2003-10-23 15:52:09

カルプス・アルピス/嶽本野ばら

テーマ:小説


著者: 嶽本 野ばら
タイトル: カルプス・アルピス

何とも不思議な名の、野ばらちゃん最新刊。
もともとは、「カルピス・アルプス」で刊行する筈だったとか。
登録商標使っちゃだめだって言われちゃったそうです、野ばらちゃん。
今「Itと呼ばれた子」読んでるんですが、ヘビィなので息抜きに。
彼の独特の世界観は、時にどろどろしていて重く、時に暖かく軽やか。
今回の作品は、6章から成る比較的短いラブストーリーで、
涙しながら読んでいました。
今までの作品は、直接的でリアルな描写が多く、
時には吐き気を催してしまうほどだったのですが、
幻想的で、暖かく迎え入れてくれて、純粋に涙して、少し切なくなる。
そんな野ばらちゃんの新しい世界を知ることができました。
彼の作品を呼んだことがない人でも、これなら入りやすいかも。
他には「下妻物語」などもお勧めです。本人も「大衆向けの作品」と語っているほどです(^^;)
では、また本の世界にもどります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2003-10-12 15:50:12

シーラという子

テーマ:外国の小説

著者: トリイ・L. ヘイデン, Torey L. Hayden, 入江 真佐子
タイトル: シーラという子―虐待されたある少女の物語

読みました。外国の本ってあんまり好きじゃないんですが、
やっぱり好きじゃなかったです。
いや、作品自体が好きじゃないわけじゃなくて。
どうしても「訳しました!」って文体を抜け出せないし、文化も違うから、
微妙なニュアンスも分からないし・・・

ってなわけでかなり長い間読んでなかったのですが、
目を通しておこうかな、くらいの気持ちで読みました。

内容については知ってる方が多いと思うんで書きませんが。
とてつもなく怖くて悲しくて、泣いてしまった。
感涙、ではなくて。怖くて泣いてしまった。
それから体調がおかしくなってしまい、しばらくこの手の本はやめておこうと決めました。

だんだん子供を育ててゆきにくい、どう育てていいかわからない、
そんな環境が、そんな親たちが増えている今日このごろ。
親になるまでに大人にならなくちゃ。名実共に。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2003-10-08 15:43:30

仮面の告白/三島由紀夫

テーマ:小説

著者: 三島 由紀夫
タイトル: 仮面の告白

を読みました。重い、重い、胃が痛い。
なんだか痛ましくて。
自分の肉体や精神のこと、愛、人間、男、女、
すべてを分析しようとする視線。
これでもかというくらい並べられた知識。
そして彼自身と重ねあわされた、主人公の貧弱な肉体。

あぁ、切ない。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。