有利子負債は持たない株のブログ

 このブログは、株や為替などの金融商品で大きな収入を得るためのブログです。



よければプロフィール内にある投票もしていってください。


テーマ:

帝国ホテル1

帝国ホテル2


↑のように、帝国ホテル買収劇で真のホテル王と呼ばれるようになった小佐野賢治が、それ以前に着々と他のホテルの買収を行っていました。そのひとつに富士屋ホテルがあります。村上春樹のダンス・ダンス・ダンスにも登場したこのホテル。


富士屋ホテル買収劇の小佐野賢治と対立する側に、横井英樹という人物がいました。


時は1949~1955年。

戦後復興に沸く日本の繊維業界から登場した無名の実業家横井英樹は、千葉銀行などの融資を受けて(約10億円らしい)老舗百貨店白木屋の経営権取得に向けて株の買占めを行います。

途中で同じく白木屋の買占めを行う日活と共謀して株の買占めを行いました。


しかし当然世論の批判は強く、世論に折れた日活は山一證券に株を売却します。


白木屋は政財界を味方につけ、横井包囲網を形成しました。


しかし横井はそんなことにはヘコタレずに、さらに買い増していきます。


そして過半数取得目前となった株主総会直前に白木屋経営陣から提訴されます。

横井の白木屋株名義が、横井の繊維会社のものとなっていたため独占禁止法の疑いがかけられたからです。

そして裁判は、負け。

白木屋株の議決権停止の仮処分が下され横井が保有する白木屋株は無価値となります。


しかし、横井はさらに買いましていき、白木屋株は高騰・・・

融資に次ぐ融資で、横井は自社の資産を切り売りしながら資金を用意しましたが、

次第に金利負担に耐えられなくなってきます。


横井氏不利の戦いが明確化してきたにも関わらず、横井氏は大物総会屋と手を組み、白木屋争奪戦は泥沼の戦いになります。


ここで起死回生のホワイトナイト??が横井氏側に登場します。

ホテル王小佐野賢治に国際興業の母体となった国際興業バスを譲った東急グループ総師、五島慶太氏です。

五島慶太は横井の助けを受けます。


しかし、条件として横井保有の白木屋株の買値よりもかなり低い価格で白木屋株を買い取ります。


これで白木屋は東急百貨店に名称を変え、今では東急百貨店もなくなり、コレド日本橋と名前を変えています。

現在、コレド日本橋にメリルリンチの日本本社があるというのも何かのつながりがあるのでしょうね。


結局、横井は稀代のグリーンメーラーとして有名にはなりましたが、大損をしました。

(損をしたということはグリーンメーラーではないですね・・・)


有名になった恩恵を受けて、横井氏は経済界でも政治界でも活躍できるようになります。

大損して得を取ったという形ですね。

ある意味、ホリエモンに似てますね。

今ではホリエモンに自民党・日本経団連が付いてるんですから・・・


壮絶な横井の人生はまだまだ続きます。

その後、次々と東洋精糖・帝国ホテル・日産火災海上保険の買収を行い。

東洋精糖買収時に乗っ取り屋と揶揄され、

昭和33年に暴力団「安藤組」に短銃で撃たれました。


これは「血と掟」という映画にもなった話だそうです。


安藤氏には「ビジネスマンはもっと良心的であるべきだ。」という異念があり、

横井氏には「敵を敵のままにしておいたらいかん、同志に変えてやるべきなんだよ」

という信念がありました。

その後二人は和解し、その映画のプロモーションで、なんと安藤氏と横井氏が共演し一緒に食事をとるシーンが撮られたそうです。

昔のヤクザはモノが違うといったところでしょうか。


バブル最盛期には、エンパイアステイトビルの所有者となり、世界的な有名人となりました。


横井氏はさらにホテルニュージャパンの買収も行っており、あの火災事故で33人の方が亡くなった責任を問われて、平成5年業務上過失致死罪の判決を受けて禁固3年の実刑判決を受けました。

業務改善命令を無視した違法経営も行っていたようです。


しかし、平成10年に85歳でお亡くなりになりました。


余談ですが、横井氏の孫にはZEEBRAがいます。

さらに横井氏の交友関係には、叶野姉妹も登場します。


横井氏が亡くなる1ヶ月前に、美容で有名になった鈴木その子さんが横井英樹の自宅を買い叩き安値で購入しています。

田園調布の580坪の土地を13億5千万円ですから、一坪232万円。

1㎡70万円ですから、高いけど安いんでしょうね。笑

良くわかりません。

しかし、何かの因縁があったことは事実でしょう。


鈴木その子さんの父親は有名な相場師、山中力松という人です。


この方の周辺も面白そうなので今後書いていきたいと思います。



面白かった?ポチッとよろしく。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

UFJの不良債権半減目標達成のため、帝国ホテルの筆頭株主の国際興業があげられました。

産業再生機構が再建を行うに当たって、サーベラスが国際興業の経営再建に手を上げました。

その再建に当たって国際興業の優良資産である帝国ホテル株を売却することが提案されました。


その売却先に、ゴールドマンサックスが手を上げました。


しかし、ここに日本の企業も手を上げた会社がありました。

プリヴェチューリッヒ企業再生グループとJブリッジです。


プリヴェは最近急騰してます。

何か理由がありそうな感じですね。短期資金だけだという話もありますが・・・

ファンドもしくは大仕手が仕込んでいるのは確実です。


しかし、最近プリヴェの大株主にゴールドマンサックスが登場しました。

これも、何か臭う材料です。


プリヴェはいわくつきの会社です。


帝国ホテルとプリヴェとゴールドマンサックス・・・

何か関係ありそうです。

今後の展開に注目ですね。


ポチッと押しておくれやす

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

1890年 11月3日 帝国ホテル落成開業。隣接する鹿鳴館 と密接な関連を持ったホテルとして井上馨渋沢栄一大倉喜八郎 の両氏を説いて有限会社帝国ホテル会社を設立させ建設したものである。wikipediaより


 帝国ホテルは創業から国営ホテルのような形でものすごく歴史があります。その歴史を辿って行くととても面白かったです。


何故、帝国ホテルに興味が沸いたかというと、最近急騰したからです。teikokuhoteru

最高値では4日間で70%くらい上がりました。


ホテル件数もグループで5つしかないホテルが急騰するには訳があると思い調べてみました。

最近の急騰の理由は当然わかりませんが、おそらく阪神電鉄と似たところの経営堅実・膨大な含み資産ということでの連想買いだったのかなと思います。


しかし、内部で何かあるかもしれません。


まだ大量保有報告書も出てないのでわかりませんが。。。



内部で何かあるかもしれないと思ったのは、帝国ホテルは乗っ取り買収の歴史があるからです。


まず最初に戦後の財閥解体の歪みによる乗っ取りが起きました。

金井寛人という人です。煙草王と呼ばれていたそうです。


ところで現在の帝国ホテルのメインバンクはみずほ銀行です。

みずほは、富士銀行・第一勧業銀行・日本興業銀行が合併して出来たものです。

なかでも、第一勧業銀行は第一銀行と日本勧業銀行が合併して出来たもので、日本勧業銀行は明治時代に松方正義が殖産興業政策によって誕生した国家戦略上に誕生した銀行です。


金井寛人は、戦後の財閥解体で流れ出た帝国ホテル株を買い集め筆頭株主になり、昭和28年に取締役会長になります。


そして時代は過ぎ去り、昭和40年代前半から小佐野賢治が、帝国ホテル株を買い集めはじめました。


小佐野賢治は、金井氏と同じように財閥解体を受けて流れ出た熱海ホテル、山中湖ホテル、強羅ホテルを次々に買収していった経歴の持ち主で、後にホテル王と呼ばれます。

そして強羅ホテル買収の際、強羅ホテルの売り主であった東急グループ創始五島慶太氏 に認められ、彼から国際興業バスを譲り受けます。(後に国際興業)


次にホテル王小佐野は、当然日本の最高級ホテルである帝国ホテルの会長の称号を得たいと思い株を買い集め、さらに昭和52年に金井寛人から帝国ホテル株を譲り受け、帝国ホテルの筆頭株主に躍り出ます。


しかし、帝国ホテルの筆頭株主に躍り出たホテル王小佐野氏は、帝国ホテルのメインバンクであるみずほ系第一勧業銀行と経営陣の対立に合い、会長職にはすんなりなれませんでした。

今も昔も、乗っ取り屋に拒絶反応を起こすのは全く同じですね。


徹底抗戦の構えを見せた帝国ホテルのメインバンクである第一勧業銀行は、昭和51年に原正雄氏を社長に送り込み抗戦。


ホテル王小佐野氏には何とタイミングの悪いことか、ここであの航空機受注賄賂事件であるロッキード事件が発覚します。


ホテル王小佐野氏は、ホテルの次は航空業界の王を目指し、既に日本航空・全日空の大株主にもなっていました。

田中角栄と小佐野賢治は非常に親密な仲でした。

小佐野氏らが証人喚問で繰り返し発言した「記憶にございません。」はあまりにも有名ですね。


ロッキード事件が発覚したことで、帝国ホテルの会長職をめぐる攻防戦は、ここで一時休止となります。


しかし、昭和60年に第一勧業銀行が送り込んだ原正雄社長と生え抜きの犬丸一郎副社長が対立しました。結局、小佐野氏と同盟を組んだ犬丸派が原派を追い落とし、ホテル王小佐野賢治はやっと帝国ホテル会長の座をとつかみました。


しかし、国際興業などほぼすべての不動産を扱いバブルを謳歌した会社はバブル崩壊で力をなくしたようです。

帝国ホテルの筆頭株主は現在も国際興業ですが、国際興業はUFJの不良債権半減目標達成のために、当然再建の対象となり、UFJは国際興業に対する債権3000億円を放棄し、国際興業の超優良資産の帝国ホテル株は売り出されました。

実質的には外資系のサ-ベラスが筆頭株主です。

ゴールドマンサックスも絡んでるとかいないとか・・・


ものすごく政治を感じ、最近の急騰は何かあるんじゃないかと思う次第です。

この話面白いので、何回か書きます。


ぽちっと押してくれ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。