、これからも宜しくお願い致します。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-03-11 16:24:19

仕入れた本。

テーマ:日記と雑記
2月28日に書いた本たちです。頂上に座っているのはくま子ちゃんです。
本をたくさんもらってきた理由。
1 学校の図書館を愛用していたのですが、卒業してしまうから。
2 市の図書館にできるだけ行きたくないから。

あたしが住む市の図書館、以前は職員も利用者も最悪の状況と言っていいくらいだったんですよ。で、最近は何が起こったのかは知りませんが職員の対応が気持ち悪いくらい(誉めてるんですからね)良くなって、利用者は相変わらず・・・。
というわけで仕入れに至ったわけです。

大学の図書館に期待しようっと。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-03-09 15:53:46

椰子・椰子/川上弘美

テーマ:小説

著者: 川上 弘美, 山口 マオ
タイトル: 椰子・椰子

ヴィレッジヴァンガードに遠征。店内を冷やかして回り、資金もないので何か文庫でも買っていこうと見ていると、川上弘美の作品がずらりと並べられているではないですか。とっても嬉しくなってしまいました。
で、以前からほしかった「椰子・椰子」を購入。「うそばなし」の極致ですよね。幼い頃から空想癖があるあたしにはぴったりです。


そういえば。国立大は不合格でした。当然の結果と言えばそうなんですがね。ともあれ、土曜に後期試験を受けたらやっと、解放されます!と、めったに使わない「!」を使ってしまうほど、嬉しいです。
よく訪問してくださっている方、更新できなくてすみません。気長にお待ちくださいね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-02 19:00:42

プリズンホテル/浅田次郎

テーマ:小説

著者: 浅田 次郎
タイトル: プリズンホテル〈1〉夏

あたしを浅田次郎ワールドに引きずり込むこととなった作品。まだそれほど読んでないんですが。
塾の国語の先生に薦められ、学校の図書館にリクエストをして読んだ(自分では買わない)。
夏から春まで一気に読破、すっかり気に入ってしまい、購入(でも古本)。

主人公の小説家の、たくましさと危うさがとても好き。
鬱々とした本ばかり読んでいるのですが、こういう人情味・人間味あふれる本も、結構好き。読んだ後に、誰か人と関わりたくなるから。心の栄養ですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。