-----------------------------------------------
【魔法のコトバ(396)】
私は「絶対にこうしなさい」とは言いません。
その代わり、「どうするんですか」と問い詰め、
「誰が」「何を」「どのように」という3点を必ず指示します。
――トリンプ・インターナショナル・ジャパン社長 吉越 浩一郎コトバ(『日経ビジネス アソシエ』05/10/4号より)
-----------------------------------------------

やりたいことがあったとき、それを具体的に噛み砕いていく作業って

ものすごく大事なことですよね。

私も仕事をする際に心がけなくては・・・。


納得した方は


AD
-----------------------------------------------
【魔法のコトバ(395)】
インドの人口11億人のうち、アクティブな消費活動を
行っているのは、わずか2億5000万人にすぎない。
「わずか」といっても、これは米国の総人口とほぼ同じ
数字なのだが(笑)
――タタ・グループ総代表 ラタン・タタ氏のコトバ(『週間ダイヤモンド』05/9/17号より)
-----------------------------------------------

インド最強の財閥の総帥である、ラタン・タタ氏のコトバです。

私はまだ足を踏み入れたことがありませんが、ものすごく興味がある国ですね~。


中国へは3回ほど行きましたが、実際に行ってみると、それまで持っていたイメージ

がかなり覆されたので、おそらくインドもそうなんだろうな~。

とりあえず、この人口のスケールは凄い・・・。


インドに行ってみたい方は

AD
-----------------------------------------------
【魔法のコトバ(394)】
恋人に、「俺の事、本当に好きなの?」って聞かれた。
一瞬、止まった。同じ事を歴代の恋人にも、聞かれた事がある。
好きだから一緒にいるのに、好きだから、飲みにいくのに、
好きだから、デートするのに、どうして、わざわざ聞くのだろうか?

――nonpono氏のコトバ(ブログ『鬱と犬 』より)
-----------------------------------------------

ご無沙汰しちゃってごめんなさい。

さてさて、今日のコトバは以前コメントいただいたnonponoさんのブログから。


この台詞、言った経験も言われた経験もあるなぁ~。

確かに、好きだから一緒に行動しているから、

わざわざ聞くな、って感じなのかも。


でも、妙な不安感に襲われたり、とにかく相手に直球で聞いてみたくなる時が

あるんですよね~。

ちゃんと好きって言ってほしい時とか、自分に気持ちが向いていることを

確かめたいときとかね~。


いつも一緒にいても何を考えているか分からなくなってしまうくらい、

人の心って言わないと分からないものだから、

たまにはいつもと違う気持ちのキャッチボールしてみると距離がもっと縮まるのかも。

(いつもだと辛いけどね^^;)


同じ経験したことある方は

AD
-----------------------------------------------
【魔法のコトバ(393)】
会社や日本の経済に責任を求めてストレスを溜めるよりも、
自分が一番楽になる方法を探した方が良い。
従業員にも、自分を大切にできる人になってほしい。
――トアロード支配人 永末 春美氏のコトバ(『PRESIDENT』05/10/3号より)
-----------------------------------------------

これは本当にそう思いますね。
ビジネスパーソンが、飲み屋でそういうことを愚痴っているって
よくも悪くも日本の文化のように語られますよね。


私は、もっと前向きな話が飲み屋の席でできる新しい文化を
日本に作りたいな。まずは、自分から。



賛同してくれる方は

-----------------------------------------------
【魔法のコトバ(392)】
人はプラスの言葉を発しているときの方が絶対に魅力的。
――おとりよせネット代表 粟飯原 理咲氏のコトバ(『日経ウーマン』10月号より)
-----------------------------------------------

この言葉にものすごく共感しました。
私もまだまだ未熟者ですが、

少なくとも普段からプラス思考を心がけるようにしているんです。


やっぱり言葉がプラスだと、話していても元気にさせてくれますよね♪

とはいえ、辛いことがあるとつい、マイナス思考になったり、視点が狭くなったり
しがちなので、気をつけなきゃなぁ~。


コトバが響いた方は

-----------------------------------------------
【魔法のコトバ(391)】
行き帰りの電車の中で、日によって変わる売り場レイアウトのコピーと
売り上げを書き込んだ紙を何度も何度も見比べました。
雨の日と晴れの日の数字の違い、ディスプレーした服の色によって
変わる売れ筋アイテムの傾向など、いろんなものが見えてきたんです。
――リトルニューヨーク 吉田かおり氏のコトバ(『PRESIDENT』05/10/3号より)
-----------------------------------------------

ビジネスで成功する際に必要な、「日々積み重ねること」
がこのコトバに凝縮されているなって感じました。


すごいアイデアや仕組みが発見できるのも、日々それと向き合う
ことの積み重ねなんですよね。
もちろん、がむしゃらに狭い意味での仕事でなく、
業務以外も含む広い意味で。


積み重ねが必要と感じた方は

-----------------------------------------------
【魔法のコトバ(390)】
周りが求めているような自分であり続けながらも、
少しずつ、新しい魅力を自分にプラスしていきたい
と思っています。
――米倉 涼子氏のコトバ(『日経ウーマン』10月号より)
-----------------------------------------------

新しい魅力をプラスするという考え方、見習わないといけないな、と思いました。
これって、日々、色々なものを吸収しながら、自分を進化させていく
イメージですよね。
私も「変わる」のではなく、「進化する」自分でいたいものです。



今日はランキング何位かな?

-----------------------------------------------
【魔法のコトバ(389)】
ベトナム最高~♪
――馳 崇のコトバ
-----------------------------------------------

ベトナムから帰ってきました。
いや~、最高でしたね~。


昼からビールを飲んで、ショッピングして、美味しいもの食べて、観光して、
マッサージして・・・とあっという間に終わってしまった感じです。


普段と違う空気を吸ったり、新しい風景に触れるとやっぱり気持ちが
リフレッシュしますね^-^

また是非行きたいなっ。


グルメブログ では、現地でのグルメレポートを掲載中です♪

ご興味あればご連絡くださいねっ。



今日もクリックよろしくです♪

-----------------------------------------------
【魔法のコトバ(388)】
見たものをすべて取り込んで新しい形を作っていく。
それがベトナム人の得意技。
それが料理に対して人々をすこぶる器用かつ
聡明にし、何より一人一人が創造性にあふれた、
魅力的な国にしているのだ。
――石井 良佳氏のコトバ(『アジア語学紀行 旅するベトナム語 』より)
-----------------------------------------------

食文化ってその国の特性や、その国をつくる人々の個性が

反映されていますよね。


広大な地球の中の、小さな島国の東京という都市しか普段は見えない

私だからこそ、そういう文化に触れたとき、感じるものも多いんだと

思います。色々な文化や人々に出会うって人生を豊かに変えますよね。


・・・ということで(?)明日から夏休みをとってベトナムに行ってきます♪

随分とインターバルをおいていて言うのもなんですが、

ブログの更新もちょっとお休みです♪


今度はベトナムのご報告しようかな^^


ではいってきま~す。


今日はランキング何位かな?


tomoe氏のコトバ

------------------------------------------------
【魔法のコトバ(387)】
色々な要因がその人を美しく変化させていくのですが、
そのどれも「キレイになりたい」気持ちを
根本に抱えていることが一番重要だったりするのです。
――tomoe氏のコトバ(『Living like TRAVERING 』より)
-----------------------------------------------

今日ご紹介するのは、お友達でブロガーでもあるtomoeさんのコトバです。

女性の美しくなる秘訣についてコメントしているのですが、
彼女の言うとおり、まずは気持ちが大事ってすごくわかる気がしますね♪


今日はランキング何位かな?