2012年06月29日(金) 20時15分05秒

閣僚の国会答弁は、嘘を言ってもいいんです。菅前内閣による閣議決定は継続しています。

テーマ:朝鮮民主党
現在、国会での閣僚の答弁には「嘘」が許されています。
とんでもない状況にあるのです。
売国奴・菅直人前内閣総理大臣の手によって、「閣僚は嘘の答弁をしても良い」という閣議決定がなされ、未だ撤回させるに至っておりません。



鳩山前総理大臣のいわゆる政治資金収支報告書コピー問題に関する国会答弁が虚偽ではないかという、2010年(平成22年)12月2日付、自民党の森まさこ参院議員による質問主意書の提出が発端です。

これが、その質問主意書です 
第176回国会(臨時会)
質問主意書
質問第一七〇号
閣僚の国会答弁に関する質問主意書
右の質問主意書を国会法第七十四条によって提出する。
  平成二十二年十二月二日
森  ま さ こ
       参議院議長 西 岡 武 夫 殿
-------------------------------------------------------------------------
   閣僚の国会答弁に関する質問主意書

 閣僚の国会答弁に関して、以下のとおり質問する。

一 国会における閣僚の答弁は、国会の権能と国政における重要性に鑑みて、高度の政治的・道義的責任のもとになされるべきものである。閣僚が国会において虚偽の答弁を行った場合、この閣僚にはどのような政治的・道義的責任が生じると考えられるか。

二 鳩山前総理大臣は、平成二十二年三月十日の参議院予算委員会で自らの資金管理団体の会計資料について、コピーはないと答弁していたが、鳩山前総理大臣の所属する民主党の顧問弁護士により、同会計資料のコピーを鳩山前総理大臣が所持していた事実が明らかにされた。このことにより、鳩山前総理大臣の国会答弁が虚偽によるものである可能性が高くなった。現内閣は、虚偽の答弁をなした鳩山前総理大臣にどのような政治的・道義的責任が生じると考えるか。

  右質問する。


しかし
2010年(平成22年)12月10日、バカ菅内閣は閣議で、あろうことか、閣僚が国会で虚偽答弁を行った場合の政治的・道義的責任について、「答弁の内容いかんによる」とし、必ずしも責任は問われないとする国会そのものを冒涜する驚愕の答弁書を閣議決定したのです。


これが、菅内閣によって閣議決定された驚愕の答弁書である。
第176回国会(臨時会)
答弁書
答弁書第一七〇号
内閣参質一七六第一七〇号
  平成二十二年十二月十日
内閣総理大臣 菅   直  人
       参議院議長 西 岡 武 夫 殿

参議院議員森まさこ君提出閣僚の国会答弁に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。
-----------------------------------------------------------------------

   参議院議員森まさこ君提出閣僚の国会答弁に関する質問に対する答弁書

一について
 お尋ねについては、答弁の内容いかんによるものであると考える。

二について
 御指摘の鳩山前内閣総理大臣の答弁については、政治家個人としての立場で、その政治活動に関して述べたものであり、政府としてお答えする立場にない。



2011年(平成23年)1月26日、今度は、同じく自民党の山谷えり子参院議員によって、菅内閣で閣議決定された答弁書は政治倫理綱領に照らし極めて問題であるとして撤回を求めた質問主意書を提出しました。

第177回国会(常会)
質問主意書
質問第二三号
閣僚の国会答弁に関する質問主意書
右の質問主意書を国会法第七十四条によって提出する。
  平成二十三年一月二十六日
山 谷 え り 子

       参議院議長 西 岡 武 夫 殿
--------------------------------------------------------------------

   閣僚の国会答弁に関する質問主意書

 政府は、森まさこ参議院議員から提出された「閣僚の国会答弁に関する質問主意書」(第一七六回国会質問第一七〇号)の「閣僚が国会において虚偽の答弁を行った場合、この閣僚にはどのような政治的・道義的責任が生じると考えられるか」との質問に対し、平成二十二年十二月十日、「答弁の内容いかんによるものであると考える」との答弁書(内閣参質一七六第一七〇号)を閣議決定した。
 一方、政治倫理綱領では、「われわれは、主権者たる国民から国政に関する権能を信託された代表であることを自覚し、政治家の良心と責任感をもつて政治活動を行い、いやしくも国民の信頼にもとることがないよう努めなければならない」とされている。
 先の答弁書は、政府及び国会議員に対する国民からの信頼を損ねるものであり、早急に撤回すべきと考えるが、政府の見解を示されたい。

  右質問する。


しかし、バカ菅は、「問題なし」として撤回を拒否しました。

第177回国会(常会)
答弁書
答弁書第二三号
内閣参質一七七第二三号
  平成二十三年二月四日
内閣総理大臣 菅   直  人

       参議院議長 西 岡 武 夫 殿

参議院議員山谷えり子君提出閣僚の国会答弁に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。
------------------------------------------------------------------------

   参議院議員山谷えり子君提出閣僚の国会答弁に関する質問に対する答弁書

 御指摘の答弁書(平成二十二年十二月十日内閣参質一七六第一七〇号)は、閣僚が国会において虚偽の答弁を行った場合に当該閣僚にどのような政治的・道義的責任が生じるかについては、当該答弁の趣旨、内容、当該答弁に至った経緯等を踏まえ、個別具体的に判断されるべきであるとの趣旨を述べたものであり、「国民からの信頼を損ねるもの」であるとの御指摘は当たらず、同答弁書を撤回する必要はないものと考える。




我々は、現在の野田内閣のもとでの国会質疑にも虚偽答弁が許されていることを忘れてはいけません。
こんな閣議決定を大問題にしない日本のマスコミは、その責任において共謀共同正犯である。
民主党を政権の座から引きずり下ろさないと、日本は終わります。

民主党なんて、皆~んなで嘘をついて政権を取った詐欺政党ですから今さら驚くことではありませんが、国会での閣僚答弁に「嘘も方便」のお墨付きを与えるなんて言語道断です。

国民を愚弄するんじゃないぞ!

民主党への一票が亡国への選択であったことを、投票した国民は猛省すべきです。
もはや民主党政権下では、この閣議決定を覆すことは出来ません。

ということは、民主党から政権を奪還してこの閣議決定を破棄するしか、我が国に議会制民主主義を取り戻すことは出来ないのです。

民主党の独裁政治を打倒しましょう!



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。