有利子負債は持たない株のブログ

 このブログは、株や為替などの金融商品で大きな収入を得るためのブログです。



よければプロフィール内にある投票もしていってください。


テーマ:
と思うこと多いですよね・・・

このブログの検察に関する記事シリーズを見ると、自分は何もわかってないんだなと・・・

そもそも新聞やテレビ報道しか追ってない社会的な事件なんかは、実はプロパガンダ的な報道を読まされているだけで、事実は何もないということか・・・。新聞なんか読んでたら、時間の無駄になるってこと?裁判の判例文や議会の中継や議事録だけ読めってこと?そんなん無理だ。





日銀の資産買い入れ基金のREIT購入額は500億円。
まぁ現実的なところだ。

期待する市場とマスコミと政治家が悪い。あっ・・・、もう決め付けてしまった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日銀の白川総裁は、途中で帰ったらしい。

なので話の出来る人がいなくなってしまった大門先生の質問は、最低自給の引き上げという、いたって共産党的な質問ですぐに終了。

レンホーさんの写真集の件で審議止まったのは、本当に情けない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
結局ドル円は80円台へ突入。日本時間の午後に、先進国通貨は概ね適正水準との米国財務筋の発言で、為替相場は平穏に戻り(というよりも、元あった場所に戻った)、今はそれ以上の水準に戻ったような格好。

この動きを見る限り、かなりポジションが一方向に傾いてるのかなという印象。だって過剰流動性相場。株は上がるほうに賭けるのが普通だし、ドルは安くなるほうに賭けるのが普通。これが流動性相場の難しいところ。

結局我が持ち株は、ほとんど利が出ないところで売ることになりました。OTL
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2日前くらいからクレディスイスがおかしい。
強制解約?それとも他に何か?

10時半という時間帯も連想させるけど、今日は一体なんでしょう?
おそらく介入ではないような気もするけどねぇ。G20控えて。

円だけじゃなく、ドルもかなり動いてるから協調介入だったりして。
それだとかなり大きな材料となりそうだけども。。。
今日は異様に安い寄り後の動きで買って放置中。

(追記)
ガイトナー発言:「ドルは対円、対ユーロに対して、これ以上弱くなる必要はない」との発言から、ドル買いに動いた模様。やはり実弾の強調介入ではないっぽいね。

追記:さて、我が持ち株は売るべきか売らないべきか。

追記:日曜日の読売新聞一面のポールケネディ氏の寄稿といい、最近の米国財務関係筋の発言といい、本気でドル安政策から転換しようとしているのかな?でも、それでは景気は回復しないはずで、やはり財政出動を膨張させてもドル安で、結局は堂々巡りか。
こちらのドル安に対するエントリーは大変参考になります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6月末に日本全国の期待を背負った、W杯ベスト8を賭けた試合のPK戦で唯一外してしまい、10月中旬の日韓戦で、そのゲーム最初の悪質なプレーを警告できなくなってしまったため、試合を制御できなくなってしまった矢先に、肩の根元からボキっと折れるような骨折。全治は不明とのこと。。。

あんな折れ方見たことないからわからんけど、相当かかるだろう。

駒野選手ちょっと壮絶すぎる。
これまで以上に応援したくなったな。2006年の西選手のように。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
さっきの記事投稿して気付いたけど、アルゼンチンのスーパースター軍団のことを書いてないね。

メッシ・テベス・ミリート・イグアイン・マスケラーノ・カンビアッソ・ディマリア・ブルディッソ・エインセ。

泣く子も黙る布陣。何でこんな豪華メンバーが来日したんだ?と思うけど、そんなことも霞んでしまう素晴らしい日本代表だった。ついこの前まで、南米の国にはどんな遊びで来日されても勝てなかったよね。それがこの変化。自信ってすごいな。


メッシだって、イグアインだってスペースさえ与えなければ、何も怖くない。日本ボールの時に、相手の危険なスペースを確実に突いてれば、どんな相手でも何とかなる。

西野はん。参考になる部分たくさんありましたな~~。笑

ザック曰く、選手もコーチも同じ場所に2年以上いるのはよくないんだそうですよ。

同じ失敗を繰り返す監督は、いくら幸之助イズムがガンバに流れていようとも、、、ご自分で・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
噂どおりの超攻撃的布陣のシステムで、狙い通りの勝利。

しかも相手はアルゼンチン!!


システム考えるのが好きな人らしく、練習でもポジショニングを徹底的にチェックしていたらしい。その成果もいきなり現れていたようで、コンパクトに守ることを徹底していたね。今野が本来のポジションではないだけに、かなりミスしてたけど、それを除けばいきなりこれは行ける!!と確信できた。

今日のシステムはイタリアでよく見るカウンタースタイル。
だけども、カテナチオと言われた時代のベタ引きではなく、ラインは高め。

香川ってあんなに良かったっけ?ってくらいのキープ力で、もうザックジャパンでは外せない存在になったね。逆に遠藤が足が遅くて攻撃に絡めない分、ちょっとポジション的に厳しいかもだな。だが、彼は独特のリズムで危険地帯orチャンスゾーンに顔を出すのだけど・・・

今日はW杯でベスト16になった自信とは、これほどまでに大きいのかと感じた素晴らしい試合だった。

これに宇佐美も平井もまだ後ろに控えてるのが、日本が強くなった証拠。
宇佐美は、アジアユースで無双状態ですよ~~。次はA代表もユースも韓国戦。絶対勝て!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ドル円が81円台になって、テレビのニュース速報が流れましたが、他の通貨に対してはほとんど動いていません。それどころか、ドル円だってジワジワ動いてるだけで、急落・急騰はしてない。これでマスコミは騒ぐんだから、確信犯だな。

大騒ぎして、人々の目をテレビに向けたいだけ。


ニュース速報流すなら、文末に「我々は日銀に対して無理な要求を続けてきましたが、我々は間違いでした。すみません」と書け。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
イオンは上方修正。
ファミリーマートはなんと、過去最高利益ですか・・・

リストラ効果もあるだろうけど、内需系もしっかりしてきた。まだまだ脆い構造ではあるけど、生活に直結する分野の企業の発言力は何よりも大切だ。

為替介入は国力阻害だと声を大にして叫んで欲しい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて昨日のサプライズ包括緩和ですが、取引終了後の記者会見で様々なことがわかってきました。

バンド誘導は結果そうならざるを得なくなるという意味合い。元々0.09%辺りになることが多かった翌日物を、さらなる緩和により自然に低下させる上で、0~0.1以内に収めさせようというニュアンスのもの。まぁこれは良く考えれば当然の結末。

大きいのは別立ての基金創設で5兆円の資産市場介入でした。3.5兆円の国債購入とCP・社債・REIT・ETFの買取。REITをもし1・5÷4=3750億買ったとしたら、そりゃ市場は暴騰しますわな。これに気付いた人は昨日のうちに不動産関連を買って、寝て待つだけで一年間分くらいの利益を出せたでしょう。私は気付かなかった。なんせ日本のREIT市場は全然大きくなく、3~5兆円程度。そこに日銀による資産買い入れ介入が来ると、公金で10%を超える資金流入になる。あたかもバブルです。まぁ実際はこんなに買うことはないはずだけど、期待度として市場筋をドヒャー化させるには十分な政策でありました。あとはこの5兆円を拡大するしか日銀の仕事は残ってないと思われます。預金付利は1%のままなので、実際にBM辺りは増えないかもしれないことを考えると、資産市場にアメを与えることが第一の目的だったのかもとも見れますね。

さらにデフレ化におけるインフレターゲット導入のようなニュアンスもある。CPI1%になるまで緩和するという発言。不動産ディーラーはもう怖いもんなしな状態になるかもですね。

しかしこれで、バーナンキFRB議長をケチャップ買ってヘリコプターマネーを降らせる馬鹿と言えなくなりました。日銀はさらに踏み込んだわけですから・・・そして、日本の金融政策は終わったと思います。また正常化されるのはいつになるでしょうか。
馬鹿な人間に圧力かけられて、やらんでも良いことをやらされる。日銀は独立した機関なのにです。

政府と付き合わなくていいように、大阪へ帰ってくるべきと思いますが、経済対策について責任を擦り付けるのに適切な日銀を政府が手放すわけないわな。。。CPI上がって所得が増えない韓国型不況にならないように祈りましょう。奴等にゃ無理か・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。