-------------------------------------------------
【魔法のコトバ(347)】

苦しみの中で、進化することが出来れば、
新たなる《強さ》を身に付けることができる。
 ――(『月間サッカーズ』8月号より)

-------------------------------------------------


We are Reds!


・・・って失礼しました。今日は私の大好きな浦和レッズの鈴木選手の

コトバを紹介します。


どんなに成功する人でも、チームでも、必ず苦しい場面って

巡ってきますよね。


そういうときこそ、自分らしく頑張ることができれば、新たなステージ

上がることができる、そう思うんです。
私もレッズとともに、少しでも進化できれば嬉しいな♪


今日は赤くて失礼しました^^;


☆ぽちっと投票 ボタン☆


AD

-------------------------------------------------
【魔法のコトバ(346)】

時々、喫茶店にみんなで集まって雑談するんですけど、

その中にネタの元になる素材が転がっている場合がある。

そのときは、まるで獲物を狙うような目で会話を

聞いてますね(笑)

 ――吹越 満氏のコトバ(『東京カレンダー』8月号より)

-------------------------------------------------


アナタの1クリック が励みになります。今日もよろしくねっ!


アイデアはがんばって絞りだすときもあれば、

ささいな会話の中に突然ぱっと生まれるときもありますよね。


頭のなかで色々なモノが組み合わさっている・・・と理屈で

は分かりますが、やっぱりこれって一つの神秘だな~って思います。


でもそれも全ては自分の行動から生まれるもの。

何もやらなければ、その神秘も生まれないわけですからね。


☆ぽちっと投票 ボタン☆

タイトル: SF サムライ・フィクション

AD

-------------------------------------------------
【魔法のコトバ(345)】

組織で目標を立てる一番のメリットは、

目標を立てなければ起こらなかったことの

実現可能性が最大化することです。

 ――大橋 禅太郎氏のコトバ(『すごい会議 短期間で会社が劇的に変わる!』より)

-------------------------------------------------


アナタのポチッ が力になります♪


大橋さんの『すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!

を読みました。

ご本人の体験談と、会議の効率的なやり方が同じ本で別々にまとめられていて、

なかなか面白いつくりでした。


会議についての手法論のみが書かれているものよりも

説得力があるな~、と関心させられました。


組織として動くときも、目標を共有化することで、組織の力が

何倍にもなることってありますよね。


複数のメンバーで進めていくわけですから、

単に個人で目標を立てて行動するよりも、難しいことも多いと思います。

だからこそ、本で述べられているとおり、会議の重要性を考える

必要がありますよね。


著者: 大橋 禅太郎
タイトル: すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!

☆ぽちっと投票 ボタン☆

AD

-------------------------------------------------
【魔法のコトバ(344)】

アッコにおまかせ!

 ――『アッコにおまかせ』の合言葉?

-------------------------------------------------


アナタの投票 が力になります♪

昨日、TBS系アッコにおまかせの観覧に行ってきました♪

当たり前ですが、改めて思ったのが、1つの番組に

本当に多くの人が携わっているんだな~、ってこと。


生放送を段取り良く進めていけるのも、裏方の皆さんの

おかげなんだな~、って現場にいって改めて感じました。


縁の下の力持ちとはまさにこのことですね。

それにしても安田美紗子さん、顔ちっちゃかったなぁ。。。


☆ぽちっと投票 ボタン☆



-------------------------------------------------
【魔法のコトバ(343)】

見た目は普通の家族、

その正体はスーパーヒーロー一家。

 ――『Mr.インクレディブル』のキャッチコピー

-------------------------------------------------


アナタの投票 が力になります♪


最近、『Mr.インクレディブル』を見ました。

ディズニー映画はあまり好んで見ないことが多かったのですが、

この作品はなかなか面白かった♪


人権問題や裁判沙汰など、現代社会の問題がヒーローにも・・・。

現実的な設定が結構面白いですよね。

話もテンポ良く進んで、心地よく見れました^^


 Mr.インクレディブル


☆ぽちっと投票 ボタン☆

-------------------------------------------------
【魔法のコトバ(342)】

自分には才能がないから無理だって?

自分の未熟さを、生まれつきの才能のせいにするなんて、

両親に失礼なやつだな。
 ――高橋 歩氏のコトバ(『人生の地図』より)

-------------------------------------------------


このコトバに納得!


才能ってコトバは良い意味でも悪い意味でも使われること、あるんじゃないかって

思います。

自分の持つ力に限界を思う手段として、無意識のうちに使用してしまうと、

可能性をつぶしてしまうことにもなりかねないですよね。



☆ぽちっと投票 ボタン☆


著者: 高橋 歩
タイトル: 人生の地図

-------------------------------------------------
【魔法のコトバ(341)】

当時藤田氏と日高氏は週110時間労働を自らノルマに

課していたのだ。

これは、月曜日から金曜日まで18時間、

土日にそれぞれ10時間の仕事をして達成できる時間である。
 ――天才工場編『これがIT長者の儲け方だ』より

-------------------------------------------------


このコトバに納得!


大きな会社へと成長を遂げたサイバーエージェントも、創業時は藤田さんを

含め大変な努力があったんですよね。


スタートアップ期に自らにノルマを課すほどがんばって、

働き続けたからこそ、仕事もメンバーもついてきたんだと思います。


投票 ボタン☆


著者: 歩足立, 天才工場
 これがIT長者の儲け方だ!―M&A時代の「勝ち組」企業に学ぶ最新ビジネス法則

-------------------------------------------------
【魔法のコトバ(340)】

よいアイデアを手に入れる最良の方法は、

多くのアイデアを手に入れることだ。
 ――ライナス・ボーリング氏のコトバ(『発想する会社!』より)

-------------------------------------------------


このコトバに共感!


多くのアイデアに触れていることで、視野が広くなり、新しいアイデアのヒントに

なる場面は多いですよね。


あとは、同じものごとを多角的に見ること。

それが大事なのかもしれません。


投票 ボタン☆


★馳 崇のお奨め本★
著者: トム・ケリー, Tom Kelley, ジョナサン・リットマン, Jonathan Littman, 鈴木 主税, 秀岡 尚子
 発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法

-------------------------------------------------
【魔法のコトバ(339)】

転職して年収が上がっても、

それに安住しては

いけない

頭の中のグレードアップをするべきです。
 ――インスパイア代表取締役 成毛 眞氏のコトバ(『PRESIDENT』05.7.4号より)

-------------------------------------------------


このコトバに共感!


「頭の中のグレードアップ!」

いい言葉だな~、と感じました。


日々周りの環境も、自分の求められることも変わっていく日々。

頭の中に常に栄養を与えてあげることって、すごく大事ですよね。


投票 ボタン☆


著者: 成毛 眞, 日経MJ
成毛式・実践マーケティング塾

-------------------------------------------------
【魔法のコトバ(338)】

番組と関係なさそうな話が、徐々に企画のタネと

なって、番組の構想に固まっていく。

こんな面白い仕事があるなんて―

 ――放送作家 カニリカ氏のコトバ(『THE21』7月号より)

-------------------------------------------------

このコトバに納得!


ラジオやテレビ番組の企画が、全く関係なさそうな話から生まれていく・・・。


ビジネスプランや企画案など、ビジネスで生まれる新しいアイデアも

同じように一見関係のないようなことから生まれること、ありますよね。


これは仕事!これはプライベート!などとあまり分けすぎず、

フラットな気持ちで目の前の出来事に向き合うことで、

面白い企画やアイデアが意外な瞬間に生まれてくるのかもしれませんね。


ちなみに私は仕事や勉強、プライベートのメモなどを同じメモ帳

記載することで、新しいアイデアが生まれてます。

へぇー


投票 ボタン☆