弓がないなら、未練もない。

テーマ:

どうやら、「モンスターハンター3」には弓がないらしい。

2で弓使いだったオレとしては、残念な気もするが、


逆に言えば、

「Wiiを持っていなくて、ゲーム自体をプレイできない」

という未練も、これでスッキリなくなったように感じる。


弓がないモンスターハンターには、興味がない。

Wiiを持っている、弓使いじゃない人。

ご勝手に盛り上がってくださいな。


オレは降りました。

デモンズソウルがプレイできただけで、今年はもう満足っすね♪


AD

日本のRPG

テーマ:
女神転生やFFシリーズとかをのぞいて、

日本のRPGは、おしなべて敬遠してしまう。


多分、大学で西洋史とかとっちゃったのが影響してるんだろう。

ドラクエに代表される、日本RPG特有の、

「なんちゃって中世・お伽噺」的世界観に、ものすごく違和感を覚える。


「デモンズソウル」なんかは、例外的にハマった。

あれはまるで、洋ゲーのような、

「らしい(=納得できる)」中世的世界の香りを持つ、

ゲームだったと思う。


あああああ。それにしても、

いいRPGが出ないかなぁ。

FF13には期待してるけど、

あれ出るのって、冬(予定)だっつー話だし。。。


・・・とかなんとか言って、

結局ゲームに未練たらたらなオレでありましたw
AD

PS3が壊れた

テーマ:
修理費は一万六千円以上。

ハードディスクのデータは、全てフォーマット。

もちろんゲームのセーブデータも。。。


うわぁあああん(泣)


せっかく、デモンズソウルで、レベル100まで上げたのにぃ!

全部、全部やりなおしなんて、そんなことってあっていいのか!


・・・これからはしっかりバックアップを取るようにしよう・・・
AD

デモンズソウル

テーマ:
Demon’s Souls(デモンズソウル)



難しい。だが面白い!

ああ、ゲームって本来、こうやって何度もトライ&エラーしつつ、

舌打ちしつつ、悲鳴をあげつつ、コントローラーぶんなげつつ、

ちょっとずつ先へ進めていくもんなんだよね、

と、忘れていた最近久しくわすれていたアノ感覚を思い出させてくれる、超傑作です。


プレイしてると、ともかく死ぬ。死ぬ死ぬ死ぬ。


死んで考え、考えては再開し、また死ぬというww

とんでもないマゾゲーです。


でもハマる。

こんなにハマったのは、モンスターハンター(無印)以来ですわ。


当分これで楽しめそう♪

サファリな日々

テーマ:
本日のコーデ。




プペ世界ではお祭りイベント中だっつーのに、何でこんな恰好してるかと言うと、


AFRIKA


・・・というゲームを、今やっているからなのです。


えっとね、内容はね、

こーんなところ(↓)に行ったり、




はたまた、写真をとるために奮闘(↓)をしたり、




・・・という感じのゲームなのであります。


発売前情報では、面白さは未知数だったんだけれども、

やりだしたら、これが結構ハマる!

今まで興味なかったけれども、写真撮影って、楽しい!


・・・というわけで、プペもサファリ・ファッションなのでありました。

(これでカメラ・アイテム(高い!)があったら、完璧なんだけど・・・)

動物たちを刺激しないように、地味な配色にいたしました(笑)

SIREN: New Translation

テーマ:




皆さんは恐い映画とかゲームとか好きですか?

俺はね、大好きです(笑)


というわけで、夏にふさわしいこの一本、買ってしまいました。

シリーズパート3だけれど、パート1よりも簡単になったかな?

まあ、どっちにしろ恐いのは一緒なんですが。


今回も、日本の土着的恐怖が満載です。その手が好きなオレには、堪りません。


そうそうあと、音楽(テーマ歌)が良い!

オラショ(隠れキリシタンの祈りの歌)を呪わしくしたみたいな歌詞が、美しくも恐い!

サントラも買っちゃおうかなぁ♪

モーターストーム

テーマ:


ソニー・コンピュータエンタテインメント
MotorStorm~モーターストーム


凄いです。

PS3のグラフィックパワー全開です。

いちいちぶつかる度に、悪路を走るたびに、部品が外れたり、汚れたり、ぶっ壊れていく様が、超リアルであったりします。

車種によって走るテクニックも変わって、それもまた面白い。

一番の快感は、ニトロ爆発させて加速するときかなぁ。

何となく「カリオストロの城」の最初の、カーチェイスシーンを連想してしまいます(笑)

やっぱり思い切って次世代機買ってよかったぁ。

「ぼくのなつやすみ3 -北国篇-」

テーマ:




早速プレイしております。

やっぱり綺麗ですね。画面が。

うちのテレビはS端子までしか繋げないんだけど、それでも綺麗なのがよくわかります。

フルハイビジョンで一度見てみたいなぁ。


肝心のゲーム内容は、いつもと同じ、「団塊ジュニアのあの頃」の夏休みです。

北海道弁が中々耳に新鮮かな。