2005-01-25 00:28:39

失はれる物語/乙一

テーマ:小説

著者: 乙一
タイトル: 失はれる物語

一篇目の文章、ものすごく嫌いで、
ああこういう文章を書く人なんだなぁ、と思い、読み終わるまでに放ってしまいました。
でも次の日続きを読み、次の短編に入ると、これがまた、がらっと違う。あたしの好きな雰囲気。
一篇目は故意だったんだなとわかりました。
ただ、「失はれる物語」というタイトルが話題だったので頑張って読む気になり、結果良かったのですが、
あれを一番目にもってこられると、手に取ってぱらっと読んで、戻してしまいそうだなぁ。
話題性のある本のなせる業ですね。
つづきを読んだら、また書きます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-25 00:27:27

恥ずかしい読書/永江 朗

テーマ:エッセイ・ノンフィクション

著者: 永江 朗
タイトル: 恥ずかしい読書

読書方法のあれこれの本です。
電車などで本を読んでいる人、みんなカバーをかけてますよね。
それからもわかるように、本をよむのは多かれ少なかれ恥ずかしい。
それでも読みたい、という欲求は消えるものではありません。
で、そんな人たちが、素敵な読書生活をおくるために書かれた本。
と、今のところ解釈しているのですが。
図書館で借りたハードカバー本ゆえ、
カバーをかけられず、思いっきり広げられず、
「恥ずかしい読書」という表紙を晒して読んでいるのは、ものすごく恥ずかしいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-23 16:18:49

文庫3冊、バイトする予定の書店にて

テーマ:日記と雑記
夕方、地元の書店へ行き、かな~り久しぶりに本を買いました。

江國香織の「きらきらひかる」。図書館で借りて気に入ってしまい、何回も読みたくなって、購入。

谷崎潤一郎の「卍」。色んな記事や「痴人の愛」を読んで、谷崎作品に興味が湧いたので。

そして巷で話題の「文豪ナビ 谷崎潤一郎」。
家に帰ってぱらぱら眺めてみると、かなり大衆向けの書かれ方のよう。
表現があけすけで、ちらっと読んだ限りあまり好きな文章ではありませんでした。
イメージが固定されてしまいそうなので、これはある程度色々な作品を読んでからのほうがいいかな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。