-----------------------------------------------
【魔法のコトバ(464)】
すぐ飽きてしまったり、続かない人のもう一つの
原因は、その過程を工夫することができない。
つまり好奇心やイマジネーションが
足りないんだと思います。

 ― アテネ五輪アーチェリー競技銀メダリスト 山本 博氏のコトバ(『日経ビジネス アソシエ 』07年1月16日号より)
-----------------------------------------------


現金3万円が当るスピードくじ♪♪



→ 本から言葉を見つけよう!  ←


山本さんのおっしゃるとおり、
過程を工夫することで、
同じ作業でもすごく楽しむ事ができたり、
成長することが出来たり、
飽きずにやることができたりしますよね。


仕事でも工夫の気持ちをいつも持って、
取り組んでいきたいですね!!

いつもクリック ありがとうございます!!


★お奨め!★

ベストセラー作家ジェームス・スキナーが贈る、「成功の9ステップ」(無料小冊子プレゼント中!)

AD

-----------------------------------------------
【魔法のコトバ(449)】
営業は、あくまで人の心を動かす仕事。
だからこそどんなジャンルであっても、
人間の本質が描かれている本こそが、
私にとって究極の営業本なんです。

 ― ビジネスクリエーター 藤原 毅芳氏のコトバ(『THE21 』07年1月号より)
-----------------------------------------------


営業本って本当に多くのものがありますが、
やはり営業の本質を捉えているものが、
読んでいて、納得しますよね。


私も営業をやっていますが、色々頭を使って
お客さんにどのように喜んでもらえるか考える日々。


でも、それを考えていたり、
実際お客さんに喜んでいただく瞬間が
ビジネスの一番の楽しさだったりするんですけどね^^

今日も是非あなたのクリック をお願いします音譜

AD

-----------------------------------------------
【魔法のコトバ(429)】
ストーリーを語る。それで見込み客との心の絆を築き、
商品を効果的に販売したり、そのための環境をつくったり、
読者をコピーに引き込んだりすることができる。

 ―ジョセフ・シュガーマン氏のコトバ(『10倍売る人の文章術』より)
-----------------------------------------------


私自身、現在広告の仕事をしていますが、
商品の魅力をほしい人に伝えることって
本当に難しいことだなと実感します。


魅力を伝えるためには、まず読んでもらうこと。
そのためにストーリーで読ませてあげるという視点も大事ですね。


1クリックお願いします(@^-゜@)v
     ↓   ↓   ↓
   ブログランキング

AD

-----------------------------------------------
【魔法のコトバ(427)】
考えるのは“タダ”です。私は今85歳。
毎日様々なことを考えるくせのおかげで、今も頭は明快です。

 ―三井ハイテック会長 三井 孝昭氏のコトバ(『日経ビジネス』06/11/6号より)
-----------------------------------------------


考える癖というのはとても重要ですよね。

普段の仕事も受身でやっているのと、
些細なことでも頭を使って工夫するなど、
能動的に行うのとでは、違いが出てくるんじゃないかなと思っています。


1クリックお願いします(@^-゜@)v
     ↓   ↓   ↓
   ブログランキング




-----------------------------------------------
【魔法のコトバ(419)】
コミュニケーション上手であれば人間関係が円滑に進むように、
ネーミングがいいと、広く認知され、ブランド力向上や
売り上げに貢献します。

―あいであのちから研究所代表 佐藤 真介氏のコトバ(『Gainer』11月号より)
-----------------------------------------------


佐藤さんのおっしゃるとおり、世の中に一人歩きする
「ネーム」は、すごくパワーを持ちますよね。

私自身、新しいビジネスを始めたいと考えているので、
ネーミング力もつけていかなきゃなぁ、と改めて考えさせられました。


私自身、ネーミングのために心がけていることは、
普段から色々なモノに興味をもって、実際に五感で感じることかな。
意外なところで、色々な事象が結びつくことがあるんですよね!


皆さんもそんなご経験ありませんか?





-----------------------------------------------
【魔法のコトバ(414)】
くだらないメモ書きでも、後で見直した時に
それが思いかけない発想を呼び起こすこともあるんだよね。
時間が経っても腐るわけじゃないんだから、好きなことを書いておけばいいんです。

― 糸井 重里氏のコトバ(『日経ビジネス アソシエ』11/7号より)
-----------------------------------------------


手帳についてのコメントですが、メモ書きが趣味の私なので(笑)、

本当に共感しましたo(^▽^)o


私は1冊のノートに仕事のことやプライベートなこと、

思いついたことなど、集約するようにしています。

公私は別で・・・という考え方もありますが、

プライベートのメモが仕事の役に立ったり、その逆があったりと、
くだらないメモが意外なシナジーを生んだりするんですよね。

ちなみに来年の手帳は、ほぼ日手帳にしました♪
この手帳にも多くのメモを書いちゃうんだろうな~☆



-----------------------------------------------
【魔法のコトバ(391)】
行き帰りの電車の中で、日によって変わる売り場レイアウトのコピーと
売り上げを書き込んだ紙を何度も何度も見比べました。
雨の日と晴れの日の数字の違い、ディスプレーした服の色によって
変わる売れ筋アイテムの傾向など、いろんなものが見えてきたんです。
――リトルニューヨーク 吉田かおり氏のコトバ(『PRESIDENT』05/10/3号より)
-----------------------------------------------

ビジネスで成功する際に必要な、「日々積み重ねること」
がこのコトバに凝縮されているなって感じました。


すごいアイデアや仕組みが発見できるのも、日々それと向き合う
ことの積み重ねなんですよね。
もちろん、がむしゃらに狭い意味での仕事でなく、
業務以外も含む広い意味で。


積み重ねが必要と感じた方は

------------------------------------------------

【魔法のコトバ(374)】

書くことがアイデアを広げていくんです。

企画としてまとめたり、実現可能かを検討するのは後でいい。

箇条書きにする人もいますが、人間の脳は放射線型で

考えるのに適しているようです。

――加藤 昌治氏のコトバ(『CIRCUS』9月号より)

-----------------------------------------------


私もメモはかなり習慣づけています。

加藤さんのような素晴らしいマインドマップは作れていないけど、

書くことによって頭を活性化させているってういのはあるような気がします。


このコトバも、実際にこうやって自分の手で打っているからこそ、

感じることや改めて考えることも多いですしね。


私のヤル気を引き出すクリックを今日も宜しくお願いします!


加藤 昌治
考具―考えるための道具、持っていますか?

-------------------------------------------------

【魔法のコトバ(360)】

つまらないと思われたらそれで終わり。

だから酔っ払っててもどこかで面白いことを探してます。

――菅 賢治氏のコトバ(『BIG Tomorrow』8月号より

-------------------------------------------------


1日1クリック 是非お願いします。

『恋のから騒ぎ』や『ガキの使い』など数々の面白い番組を手がける菅さんのコトバ。

やっぱり飲み会の席でも常に面白いアイデアを見つけるべく、

努力されているんですね。

私も以前紹介したコトバ「人生はネタだ」をモットーに、

飲んでいるときも色々考えたりするな~。

アール・アンド・シー
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 6 山崎VSモリマン 男と女の真剣勝負 笑いの神が降りた奇跡の名場面集
-------------------------------------------------
【魔法のコトバ(357)】
企画書は映画の予告編だ!
――藤村 正宏氏のコトバ(『「企画書」つくり方、見せ方の技術 』より

-------------------------------------------------

1日1クリック 是非お願いします。


最近、企画書を作る時間が増えたので、『「企画書」つくり方、見せ方の技術 』を読んだ。

この本、結構面白く、ためになるところも結構多かったかな。


これまで何冊か読んだ企画書ノウハウ系の本を読みましたが、

ちょっと切り口&発想の仕方が違う感じかな。


つかみ&その気にさせるテクニックや見栄え・展開術など、

事例を交えて一気に読めました。


いくつか参考にしてみようかな。


☆今日のコトバの種☆


藤村 正宏著
「企画書」つくり方、見せ方の技術―誰も教えてくれなかった超テクニック 1発でわかるSUPERラーニング