2012-05-14 22:40:00

OTOWAと言う男。

テーマ:FLOATIN' LAB
さて、やっと腰を落ち着けてブログが書ける。

先日発表して、おかげさまで絶好調のこちら

「One By One」

MV



携帯はコチラから。「One By One」MV

ですが。


この曲のビートは、去年末に募集をかけて、そこから選ばれたビートなのです。

最初に言っておくけど、先の選考会の動画でも言ったとおり、

僕は本当に

「誰が送ったビートか」

を知らない状態で、選びました。

そして、その結果選ばれたビートを作った男が、

「OTOWA」

と言う男でした。



そう、懸命なHIPHOPヘッズはとっくにご存知の、既に「LBとOTOWA」と言うグループで名前を売っていた彼でした。

(最近出たLBのフリーミックステープ、つまり無料のアルバムはこちら→ LB KOJUNダウンロード

と言うか、何なら俺も、会った事も、ビートもらった事もある男でした。


しかし。

ここで改めて言うけれど、

僕は本当に

「誰が送ったビートか」

を知らない状態で選んだのです。



…もちろん、とは言えど、色々聴いていて、
「あっ、このビートあの人っぽいなー」
「お!?これはあいつっぽいぞ??」

なんて言うのはいくつか有ったのですが…

このビートに関しては、

「OTOWA」

と全く気付かずに選びました。


もっと言えば…

今回のビートは、俺が「OTOWA BEATS」にそれまで抱いていた印象とはちょっと違う物でした。


確かに、上物のキラキラ感や、丁寧且つ暴れん坊な所は言われてみればオトワっぽいんだけど、


あんなクラシカルなビートを作るタイプのビートメイカーだとは思っていなかったのだ。




…そりゃさ、

「無名のビートメイカーが最優秀作品!まさかの16歳!」

とか、

「ビートメイク暦2年の58歳が選ばれました!」

とかに、なったら面白いなぁ、っていう気持ちも有ったんだけど、


無心で選んだ結果が

「OTOWA」

だったし、

やはり、才能ももちろんだけどビートメイクに賭ける気持ちとか時間とか、今彼が持ってる
「勢い」

「風」

みたいな物が強く作用したのだろうね。

統括すると、今回のビート選考の決め手になったのは、

「何か派手且つ壮大で、所謂HIPHOPのクラシック感と、新しさの、絶妙なバランス」

みたいなところです。オトワ、弾けてました。


ちなみに余談ですが、

後で知った事なのだけど、最終選考で200から10数曲に絞り込んだ時、オトワは唯一応募した3曲全てが残っていました。

オトワマジでパネェ!!

((((;゚Д゚)))))))

しかも、その3曲とも雰囲気全然違ったんだよね。

マジですげぇなぁ、オトワ…


…もちろん、

他の応募者の方もすげぇクオリティ高くて(これまた選考会の動画で言っていたけれど)、しかもエネルギーがハンパ無くて、ホントに選ぶの大変でした。

応募してくれた皆、気にかけてくれた皆、

本当にありがとうございます!

そんな色んな気持ちが乗っかって、

「One By One」

が産まれた、と思っています。

おかげさまで最高のLABになりました。


最後に、オトワの写真でも貼ってお別れしたいのだけど…

残念ながらオトワは顔出しNGなので…


photo:01




One By Oneで最後にRecしてくれたDAGさんとの写真でお別れしましょう。

最高のフェイシング!

DAGさんはOne By Oneのメンツでは唯一年上で、初めて出会ってからもう五年くらい、
何度もイベントで一緒になって、時にマイクで、時に背中で
「漢」
を見せてくれた方です。


実は、JAZEE MINORを除く全ての参加MCと僕との間には、何かしらの
「ドラマ」
があるのですが…

その辺は近日公開のメイキング動画で語っているので…


今日はこの辺で。

今週はどんどんと更新して行きますよう!

よろしくメカドッグ!!バウワウ!


はらっ!
AD
SKY-HI(日高光啓)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Amebaおすすめキーワード

Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み