1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月26日(月) 21時00分27秒

Sugar's Campaign

テーマ:何でもレビュー

Sugar's Campaign(シュガーズキャンペーン)

彼らの名前を知ったのはラジオで流れてた曲を聴いて

 

 

生ベースじゃないけど、“いなたい”ベースライン、

80-90年代を感じさせるメロディ、、、、なようで新しさを感じ、一発で好きに。

でもってこのMV。好きだー!

 

調べたらバンドとかじゃなくて、 「Avec Avec」ことTakuma Hosokawa と、「seiho」ことSeiho Hayakawa の2人による都市型ポップユニットとのことで。

んもう、この個性ありまくりな二人、最高。大好きだー。

 

 

で、先日リリースされた2ndアルバム『ママゴト』

これがどの曲もすげー良くて絶賛リピート中なのだけど、

リードトラックの「ママゴト」

井上苑子ちゃんがボーカルとして参加して話題なこの曲、

曲調がもろ90年代・・・!が、古臭さは感じないのは何故だ。。。

 

 

ZARDやら、達郎やらとわかりやすいポップエッセンスを「これでもか!」と注ぎ込んでて、

でも嫌味になってないのは流石の一言。

この先どんな楽曲を出して聴かせてくれるのか、楽しみで仕方ないっす。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ママゴト [ Sugar's Campaign ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2016/9/26時点)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年01月10日(土) 21時39分12秒

Markbass F500

テーマ:何でもレビュー
Markbass F500、、、

それは小型軽量ベースアンプヘッドの雄、
マークベースF1の後継機種、、、
~ イチゴイチエ / Blue Note ~-F500







ということで、何故か、、、、



~ イチゴイチエ / Blue Note ~-Markbass F500
手元にあるMarkbass F500を最速レビュー


ツマミは左から
Gain・LOW・LOW-Mid・LOW-High・VLE・VPF・Line Outレベル・マスターVol


F1と比べると、コントロール(ツマミ)の数は同じです。
しかし、HighのコントロールがLowのツマミの外側に付き、
代わりにラインアウトのレベルコントロールが付いてます。




最大の変更ポイントはLOW・LOW-Mid・LOW-Highのコントロール。

~ イチゴイチエ / Blue Note ~-Markbass F500
(ビルダーのサイン付シールが貼ってありました。笑)

一番左はGain(入力レベル)のツマミ。


その隣から、LOW&High・LOW-Mid・LOW-Highとツマミがあるのですが、
真ん中の黒い部分と外側の黄色い部分がそれぞれ独立して動きます。

外側のツマミでブーストorカットさせたい周波数を選び、
内側のツマミでそれをブーストもしくはカット。
(Lowツマミ部分のみ外周がHighになっている)


いわゆるパラメトリックイコライザーってやつです。


これで細かい調整が可能に!!


ハコによってはブーストしたポイントと、
回ってしまう帯域の周波数が同じ事がごく希にあるのですが、
そんな時もこれで対応できそうです。


LOWは40Hzを中心に、Highは4.5kHzを可変。
LOW-Midは100Hz~800Hzで可変。
LOW-Highは700Hz~6kHzとのことです。

Line Outのツマミが増えた事でHighのコントロールが無くなったと思ってましたが、
Lowツマミの外側に持ってきたのね・・・。やるな・・・・・・。




背面画像
~ イチゴイチエ / Blue Note ~-Markbass F500





~ イチゴイチエ / Blue Note ~-Markbass F500
最大の変更点、その2


F1でもラインアウトは付いてましたが、基本ポストEQだったので
仮にラインアウトでPA卓などに流していた場合
全面のツマミでいじった周波数帯域の変更もそのまま反映されてしまう状態でした。

今回は、スイッチ一つで、ポストEQかプリEQかが切り替えられます。


ライブでは基本的にマス工房のD.I.を使っているので、
Markbass本体のラインアウトを使うかは微妙なのですが
これはちょっと試してみたい感じです。





~ イチゴイチエ / Blue Note ~-Markbass F500
あと、マスターボリュームのツマミを引っ張ると出音がミュートされます。

最近は専らアンプ直なので、チューニングの時にはかなり重宝しそうです。
(チューナーアウトは勿論ミュートされません)


次回はスタジオで使ってみた感じの感想を気が向いたら(笑)UPします。




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008年08月19日(火) 11時20分28秒

イズミ 鼻洗浄機 INC7000-W

テーマ:何でもレビュー
先日購入した「鼻洗浄機(器?)」
購入の際に詳しい画像とかも無く、
正直な所かなり思い切った買い物だったので
誰かの参考になるように簡単ながらレビューを・・・。



全体はこんな感じ。
多分想像される感じよりずっと小さめです。
イズミ 鼻洗浄器
左が電源スイッチ。
右側は水流の調整が無段回で可能です。




高さは約20cm弱。奥行きは約11cm(スイッチ等突起含まず)
イズミ 鼻洗浄器


横幅も約20cm程(水を入れる取っ手を入れると25cm位)
イズミ 鼻洗浄器




水を入れる容器。
イズミ 鼻洗浄器

300ccと500ccにラインがあります。
また、ぬるま湯に塩を入れた生理食塩水を使うのですが、
それの温度を表すシール(サーモラベル)も側面に貼ってあります。




白いフタ(カバー)を取ると塩を入れておく容器があります。
またノズルを立てて収納でき、ノズルヘッドも同じく立てて収納可。
イズミ 鼻洗浄器
軽量スプーンも付いており、洗面所なんかに置いたまま使用できます。



ノズル部分。
イズミ 鼻洗浄器
手元で水のON・OFF(出/止)が可能です。

持つ部分と管から先は取り外し可能です。
また先端部分(ゴム製)も取る事ができます。

替えのノズルが1本付属してます。



※使い方※

ぬるま湯を用意。
個人的には33度前後が一番良い気がします。
(側面の温度のシールの目安くらいですが)


300ccのぬるま湯の場合、付属の軽量スプーンで
塩を3杯入れ、よくかき混ぜます。
(500ccなら5杯です)


スイッチを入れます。
動作音は結構大きめ。
ブイーン、て。笑

電動のポンプなので仕方ないですね。
深夜にやるのはちょっとうるさいかも。


流水の力は最大にしてもそれほど強くはありません。
(あくまで個人的な感覚ですが)
まあ水の噴射を当ててホコリや細菌を流すわけではないので、
普段は真ん中位で使ってます。



洗面所にうつむき加減になり、片方の鼻にノズル先端を当て
手元のスイッチを「出」にすると「ジョベベ~」っと水が出てきます。

しばらくすると反対側の鼻の穴から水がダラダラ~っと出ます。
なんとも不思議な感覚。


300ccの水(生理食塩水)を使用した場合、
両鼻でだいたい1分くらいは流せます(水流量によりますが)。


使った後はかなりスッキリします。
両鼻の通りが良くなるのは気持ちいいです。
花粉、アレルギー、ハウスダストに悩んでいる人にはオススメの製品かと。




amazon等で6000円前後のようです。
イズミ 鼻洗浄機
イズミ 鼻洗浄機 INC7000-W



イズミ精器ホームページ
http://www.izumi-products.co.jp/



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。