鳩山由紀夫首相は7日、鹿児島県・徳之島3町長らと会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、「徳之島へは部隊であっても1000人以下だ。駄目ならば訓練移転だけでも受け入れてほしい」と要請した。3町長は「きょうは移設協議ではない」などと拒否した。

 また、首相は近く徳之島を訪れ、交渉を進めたいとの考えを示したが、町長らは難色を示した。

【関連記事】
米、徳之島に「NO!」 首相オソマツ軍事知識に周囲驚愕
「県外は努力目標」 首相、責任軽減へ予防線
徳之島「一部移設」断念へ 普天間問題で政府
鳩山首相の祖父墓に塗料「批判は私自身が受ける」
迷走招いた鳩山首相の「言葉の軽さ」…その8カ月間を追う
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

高障機構の業務委託、12道県で認可せず―雇用開発協会の不適切経理で厚労相方針(医療介護CBニュース)
【2010参院選 比例代表 予想の顔ぶれと情勢】新党ラッシュ、議席いくつ?(産経新聞)
友人母に女児刺される 大阪で逮捕「いきなりやられた」(産経新聞)
谷川流「涼宮ハルヒの憂鬱」 兵庫・西宮 珈琲屋ドリーム(産経新聞)
普天間、月内決着断念へ 政府 米・地元と調整困難(産経新聞)
AD