ベビ待ちさんの【妊活】新常識 ~ホワイトストーンの温活~

学術博士白石昌之が考案した、天然水晶ホワイトストーン。
東洋医学とストーンセラピーを融合したカンタン冷え取りで、
冷え性や不妊を克服されたご愛用者の体験談、続々公開中です。


$不妊・冷え性にサヨナラ ~ホワイトストーンで人生変わりました~-耳挿入


「全身のツボが集まる耳やへそを温めるとカラダの調子が整う」という東洋医学の教えと、「良質な天然水晶は人体への温熱効果に優れる」という米国ストーンセラピーを融合したリラクセーションアイテムです。
『ホワイトストーン』の温熱効果は各方面で高く評価されており、2011年度から3年連続で、大分県庁が主催する【大分あったか節電キャンペーン】において、電気を使わない温熱グッズとして認定されました。



アメーバニュースでも
『ホワイトストーン』が話題となりました。

2012年5月29日には、日刊アメーバニュースにて、弊社が実施したご愛用者様を対象とするアンケート結果の概要が話題となりました。
アンケート回答者のうち、約9割が「妊娠しやすい体質に変わった」と自覚していること、そして、その約2割が使用開始から3周期以内に妊娠していることが注目されました。
ニュースの詳細は以下のアメーバニュースでご確認ください。

アメーバニュース ~愛用者の約9割が「妊娠しやすい体質に変わった」~


ホワイトストーンの詳細は以下のサイトをご覧下さい。
スローライフホームページはこちら





NEW !
テーマ:

イクメン?日記 【そんなわけありません(断言)】

 

 

株式会社スローライフの白石昌之です。

 

数日前、こんなニュースを見つけました。

 

「自然分娩の方が愛着」 小学校教諭、授業で

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000015-mai-soci

 

記事によると、東京都品川区立小学校の男性教諭が1月中旬、担任をしている5年生の理科の授業で、「自然分娩(ぶんべん)で子供を産んだ方が、帝王切開で産んだ時よりも親は愛着を抱きやすいという説がある」と発言したそうです。

 

 

これダメでしょ。

 

帝王切開がダメなら、我が家みたいな無痛分娩は論外?

 

 

そもそもこの発言は、出産に至るまでの妊娠期(10か月間)が全く考慮されてないんです。

 

男ってダメだねぇ・・・ 自分じゃ耐えきれないのに「出産とは苦しいほうがいい」なんて、ほんとごめんなさい。

 

 

でも仕方ないんです。

 

男は子供が生まれて、やっと父親が始まるんです。

 

それに対して、女性は子供がお腹に宿ってから。いやいや、妊活や不妊治療している時から母親が始まっている気がします。

 

このタイムラグがこの男性教諭の発言を生んだ気がします。

 

 

これからご出産される皆さん、分娩方法がどうであろうと、子供への愛着は変わりませんよ。

 

我が家は、長女が無痛分娩、次女は救急車の中で飛び出してきました(このお話はコチラ→次女は救急車の中で生まれたんです (@_@) )。

 

二人とも同じように愛していますよ。そんなもんです。

 

 

 

ホワイトストーン メディア紹介情報

 

おヘソに水晶!? 夏疲れボディの原因「腸冷え」を救う簡単温活2つ

http://beauty.yahoo.co.jp/lifestyle/articles/527522

 

体温+1℃を目指せ!万病の元「冷え退治」におすすめ温活グッズ3選

http://beauty.yahoo.co.jp/lifestyle/articles/295125

 

an・an SPECIAL 【痩せスイッチをオンにする!】

http://www.slowlife-hb.com/viva/viva_vol16.html

 

不妊体質改善!おヘソに入れるパワーストーンを試してみた

http://ima.goo.ne.jp/column/article/2767.html

 

雑誌anan 『腸に良いモノ』大賞

http://magazineworld.jp/anan/anan-editors-1895-3/

いいね!した人  |  リブログ(0)