• 16 Aug
    • 冬瓜とトウモロコシのスープ

      冬瓜は色も味も中庸で口あたりも火の入れ方でシャッキリしたり、とろっとした舌触りに、いろいろな活用できる楽しい野菜です。スーパーで見かけてもいつも通り過ぎていました、まず大きい、重い、でも使ってみるとすごく簡単、味は爽やかであっさり。江戸時代から冬瓜は夏によく食されていたようです、このスープは当時すごくモダンな料理であったようです。                        *江戸料理研究会*  とうもろこしと冬瓜のスープ  食材 2人分                とうもろこし 1本(小)       えび 2尾            冬瓜 2-3切れ             豆乳 200cc                塩、白コショウ適宜        水溶き片栗粉 適宜          木の芽 とうもろこしはスリッシュの上にのせて5分蒸す、えびは一緒にのせて2分蒸し取り出し、箸で身をほぐしそぼろにしておく。 とうもろこしの粒を芯からナイフでこそげとり、豆乳の半量加えてフードプロセッサーでなめらかになるまですりつぶす。 鍋に移して残りの豆乳を加え、塩こしょうで味を整え、豆乳を加えたら弱火で水溶き片栗粉を加えとろみをつけ火を止める。 器に茹でておいた冬瓜とえびををのせ、とうもろこし/豆乳をかけ木の芽を飾る。     * とうもろこし/豆乳と冬瓜、暖かくても冷やしてもおいし!

      テーマ:
    • しばらくぶりに復活です! 

      スリッシュの愛用者が増えて、お料理のレパートリーも広がってきました。受け皿が改良されて、ちょっと深くなり使い勝手も良くなりました。また、外国人のファンも増えて、スリッシュの超簡単な蒸すだけ料理は好評です。残念ながら私の、バックアップがどういうわけか機能せず、過去4年分の料理と写真のストックが飛んじゃいました....ので、心機一転また改めてストックを開始しました折々ブログをアップしていくつもりです!

      1
      テーマ:
    • 冬瓜のあっさり蒸しスープ

      この季節、爽やかな緑色の冬瓜が目を引きます、漢方では、冬瓜は寒の性質を持った暑気を払いの野菜、青いスイカみたいです。熱いスープでも、冷やして食べても熱を冷ます効果があり夏にふさわしい野菜、小さめの冬瓜で蒸しスープを蒸しながら下の鍋では下茹でを、一石二鳥の使い方をご紹介。冬瓜は、横半分に切って、底半分は皮付きのまま器と見立て、具を入れて、スリッシュの上にのせて蒸しながら…残り半分は、皮を厚めにむいて食べやすい大きさに切り、鍋に水と塩少々を加え茹でながら便利な使い方でもう一品、時短料理に活用できる。茹で時間:約15分竹串がスーと刺されば出きあがり、取り出して冷ましておく。冬瓜のあっさり蒸しスープ  食材  2人分           冬瓜   1/2   鳥もも肉 4切れ   しいたけ 2個   酒大 1   塩小 1/2   出汁 適宜 ねぎ 3cm 生姜 一片 冬瓜は中心のたねをくり抜き水を張り、塩、小1(分量外)を入れて10分ほどおきアク抜きして水を捨てる。 スリッシュの上に器に見立てた冬瓜をのせて、鶏肉としいたけ、酒と塩をいれ出汁を上までそそぐ、叩き潰した生姜を入れてネギをかぶせるようにおき、蓋をして40-45分蒸す。竹串がスーと通るくらいで火を止め、10分ほどそのまま蒸らすと美味しい。 ネギと生姜を取り出し、テーブルに出してスプーンで具をすくい器に取り冬瓜も皮を破らないようにすくい取る。 残った皮と果肉は切り分けて味噌汁の具にしても美味しい。

      テーマ:
  • 22 May
    • 具沢山のかた焼きそば

      焼きそば大好きと言うひとは結構多いと思います、私は、カリッと揚げた中華そばの上から、とろりと具がたくさん入った餡をかけたのがすきです、野菜を油通しして炒めるかわりにさ~と蒸して油分カットにも一役買いました。①食材 かた焼きそば 市販のものズッキーニ,カラーパプリカ,青梗菜、等好みの野菜豚肉切り落としむきえびチキンスープ,片栗粉ごま油 炒め用,仕上げに、②野菜を一緒にプラスチックの袋に入れて、ごま油をふりかけ、袋の口を締めて良く振って油を全体にからませておく、豚肉とえびはそれぞれ紹興酒または酒をふりかけ片栗粉をまぶして、ごま油を少々からめておく、③鍋に湯を沸かしておく、スリッシュの上に野菜をおきその上に豚肉を広げてかぶせるようにおく,よく蒸気の上がった鍋の上にスリッシュをおき中火で4分程蒸す。④その間に中華鍋にチキンスープを入れて沸騰させ、好みの味に仕上げておく、蓋を開けてえびを加え青梗菜をかぶせるようにおき蓋をして約2分蒸す。⑤中華鍋のスープ入が沸騰したところに先に蒸した具材を一気に入れて強火で手早く一混ぜし、片栗粉を入れてとろみをつけて、お皿に盛りつけるワンポイントメモ具材は蒸し過ぎないように、また野菜は薄味で水分を含んでいるのでチキンスープの味は少し濃いめにしておいた方が美味しくし上がります。

      テーマ:
  • 27 Apr
    • 具沢山のかた焼きそば

      焼きそば大好きと言うひとは結構多いと思います、私は、カリッと揚げた中華そばの上から、とろりと具がたくさん入った餡をかけたのがすきです、野菜を油通しして炒めるかわりにさ~と蒸して油分カットにも一役買いました。①食材 かた焼きそば 市販のものズッキーニ,カラーパプリカ,青梗菜、等好みの野菜豚肉切り落としむきえびチキンスープ,片栗粉ごま油②野菜を一緒にプラスチックの袋に入れて、ごま油をふりかけ、袋の口を締めて良く振って油を全体にからませておく、豚肉とえびはそれぞれ紹興酒または酒をふりかけ片栗粉をまぶして、ごま油を少々からめておく、③鍋に湯を沸かしておく、スリッシュの上に野菜をおきその上に豚肉を広げてかぶせるようにおく,よく蒸気の上がった鍋の上にスリッシュをおき中火で4分程蒸す。④その間に中華鍋にチキンスープを入れて沸騰させ、好みの味に仕上げておく、蓋を開けてえびを加え青梗菜をかぶせるようにおき蓋をして約2分蒸す。⑤中華鍋のスープ入が沸騰したところに先に蒸した具材を一気に入れて強火で手早く一混ぜし、片栗粉を入れてとろみをつけて、お皿に盛りつけるワンポイントメモ具材は蒸し過ぎないように、また野菜は薄味で水分を含んでいるのでチキンスープの味は少し濃いめにしておいた方が美味しくし上がります。

      テーマ:
    • えびシュウマイは食感が決めて

      シュウマイは蒸し料理の定番、世界中で食べられている前菜の一つだと思います。 ニューヨークに住んででいた頃、パーティではいつも出していましたが、あっという間に無くなってしまいます、作りおきができるのも便利で、食べやすい大きさといろいろなバラエティーの具材が使えるのも変化があって、今でもお家の定番です。① 食材 --シュウマイの皮(市販の物)青梗菜ひと株えび 200g 飾り用に8個残して残りは叩いておくいかのすり身 100g (魚のすり身でも良い)卵 1圧縮麩 砕いて大さじ2(パン粉でも良い)片栗粉 大さじ1ごま油 紹興酒又は酒各大さじ1鶏スープのもと小さじ1塩、胡椒 適宜② 飾りを省いた残りのえびは包丁の背を使って食感を残すくらいまでたたきつぶす、いかのすり身と合わせてねばりがでるまで混ぜ、溶き卵、麩を加え調味料を入れて良く練り合わせる。麩を使うのは、パン粉よりソフトで味の含みもまろやかで気にいっています。シュウマイの皮に具を入れて包み込み、えびをおきグリーンピースをかざります。スリッシュの上に青梗菜の芯の部分を置いて1分ほど蒸してしんなりしたところでその上にシュウマイをおきます。③シュウマイのうえに青梗菜の葉っぱの部分をふんわりと覆いかぶせて蓋をして中火で8分ほど蒸します。④葉っぱをかぶせることで、蒸気を閉じ込めてふっくらプリプリの食感が得られます、また、乾燥を防ぐ効果もあります。*ワンポイントメモシュウマイは直接スリッシュの上に置くと皮がくっ付いて破れたり蒸気の当たりが不均衡になりますので、必ず青梗菜等の葉野菜,ネギ、キャベツなどをしいて蒸して野菜も一緒に食べて下さい、栄養バランスも良く、美味しく蒸せるだけではなく後の洗いも簡単です。

      テーマ:
  • 12 Apr
    • 春野菜ーそらまめ

      春野菜がマーケットにでてくると、ついつい買い込んでしまいます。そんな時は蒸した後冷凍にしておけばちょっと便利な付けあわせになることがあります。それに自分で購入したものは露地栽培や有機野菜であったり、安心感もこのごろは大切。春野菜はなんといっても蒸して食べるのが一番美味しく鮮度も味も抜群です。中でも厚いジャケットを着たそらまめは大好物で、ダウンコートをぬぎ捨てるような快感!①そらまめは厚い皮を剥いたらすぐに蒸すのが美味しく食べるコツ、出来るだけ皮付きのものを買います。そらまめを皮ごと4-5分蒸してさめてから皮ごと冷凍したら美味しかったけど、冷凍庫の場所を取るのでこれは無駄でした。② 良く湯気の立った鍋の上において蒸し時間はほんの2-3分、火を止めても余熱でゆっくり蒸し続けます、中はホックリと、豆の食感を残して蒸し上げましょう。** 蒸し過ぎにご注意!

      テーマ:
  • 11 Apr
    • 桜とさくら餅

      今年の春はゆっくりとやってきました、梅と桜が競って咲くような寒暖の繰り返しの中で、人の暮らしも振り回される日々が続いています、それでも桜が咲くと本当に春が来たんだな--とやっぱり心も軽く外出も楽しくなり桜の木の下を何度も行ったり来たり--万歩計と言うのを買ったせいでもありますが ---- 遅い春に追いつくようにしばらくの冬眠からさめてブログも復活します!春になるとピンク色が突然きれいに見えると思いませんか?中でもさくら餅の色が和菓子屋さんのケースの中で誇らしげです、私もスリッシュで作って見ました、このとおり本当に簡単に出来ちゃいました。① 材料道明寺粉(桜色のもの)100g砂糖 大さじ1水 130ccこしあん 150g (10個に分けて丸めておく)桜の葉 10枚(薄塩の水に浸けて塩抜きしておく)② 水と砂糖を鍋に入れて沸かし沸騰したら火を止めて道明寺粉を入れ良くまぜてから蓋をして道明寺粉に水分が浸透するまで20 分程蒸らして置く。スリッシュの上に金網や小ざる等を置いて底上げして、水でよく絞った蒸し布を広げておき、その中に上新粉をほぐしながら広げて中心に2㌢位の穴をあけ蒸気の通路を作る、道明寺粉をくるむようにしながら回りの蒸し布を引き上げながら中心にかぶせて良く蒸気の上がったなべの上に置き20分くらい蒸す。③ 蒸し上がったらボールに取って、しゃもじやすりこぎ等で軽くつぶすように混ぜてから布巾をかけ蓋をして10分程蒸らしておく。熱いうちに10等分に分け、水で濡らした手の平に一個ずつ取り平たくのばして餡を押し込みながらくるむようにまとめて、用意しておいた桜の葉の上に葉脈が外側になるように中表におきくるりとまく。

      テーマ:
  • 06 Sep
    • 桃の記憶

      桃は旬の季節に食べるのが一番美味しいけれど、私は子供の頃体が弱かったので、小学校に入るまで新鮮な果物をを食べた事がない、いつも母が煮てくれたがその中で桃が大好きだった。今はスリッシュで簡単に蒸せるので、桃もリンゴも、イチジクも季節になるとスリッシュの蒸しもののレパートリーに加わる、日持ちするのも便利。これは、何も加えずももだけの自然な甘さと香りを楽しむ、ヨーグルトと一緒に朝食にぴったり。① 桃 2個堅めのしっかりしたもの桃は洗って2つに切り種を取ります、そのまま皮を上にして器にいれて、スリッシュの上にのせて約10分蒸して火を止めます、受け皿の上にのせてそのままさまします。蒸すことによって桃の水分が自然に出てきて、実がしまり、皮が簡単に剥がれるようになります。② ももの端からそっと皮を引くと自然にかわが剥がれてみずみずしいもものはだが現れ自然の色の美しさに目を見張る瞬間です。**最初にももと一緒に器の中に白ワイン、蜂蜜、などを入れて蒸すと大人の味を引き出します、冷蔵庫で良く冷しアイスクリームを添えておしゃれなデザート、ピーチメルバをお家ででうぞ!

      テーマ:
  • 05 Sep
    • スタミナアップのしょうが巻---プラス豚ロース!

      生姜の鶏肉巻が好評で、スタミナアップのバージョンが投稿されました。お肉の好きな方のお酒のおつまみに、大根おろしとポン酢で召し上がって下さい。食材 生姜 16本豚ロースうすぎり 8枚鶏ひき肉 200gしその葉 8枚塩 胡椒 酒 適宜ポン酢 1カップキャベツ1-2枚② しょうがは洗って表面をナイフできれいにこそげとり味が滲み込みやすいように少し切り目を入れる、水分を良く拭き取ってからビニール袋にポン酢を入れてしょうがを加え一晩おく③ 豚肉と鶏肉にそれぞれ塩、胡椒して、酒をふりかけ、鶏肉は良く混ぜてねばりをだす。④ 豚のロースを広げてしょうがにくるくる巻き付ける。⑤ 鶏肉を手に広げてしょうがを中心におき、にぎりながらまとめて上からしそを巻き付ける。⑥ スリッシュにキャベツを敷いてしょうが巻を並べ、蓋をして、良くわかした湯の入った鍋の上にお  き8分蒸す。** しょうがの肉巻はスリッシュで8本一度に蒸せます。材料が残った時は、しょうがはポン酢につけたまま2-3日おき、食べるとき肉を巻いて蒸します。

      1
      テーマ:
  • 04 Sep
    • ごうやのひき肉詰め

      今年は節電でゴーヤの緑のカーテンが町のあちこちで見られました、目に爽やかで人々の努力が伺われます、またゴーヤは暑い季節には体にもよく、あの苦みが人によっては敬遠されますが、ちょっと癖になる食感、肉や油と相性の良い季節の食材です。① ごうや 1豚ひき肉 150gタマネギ 中1/2個 すり下ろす(大さじ2強)棒麩 1/2本 大葉 6枚 生姜 みじん切り酒大さじ1 塩、胡椒 片栗粉適宜② タマネギは炒めず、すり下ろして酒と合わせて、その中に細かく手で砕いた棒麩を加えふやかして良く混ぜる。豚ひき肉に②を少しずつ加えて良くまぜ、みじんに切った大葉としょうが汁少々、塩、胡椒を入れてさらに良く混ぜてから6個にわけて丸めておく。③ ごうやは2cmくらいに切って中をくり抜く(グレープフルーツナイフを使うと便利)塩水につけてアクを抜く、ごうやの水を切り指で内側に片栗粉を薄くぬり肉を穴にこんもりと摘めます。④ スリッシュの上に置いて約12分蒸しごうやに火が通ったら火を止めて2分蒸らします。ソース:だし(チキン又は野菜ブイヨンなど)1/2カップ 、オイスターソース、酒(煮切り)大さじ1、砂糖小さじ1/2を煮立て味を整え仕上げにごま油少々で風味ずける。

      テーマ:
    • 米なすの肉みぞれがけ

      なすと言えば濃紺のピカピカひかった小振りな日本の秋なすしか知らなかった私が、アメリカで生活し始めたころ、このなすを見てびっくり、どうして食べるのか聞いてみると私の知人は誰も知りませんでした、その後、イタリー人やギリシャ人の友達の家庭で、なすのディップをごちそうになり、見たところでは、全くなすを想像するのが難しい、でもちょっと複雑な不思議な味はやみつきになる味、パンにはバターしかつけなかった習慣の新しい味発見でした。米なすも今は沢山マーケットで見かけます、お値段も買いやすいのでよく使います、今日は日本ふうにアレンジして蒸してみました....食材① なす1 豚のひき肉 80gねぎ 白い部分10cm、みじん切りにしておく生姜、ひとかけはすり下ろしておくごま油 大 2塩、胡椒 適宜片栗粉 適宜だし 150cc 酒、薄口醤油 各大1下ごしらえ:なすはたて半分に切り、切り口にナイフで切り込みを入れ皮にそっても切り込みを入れておく。② なすの切り口に薄く塩をふって10分くらい置いておくと、アクと水分が浮いて来るので、キッチンペーパーを数枚重ねて切り口を下にして置き水分を吸収させてから、なすの表面にごま油をぬっておく。③ なすを切り口を上にしてスリッシュの上に置き、蓋をして約15分蒸す、竹串がスーと通ればok。なすを蒸している間に、フライパンにごま油を入れてひき肉を炒め、ネギも加えて、肉の色が白く変わってきたら、だしを加えアクを取りながら少し煮詰めて酒と醤油で味を付け、片栗粉水溶き片栗粉で薄いたれを作りなすの上からかける、仕上げのしょうがのすりおろしが味を引き立てます。**蒸したなすは水分を含んでいるので味は心持ちからめに仕立てておく方がバランスがよい**みぞれは.スープ風に薄くし立ててあるが好みでとろみを強くするのも美味

      テーマ:
  • 27 Aug
    • とうもろこしが美味しい夏

      とうもろこしが美味しい季節は意外に短い、収穫後時間がたつと甘みも落ちる、取りたてのとうもろこしを蒸すのが一番、甘みはこれが野菜?と思う程.....かってシカゴに住んでいたころ、ローカルのファーマーが収穫祭で新鮮なともろこしをドラム缶に水を張ってどっぷり漬け込み、水をいっぱい含んだところでグリルで焼く、皮が焼け落ちたころ身がプリプリした蒸し焼きになっていて、それを溶かしたバターのはいった容器にどぼ~んとつけてくれる。こんな豪快な食べ方は中西部ならではと思うけどその味もまた忘れられない懐かしい記憶にある。とうもろこしは約8分、枝豆は6分で蒸し上がる、火から下ろして1分ほど蒸らした方がおいしい。とうもろこしはサマーサラダにも色を添えてくれる、枝豆との色も爽やか、とうもろこしは実をこそげとり、枝豆も鞘から外し、カラーパプリカやきゅうり、セロリなど好みの野菜をダイスに切ってバジルをちぎっていれたら、フレンチドレッシングでいただきます。

      テーマ:
  • 31 Jul
    • もやしのキムチあえ

      もやしなさ~っと手早く1品作れる便利な食材です、炒め物がポピュラーですが、蒸したもやしはシャッキとみずみずしい美味しさです、これはキムチであえたものですが、ナムルにしても良し、また、蒸したてにすりゴマ、ポン酢と柚子胡椒で.....5分もかからず1品完成です。材料 もやし1袋   キムチ100g 炒りごま、ゴマ油各適宜1 もやしはスリッシュの上で洗って水を切ります。気になる方は細い根を取ると見た目もきれいですが根にも栄養がいいぱい、私はそのまま使います。湯気の立った鍋の上にもやしを盛ったスリッシュをのせて蓋をして1分蒸します、火を止めて1分むらします。**蒸し過ぎにご注意、もやしが痩せてしまいます!2 蓋を開けて、もやしをざるに広げて手早く熱をとばします、うちわであおぐのも一案です、さめたら水分を絞りボールにとり、キムチは小さくきざんで汁を少ししぼってもやしをあえ炒りごまを加え、仕上げにごま油で香りをだします。もやしは水分を良く絞ってから使ういます、もし水っぽくなってしまったら、汁を捨てて、新たにキムチの汁を加えて味を整えます。

      テーマ:
    • 蒸し時間5分:鴨の胸肉の薫製とフレッシュ野菜

      夏はなるべく火を使いたくないので、5分くらいで出来るものにしています。鴨の胸肉の薫製は、いつでも手軽に買るし、日持ちもかなり良いので缶詰めやレトルトフードと一緒に買い置しておくと便利、暑くて外出したくない夏の日には野菜と一緒に利用しています。ソースはゴマだれ、ラー油と黒酢、アイオイソースなど和洋の好みで選びます。350243.jpg"食材:鴨の薫製1個 5mm位にスライスしておく   キャベツ2枚   パプリカ、赤,黄   ブロッコリー   タマネギ野菜はどんな野菜でもOKですが、固いものは薄くスライスするなど 5分以内で蒸せるものを選びます。   ① スリッシュの上にキャベツを敷いてその上に、一口サイズに切ったパプリカ、ブロッコリー、タマネギを盛り鴨肉をのせて蓋をし、良く沸騰した鍋の上にのせて4-5分蒸します。鴨の脂肪分が適度に落ちて肉がふっくらして、野菜にもほんのり薫製の風味がうつります。

      1
      テーマ:
  • 25 Jul
    • 葉しょうがと鶏のひき肉

      マーケットで葉しょうが目に飛び込んできました、しょうがは胃にやさしく夏バテにも良い食材です、ちょっと趣向を変えて暑い季節のビールの友にどうぞ。ポン酢や今はやりの食べるラー油を添えて---①材料 葉しょうが 10本   鶏のひき肉、200g (もも50% ささみ50% )   大葉 8枚   甘酢50cc 醤油50cc    酒 大さじ2はい   白だし 小さじ1   片栗粉少々② 葉しょうがは8本分15cmくらい茎をつけて切りそろえる、残りのしょうがはみじん切りにしておく、葉は蒸すとき使うので取っておく。しょうがはきれいに洗って、表面に浅い切り込みを入れ、甘酢と醤油に2-3時間つけ込んで味を滲み込ませる。③ 鶏ひき肉に、みじんに切りのしょうがを加え塩、胡椒で下味を付け、酒と白だし片栗粉少々加えてねばりが出るまで良くまぜて8つにわけておく。④ つけ込んだしょうがを取り出し、水分を拭き取り片栗粉を薄くまぶしておく,鶏ひき肉の半量を手のひらにに広げて大葉をのせ残りのひき肉を広げてでサンドイッチ状に挟みしょうがをくるりと巻き込む。⑤ スリッシュの上に先に取って置いた葉を敷きつめしょうがを重ならにないように置いて蓋をして約7-8分蒸す。

      テーマ:
  • 10 Jul
    • ハービヤングさん夫妻を尋ねて

      ハービーヤングさんのフロントガーデンは、ビロードのような深い緑に覆われて、眺めているだけでやすらぎをおぼえる、そこには震災などなかったようにハービー夫妻を癒してくれる自然がある。樹々の緑の中、さわやかな風の音、鳥の声を聞くだけで再生のエネルギーが感じられる、私達に一番必要なものそれが自然なのかも知れない。しかし、視線を返すと、3/11日の傷跡はそこここに爪痕を残し復興の歩みは遅い、資金の問題だけではなく、建材、大工さん、職人さんなど全てがたりない、物と人の確保に根気の夏を迎えている。倒壊を免れた家屋にはいまだ住むことは出来ないがどうにか修復の可能性があると言う、まずは本業の窯の修復から---ハビーさんはコンピューターでデザインした新しい窯に再建の意欲を燃やし前向きに歩き出した。ちょっとした余震で崩れそうな窯、益子には多くのこんな窯が修復を待っている...ハービーさんの家系はロシア系ユダヤ人で、おばあさんが夏になると好んで作ってくれたと云う冷たいスープ、作り方はとても簡単---だそうだ---水、食塩、クエン酸、ほうれん草、トッピングにゆで卵、薄切りきゅうり、最後にサワークリームをいれていただく、クエン酸の酸味とサワークリームのリッチな酸味は癖になりそうなはじめての味!さくさくとした食感のピロシキ、忘れていた懐かしい味、レンズ豆と野菜のミックスサラダ、どれもエスニックでヘルシーなランチの後は---お子様タイム?シャボン玉がこんなに楽しくきれいに見えた事はない、ワン君だけが退屈そう大きさを競うと-----ついにワン君がすっぽり入ってしまいそうな見事なシャボン玉が飛んだ!

      テーマ:
  • 06 Jul
    • ツナとトマトのサマーサラダ

      マグロのさくを蒸して冷凍しておいたものを解凍し、トマトのフレッシュさと合わせた夏向きのサラダ、ツナはドレッシングにアンチョビを加えて味をを引き立て、トマトはちょっと甘みを利かせたドレッシングを使って、フルーティーな味に仕上げ、2つの個性をたのしみに----材料:蒸したツナ200g 粗くほぐすイタリアンパセリはみじん切り、セロリ又は赤玉葱薄切りアンチョビ 2 フォークなどで良くつぶしてドレッシングにまぜるドレッシング:オリーブオイル、白ワインビネガー、ディジョンマスタード、塩、胡椒   完熟トマト 1個 湯むきし、切り分けて種を省くバジル、粗くきざむドレッシング:オリーブオイル、赤ワインビネガー/寿司酢を半々で、ハニーマスタード、塩、胡椒、ドレッシングはちょっと甘口に

      テーマ:
  • 21 Jun
    • ツナと新キャベツのサラダ

      ツナと新キャベツの相性は抜群、赤タマネギとレモンのさっぱりした味は、蒸し暑いこの季節に爽やかさを運んでくれる季節のサラダです。① 食材蒸したツナ 80g (又はツナ缶1)キャベツ2枚 千切りにする赤タマネギ1/4個 薄切りにするレモン 小さじ2オリーブオイル 大さじ2と1/2バジル 5~6枚は手で小さくちぎる、飾り用に1枝取っておく② ツナは器から出して、ほぐしておくレモン、塩、こしょう、とオリーブオイルをよく混ぜてドレッシングを作る。キャベツとタマネギをボールに入れて半量のドレッシングを入れて良く混ぜてなじませる、残りのドレッシングに、ディジョンマスタード(洋からしでも良い)小さじ1を加えて良くまぜ、ほぐしたツナにバジルを加えドレッシングをからめてよく味をなじませる。両方をざっくり混ぜ合わせて、器に盛付けバジルを飾る。コツはキャベツとツナはそれぞれ別々に味付けしたものを、食べる前に混ぜ合わせる。

      テーマ:
    • ツナ(マグロのさく)を蒸していろいろな調理に

      ツナ缶は最もポピューラーで、手軽に使える食材ですが、量が少なくフレークになっているのでもう少しボリュームがほしいと思いませんか? マグロのさくがスーパーなどで手頃な値段で手に入るのでココットの器に詰めて10-12分蒸すだけ、とても便利な保存食ができます。① マグロのさく、1-2まい,どうせなら2個作っておくと便利です。1個で約150gくらいできます。② ツナは器の高さに合わせて切り分けて、なるべくきっちりと詰めます。あれば、お好みのハーブ、ロリエやローズマリーをのせたり、2個作る時は1個はオリーブオイルを大さじ2程入れて蒸しておけば、2種類の料理に使えますので一挙両得です。    ③ スリッシュの上にのせて、ラップをかけ、蓋をして10-12分蒸します。蒸すと、自然に水分がでてきますので、水を加える必要はありません。蒸し過ぎないこと、身が固くなります。塩も胡椒も使いません、蒸してそのもの本来の味を引き出し調理の時に味つけます。冷えてから冷凍にしておくと便利です。 

      テーマ:

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。