2017年04月08日(土) 20時00分00秒

映画「怒り」

テーマ:映画レビュー&備忘録

DISCASより届いていた、「怒り」を鑑賞。

 

----あらすじ----

ある夫婦が惨殺された現場に「怒」の血文字を残して未解決となった事件から1年。

犯人は「山神一也」という人物だと判明するものの、逃亡を続けています。

疑わしいとされるのは3人の男。千葉県・房総の田代哲也、沖縄の離島にいる田中信吾、東京都内の大西直人。

それぞれの地でそれぞれの男に出会う人々の葛藤を描く群青劇。

----------------

 

ネタバレなし

 

まったくの予備知識なく見てみました。

原作も未読。

 

 

犯人と疑わしき3人の男。

彼らに関わる人間たち、そして事件の事を知り、

「あの男はもしかして・・・?」となるまでを

東京、千葉、沖縄の三か所を舞台に話は進みます。

 

 

これが非常にわかりにくかった。

序盤からそれぞれの場所を舞台に話が進み、

かつ、けっこう場面の切り替えが早いので、

いずれこの人達(東京や千葉)が交錯するのかなー?と思わされる。

 

それもミスリードなのかもしれませんが、頭の中を整理するのに必死でした。

整形の話も出てくるので、

「もしかしてこれ全員同じ人物?」とか考えさせられたり。

 

 

それにしても出演陣が超豪華。

 

千葉編
槙洋平…渡辺謙
田代哲也…松山ケンイチ
槙愛子…宮崎あおい
明日香…池脇千鶴

 

東京編
藤田優馬…妻夫木聡
大西直人…綾野剛
薫…高畑充希
藤田貴子…原日出子

 

沖縄編
田中信吾…森山未來
小宮山泉…広瀬すず
知念辰也…佐久本宝

 

 

妻夫木聡がゲイという設定で、綾野剛と絡むのですが、

「うおー!そこまでやりますか!!」とさすがでした。笑

 

 

さて、話の土台には「リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件」の

市橋達也氏の事があって、整形や離島での逃亡など、

脚色はされているだろうけど、そのまんまやん、、、といった印象。

手配の写真も、これ本物流用してない?というくらい劇似。

沖縄編の知念辰也の名前も同じ「たつや」だし。

 

実際の事件そのものを「事実を元にしたフィクション」とするならともかく、

違う題材で話を広げた感が少し不満(≒不快)でした。

 

 

タイトルの「怒り」

これは外に出される感情ではなく、

犯人かも、と疑う自分自身への「怒り」という表現は良かったです。

 

ただ、犯人の「怒り」が何だったのかはよく分からず。

(一応第三者によって劇中で提示されてますが)

モヤモヤとした不完全燃焼な感が残る映画でした。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

keisukeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。