スマロハ・セレクトショップ~スタッフブログ

自然派志向のライフスタイルを目指す人へ。
選ぶことで、自分が変わる。世界も変わる。
そんなアイテム、そんなストーリーを。


テーマ:
こんにちは スマロハです。

先月、自宅で長年使っていたちゃぶ台(といっても洋風のテーブルですが)が、あまりにみすぼらしかったので買い替えを考えてみました。


20年くらい使っていたちゃぶ台、白木に(多分)ウレタン塗装してありますが、傷だらけのうえに塗装が剥げたり焦げがついたり、悲惨な状態です。



ネットオークションで、アンティークっぽいものを探していたのですが、状態や値段が折り合わず、数日悩んだ結果、自分でリメイクしてみよっかな、と決めました。
失敗しても、どうせ廃棄するつもりだったので、ダメもとです。
本当に、DIYとか超初心者で、どうすればいいのかやり方がよくわからずに、とりあえずやってみました!

まず、紙やすりで表面の塗装をはがします。
最初は粗い目のやすりで、次に細かい目のやすりで表面を滑らかに…
といっても、どの程度やればいいのかよくわからないので、数日かけて少しずつ削った結果、こんなもんかというところにしました。 ↓



まだら模様の塗装がきれいになっただけでなく、焦げや傷が目立たなくなりました合格



次は、落ち着いた色合いにしたいので、柿渋を重ね塗り。
乾いては塗りを毎日繰り返し、10回程度重ねたでしょうか。



これもだいたい、こんなもんか、というところで、ほぼ1ビン(250ml)使いました。
柿渋って初めて使ったのですが、発酵しているものなんですね。
発酵が続いているっていう、独特の匂い。



写真では色が分かりづらいですが、白木よりもだいぶ渋みのある色になりました。

仕上げはみつろうクリームですキラキラ



国産蜜蝋と天然成分だけでできたみつろうクリームですハチ
ほどよいやわらかさで、するっと塗れます。






半分だけ塗ってみると、塗らない部分との違いが分かりますね。
薄く伸ばして、2回重ね塗りしました。

はっ水効果もこのとおりキラキラ






最初の状態と比べると、大変身ですキャハハ

ときどき、汚れが付きやすいくなったらみつろうクリームでコーティングしてあげます。

表面が傷んできたら、また紙やすりと柿渋とみつろうクリームでメンテナンスできるので、これからもずっと長く使えそうですビックリマーク


というわけで、今回はスマロハ・セレクトショップで人気急上昇のみつろうクリームでリメイクの仕上げをしましたウシシ

もうすぐ12月。残りの2015年もロハスにmomi2*


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


みつろうクリーム・木工用

有機溶剤・合成樹脂・乳化剤を一切含まず、国産蜜蝋・椿油・国産菜種油・亜麻仁油・ヒバ油のみで作られたみつろうクリームです。
蜜蝋による保湿・柔軟作用ではっ水効果があり、椿油と菜種油のブレンド油により適度な油分の補給をします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

スマロハさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。