2004-08-09 00:33:36

あるようなないような 川上弘美

テーマ:エッセイ・ノンフィクション

著者: 川上 弘美
タイトル: あるようなないような

エッセイが苦手だ。
けれどもこの人のエッセイは好きだった。
文が、小説と変わらない。
持っている雰囲気も変わらない。
ああ、この人は、本当に日常を小説にしているんだなあ、
と思った。

ますます好きになった。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-08-08 00:34:29

デルフィニア戦記/茅田 砂胡

テーマ:小説

著者: 茅田 砂胡
タイトル: 遥かなる星の流れに 下―デルフィニア戦記〈18〉

全18巻読み終えましたとも。
頭の弛緩剤といったとこですね。
18冊という長さを感じさせない文章。
というか内容の軽さ。
息抜きにはもってこいですね。

他の作品も読んでみようかと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-08-07 16:19:31

夢の木/木根尚登

テーマ:小説

著者: 木根 尚登
タイトル: 夢の木


夢だから何でもありってわけにはいかんでしょう。
何でもありの意味を履き違えちゃいけないですね。

あー、有名になるっていいなあ。
これで印税入るんだもんね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-08-06 16:17:55

文学少女/林真理子

テーマ:小説

著者: 林 真理子
タイトル: 文学少女

この人のエッセイは傲慢で嫌い。
この人の小説はよく考えられていて好き。技術があるから、読みやすい。

それはどうしてかなあ、どうしてかなあ、と思っていた。

その答えが、この私小説にあった気がする。

ものを書くということは、自分をすべてさらけ出して、人に見せる事。
嫉妬も欲望も悲哀も幸福も思考方法も何もかも。
自分の人生を、何十万人もの人にさらけだす職業。それが作家。

その部分にすごく感銘というか、衝撃というか、、
陳腐な言い方だけれども、目からウロコ、の思いだった。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2004-08-04 16:15:27

どすこい(仮)/京極夏彦

テーマ:小説

著者: 京極 夏彦
タイトル: どすこい(仮)

これは、何だ??
どういう経緯で書かれたんだ??

とりあえず、予備知識なしの感想。
必要以上のくどさ。
くどさが不快さと失笑を誘う。
不快になるぞ、なるぞと分かって読んでいて、
登場人物のごとく、「くどいわ!!」と突っ込んでしまった自分を認めたとき、
やられた、という失笑がわいてくる。
フォントの大きさも馬鹿っぽくて良し。
しりあがりさんのイラストも良し。
下手なパロディやるならやるで、ベタさを徹底してる。
不快なのに、気持ちいい。
そして何より、面白い!
馬鹿にしたような書き方ですが、褒めてるんです。
こんだけ笑いに技巧・知識を駆使しちゃっていいんか??
いいのか。京極さんだし。引き出しはまだまだあるのでしょう。
そんな本でした。


京極さん、これかいてて果たしてどういう心境だったんだろう?
うひひ、と笑いながら書いたんだろうか。
はたまた自己嫌悪に陥ったりしたんだろうか。
ネットやら雑誌やらで調べてみまーす。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。