• 09 Dec
    • 書き始めは・・・

      競書の書き始めには、一緒に筆を持って書いてみます。 3年生の「大」のはらいの力加減・・・。『いけー』とか言いながら。 絵描き歌のように染み込んでほしいから、同じことを繰り返し言いまくるくどさ(笑)も大切にしています。 

      テーマ:
  • 26 Nov
    • 2017年カレンダー

      2017年 絵手紙カレンダー 作成しました。 何月に何を選ぶ というのは悩みましたが 幸せな作業でした。 今年もあと40日を切ったなんて早すぎますね 。

      テーマ:
  • 22 Nov
    • 12月の競書

      12月提出の競書の手本書き。直筆にこだわりたいと思っています。 大そうじ と書きながら妙に気が急いてくるようです。 

      テーマ:
  • 08 Nov
    • 高知県小中学生選抜書展

      子ども県展が終わると、次は高知県小中学生選抜書展への出品。 予選を通過し決勝大会にすすめる生徒さんが、たくさん出ることを願って作品選びをしています。 中学生のAちゃんは、来週バレエのコンクールのため教室に来られません。 そこで今日は来週の分もと、稽古時間大延長で書き込みました。 頑張り屋のAちゃんが、教室のムードを引っ張ってくれていると感じます。

      テーマ:
  • 24 Oct
    • 子ども県展

      今年もこの時期になりました。高知子ども県展の締切までわずか。 毛筆、硬筆ともに清書の仕上がり間近です。(写真は3〜6年生のものです) 月の競書に加えて県展の作品を仕上げるこの時期は、気分的にもドタバタに。皆同じ課題を繰り返し繰り返し書き込みました。 もうすぐゴール。よく頑張りました! 

      1
      テーマ:
  • 18 Oct
    • お手本書き

      いいお天気ですが朝からこもってお手本書き。 このあとは毛筆。目、肩、腰にきています 。 もうすぐ 一人目の元気さんがやってきます。今日は清書の日なのでちょっとこわい…かも。 いやいや笑顔を心掛けます。 

      テーマ:
  • 13 Sep
    • 送られてくる絵手紙

      定期的に届く厚い封筒。 体調に不安があって教室に来られない Mさんが添削をと絵手紙を送ってきてくれます。 いつも数枚の絵手紙と返信用封筒と便箋びっしりのお手紙。 今回のお手紙には「一日が短いようでしかし これ以上長くても体力が続かないような 複雑な気持ちです」とありました。 母と同じ歳のMさん。日々を大切にして絵手紙が大きなものを占めているのだと感じて ぐっときました。 添削したことを口で言えばあっという間ですが文章にするのはなかなか難しい。語彙が豊かでないから。でも言葉を考え考え のんびり作業は私に合っています (笑) 気がつけば便箋4枚に。まとめ下手なのも課題です。  

      1
      テーマ:
  • 05 Sep
    • 全力投球

      教室の中でお姉さん的存在の中1のAちゃん。幼稚園からお稽古を始め、中学受験前も休むことなく続けてきた頑張り屋さん。 教室で特待生第一号にもくれました。みんなにもいい刺激を与えてくれてありがとう。 そのAちゃんの書く「全力投球」は心に迫ります。  

      1
      テーマ:
  • 19 Aug
    • 8月の絵手紙教室

      昨日の絵手紙教室。ヒロハフウリンホオズキ園芸種のホオズキとは違う野草。小ぶりで可愛いです。草むらに目を凝らして見つけました。一般的なホオズキはいい色に色づいています。漢字では「鬼灯」お盆に飾られるのは提灯や灯篭と同じ意味合いなのだそうです。そこからこの漢字になったのでしょうね。

      テーマ:
  • 17 Aug
    • 花探し

      明日の絵手紙教室の花を探しに。お休み最終日の夫が気長に付き合ってくれるおかげです。暑さにクラクラしながら山を駆けずってきました。ん? この甘い香りは…もう 葛(くず)の花が咲いていました。あと、萩に似ているコマツナギの花。採ってきたいけどどちらも切ると弱いのであきらめました。白い可愛い花は ヘクソカズラ。知っている花の中で最もかわいそうな名前。真ん中の赤いところを お灸に見立てて灸花(やいとばな)という渋い別名も。山は少しずつ秋の気配でした。

      テーマ:
  • 17 Jun
    • 絵手紙教室

      昨日の絵手紙教室。紫陽花、クチナシ、ネムノキ、桔梗ヤマモモ、姫楮、ルドベキアなど用意しました。一番 存在感を放っていたのはクチナシ。クチナシは 一重と八重のものがあり、写真のものは 八重。大輪で 薔薇のように華やかです。絵に描いたものは 一重。一般にクチナシといえばこちらでしょうか。ちなみに 秋に赤くなる実はきんとんの色づけなどに使われますよ。とにかくもううっとりしてしまうような甘くいい香りが部屋に満ちています。幸せです。ただ、純白の美しい状態は短くて一日たつと黄色く張りを失ってしまいます。渡哲也の「くちなしの花」を思い出さずにはいられません (笑)歌詞を覚えていることに驚きつつ、つい口ずさむのでした。

      2
      テーマ:
  • 23 Apr
    • 今週の硬筆教室

      新3年生のYくんと新4年生のSくん。 Yくんはいつも話しかけてもあまり大きな声で答えてくれません。 シャイで…、でも一生懸命課題に取り組んでいます。 Sくんはいつもにぎやかでドッタンバッタンしています。 落ち着いてじっくりお稽古に向いてほしいと思っていました。 教室では学校の違った、学年の違った子どもたちが一緒になるので、 少し年上の生徒さんを見ていい刺激になることもあるようですし、 時には年下の生徒さんにアドバイスする姿を見ることもあります。 私が他の生徒さんに言うことを間接的に聞くことも, きっと心にのこるはず…と意識して、 いろいろな話をするようにしています。 YくんとSくん。 作品が変わってきました。 楽しみにしています。

      3
      テーマ:
  • 19 Feb
    • 毛筆が好き

      Marikoです。3年生のTくんは最近毛筆を始めました。硬筆を始めてからはずいぶん経つのですが、筆圧が弱いことが毛筆スタートにあたり少し気がかりではありました。しかし始めてみると・・・、Tくん、筆の線にはなかなかパワーがあり、はねもはらいも他の人よりは力強いくらいです。本人も強い手応えがあったのでしょう。「硬筆より楽しい楽しい」とお稽古のたびに言ってくれるようになりました。今は、とにかくいろいろなものを書いてみたいというやる気の塊さんに。見ていて嬉しくなります。今月の競書。体調を崩しお稽古をお休みしました。競書にはどうしても出したいと名前を書きに来てくれました。昇級するといいね。応援します。今日のTくんの一枚です。

      2
      テーマ:
  • 13 Jan
    • 競書

      Marikoです。正月のお休みをはさんだので、月の競書の仕上げを慌てているところです。Rちゃん姉妹は、今月末に行われる小中学生選抜書展決勝大会への出場が決まっています。お姉さんは毛筆の部、妹は硬筆の部です。決勝大会の課題を想定して練習もしています。お姉さんのすること、妹のすることがお互いとっても気になって、そしていい刺激も与えあっています。可愛い姉妹です。今日の一枚。Rちゃんの作品です。

      2
      テーマ:
  • 11 Jan
    • 特待生合格

      Marikoです。成人の日の朝早く「筆の友」2月号が届きました。今号は12月に提出した硬筆の昇段試験の結果が載っている号です。幼稚園から長くコツコツ頑張ってきたAちゃんが、ついに特待生に合格していました。新年の嬉しい知らせです。特待生合格の晴晴しい表彰状も一緒に届き感激したことでした。早くAちゃんに知らせたいです。継続は力なり。本当におめでとう。

      1
      テーマ:
  • 08 Jan
    • 書初め

      寒中お見舞い申し上げます。年末年始があっという間に過ぎていき、小中学生は冬休み最後の日ということで、昨日はたくさんの生徒さんでした。毛筆の生徒さんには、通常の半紙以外に八ツ切判でひと通り書初めをしてもらっています。Kちゃんも「半紙と違って難しいな」と言いながら力強い「七草がゆ」と書き上げました。「七」の打立てが素晴らしいな。『今日、七草がゆは食べないけど、これを貼っておく!』と言って帰りました。

      1
      テーマ:
  • 29 Dec
    • 今日が今年のお稽古納めです

      Marikoです。今日が今年のお稽古納めです。学校が違う子達が多いので、「宿題はあれとこれと・・・」と情報交換もしながらお稽古。あまりおしゃべりしないNちゃんも、「なわとびの宿題もある」と教えてくれて、他の子達が「えーっ!?」とか「あるある」とかワイワイ言い合うのを聞くのもまた楽しいです。S君、Mちゃんが帰りに「来年もまたお願いします」と素晴らしい挨拶をしてくれました。みんなよく頑張った一年。あっという間でした。筆の朱墨を落としながら振り返りました。今日の一枚。S君の作品です。

      テーマ:
  • 20 Dec
    • 子ども県展特選

      Marikoです。朝刊で子ども県展の入賞発表がありました。私にとってはこの12月の風物詩になっています。教室の生徒さんの名前をゆっくり探しています。今年の県展には、本当にみなよく同じ課題を書き込んできました。これだけ書いたから、自分が手応え感じた!という子もいましたし、もう「小川」を見たくなくなってきた~と3年生のKちゃんが本音を漏らしたことも。私もなかなか「うん」と言えず、生徒の皆さんには相当な数を書いてもらいましたね・・・。子ども県展だからではなく普段の競書も全く同じですが、渾身の一枚である「清書」に向き合うことをそれぞれが感じてくれれば、と思いながら指導しました。Kちゃんの名前も「特選」にありました。よかった。よく頑張ったね!特選の皆さんのお宅におめでとうのメールをして、私の子ども県展が終わりました。

      テーマ:
  • 17 Dec
    • 絵手紙教室

      Marikoです。早いもので今日は今年最後の絵手紙教室です。小春日和を窓越しに感じながら、今日もなごやかな教室になりました。みなさん家でも一生懸命描いてきて下さって、それを見せてもらうのが嬉しいです。それらに少し手を入れさせていただき完成となります。今日の花は、南天に冬苺、藪柑子(やぶこうじ)。赤い実がそれぞれに微妙に異なる赤でどれも美しい。 南天は艶を抑えた和の赤でしょうか? 冬苺は小さいけど透明感のあるみずみずしい赤です。 藪柑子は深く濃い赤で、枯野の中にハッとするほど鮮やかです。それから水仙にストック。来年の干支のおさるさんの福鈴も描きました。そして白地に紅の見事な縦絞りの入った椿。大輪でためいきの出る美しさです。残念ながらすぐに落ちてしまいましたが、落椿もまた風情がありそのまま描かれた人もいました。最後にいつものようにコーヒーを飲みながら、来年5月に予定している絵手紙展に向け、作品を増やしていこう!と話しました。

      テーマ:
  • 24 Nov
    • ビナンカヅラ

      Marikoです。秋の深まりとともに、野山で美しい実のものをたくさん見つけるようになりました。木や草の陰に赤い小さな実がキラリと見えると、とても嬉しくなります。毎年のことながらこの季節は、そういった実のものを描かないと終われないようです。先日見つけたのは野葡萄、山葡萄にノイバラ、ビナンカヅラ・・・。低いところには冬苺が可愛く光っています。美男葛・・・。実葛が正式和名のようですが、昔つるからとれる粘液を整髪料にしたところからきているそうです。粋な名前ですね。昔の男性はおしゃれだったのでしょうね。

      テーマ:

プロフィール

Mariko

性別:
女性
自己紹介:
筒井 麻里子(つつい まりこ) 香川県出身、高知県在住。 小学生より書道を習い始め、以来...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ランキング

総合ランキング
6166650 位
総合月間
363314 位
デザイン・アート
7852 位
四国・中国地方
5685 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。