ロシア連邦宇宙局(Roskosmos=ロスコスモス)はモスクワ時間7月14日12時36分(UTC協定世界標準時同日06時36分、 日本時間同日15時36分)、ロシアの小型地球観測衛星「Kanopus-V-IK-1(カノープス5-IK-1)」と、日本のウェザーニューズ社(Weather News Inc.)の極北地球観測衛星「WNISAT 1R」など、合わせて73基の超小型衛星を搭載したソユーズ2.1a/Fregat-M(Soyuz-2-1a Fregat-M)ロケットを、カザフスタン共和国のバイコヌール・コスモドローム宇宙基地(Baikonur Cosmodrome)LC-31/6発射施設から打ち上げた。


Soyuz-2_1a打ち上げKanopus-V

打ち上げられたロケットは順調に飛行し、打ち上げから1分57秒後に4本のスタートオンブースターが切り離され、その2秒後にスタートオンステージ本体を分離。

その後、第1段エンジンは2分50秒間燃焼し、次いで第2エンジンに点火、少しずつ予定された軌道に修正しつつ、4分1秒後に分離。


Soyuz-2_1aとKanopus-V他73衛星
第2エンジン分離後、頭でっかい先頭フェアリングが分離され、
ダンゴ状態で組み合わされ積まれた73基の衛星が姿を現す。

分離から5秒後、第3段となる上段のFregat-Mに点火、最初に唯一の投入高度である「Kanopus-V-IK-1(カノープス5-IK-1)」のために、6分36秒間燃焼したのち、高度523km x 478kmの低軌道に投入された。

Fregat-Mは更に燃焼と上昇を続け、高度600kmで米国のCubeSat「Flock-2k」48基を除く全ての超小型衛星が分離された。

最終的に搭載された全ての超小型衛星が、予定の軌道に投入されるまで7時間41分23秒を要し、打ち上げは成功した。


Kanopus-V-IK-1
小型地球観測衛星「Kanopus-V(カノープス5)-IK-1」

ロシア連邦宇宙局の地球観測衛星で、衛星バスには「Kanopus」専用バスを使用し、打ち上げ時質量473kg、高度510km ×510kmの太陽同期軌道(SSO)で運用される。

「Kanopus-V-IK-1」には、これまでの「カノープス5」には無い、新しい赤外線センサーに加えて、パンクロマティック画像処理システム(PSS)、多スペクトル感応性画像処理システム(MSS)、プロトタイプ・マルチスペクトルスキャナー・ユニット(MSU-200)を搭載していいる。
0.52~0.85ミクロンの波長で動作するパンクロマティック画像処理システムは、2.5メートルの分解能を有する。

多スペクトル感応性画像処理システムは、0.54~0.60ミクロン、0.63~0.69ミクロン、0.69ミクロン~0.72ミクロン、および0.75ミクロン~0.86ミクロンの4つのチャネルで動作し、地上解像度は12メートルとなっている。

設計寿命は、少なくとも5年間動作するように設計されていると言う。


ウェザーニューズ北極海海氷観測衛星WNISAT-1R
ウェザーニューズ社の北極海の海氷観測衛星「WNISAT-1R」

「WNISAT-1R」は、質量40kgの超小型衛星で、2013年11月に打ち上げられた「WNISAT-1」の代替衛星です。
北極海航路の気象状況を監視するために、可視光と赤外線の両方の機器が直接観測可能で、二酸化炭素濃度をモニターする大気観測レーザーが搭載されている。
ウェザーニューズ北極海の海氷観測衛星WNISAT-1R



●このほかに搭載された衛星は次の通り。

Flying-Laptop(ドイツ/技術衛星/120kg)
TechnoSat(ドイツ/技術衛星/18kg)
NORSAT-1、2(ノルウェー/科学技術・交通監視衛星/30kg)
CICERO-1、2、3(アメリカ/地球観測衛星/合計115kg)
Corvus-BC-1、2(アメリカ/地球観測衛星/10kg)
MKA-N-1、2(ロシア/地球観測衛星/10kg)
NanoACE(アメリカ/ナノ技術衛星/5kg)
Mayak(ロシア/ナノソーラーセル技術衛星/4kg)
Iskra-MAI-85(ロシア/技術衛星/2kg)
Ecuador-UTE-YuZGU(ロシア、エクアドル/技術衛星/1kg)
Lemur-2-42~49(アメリカ/地球観測衛星/4kg)
Flock-2k-1~48(アメリカ/地球観測衛星/5kg)

ドイツFlying_Laptop
「Flying-Laptop」(ドイツ/技術衛星/120kg)


USA_Corvus-BC-1
「Corvus-BC-1、2」(アメリカ/地球観測衛星/10kg)


flock-2kシリーズ
「Flock-2k-1~48」(アメリカ/地球観測衛星/5kg)





ペタしてねペタっとペタボタン
AD