好きなことを好きなだけ



髑髏好きの小生が日々の思いつき、感動、徒然などを 
ハンバーガーや、美味しく食べた物などを添えてお送りします   
まだまだ若輩者ですが、どうぞ宜しくお願いいたします


テーマ:

ある日の晩は、用事でお出掛け六本木

帰る前にはのんびり飲んで食べたいねぇ と


そんな六本木で飲んできました、というお話です


向かったのは帰り易い、駅から近く至便なお店

六本木交差点から、ちょっと歩けば見つかります



翔1


「創作割烹 翔」

交叉点から六本木一丁目方面へ向かうと直ぐ

ビルの地階になりまして、落ち着いたエントランス



翔2


店内は和の雰囲気で装飾され、照明も穏やか

個室が多数あって、ゆったりのんびり出来そうです



翔3


卓上も綺麗に整えられ、嬉しいなぁ なんて

この日はゆったり飲りたく、コースを注文


ついでに飲み放題つけちゃって、ゆるりスタート



翔4


「アサヒスーパードライ エクストラコールド」

氷冷提供用の専用サーバーに、コンディションに拘るもの

お陰様でキュッと冷えた心地好い喉越しと、お味も上々


喉を冷やして潤したなら、お食事スタートですよ



翔5


「蟹と本いくらの冷製茶碗蒸」

最初の料理は季節感じる、夏に嬉しい冷たい料理

盛付も綺麗で、食べる前からなんだか贅沢気分


卵豆腐の様な滑らかでやさしい味わいの出汁

彩る味のメリハリに、いくらと蟹、海胆の味わい



翔6


「先付・前菜」

先付として「鮮魚と旬野菜の酢味噌」は松皮の金目さん

茗荷の爽やかさ、海草の食感、金目の旨味と好いバランス


前菜には旨みと心地好い薫香の「紅茶鴨の燻製」

出汁の味わいと、さらり食感の素敵な「海老真薯」など


綺麗に盛られた姿も含めて、好い料理始まりだなぁ と



翔8


「極上鮮魚のお刺身 五種盛合せ」

この日の内容はサーモン、鮪、蛸、帆立、鰹の5種

定番ながら、脂乗りの好いサーモンや、爽やかな酸味の鰹

帆立や蛸も、東京で頂くお刺身としては十分な美味しさ

鮪もねっとり馴染む食感、仄かな酸味の脂が美味しいもの


それにしてもコチラも綺麗な盛り付けが目を惹きます



翔7


「フリージングハイボール」

キュぅっと冷えた専用グラスに、強めの炭酸が爽快

黒ニッカさんは香りも十分、これまた夏に好いですねぇ


と、お酒の準備が整いましたら贅沢なコチラ



翔9


「金目鯛のしゃぶしゃぶ」

先の松皮造りの金目さんはコチラでも登場

身もたっぷり盛られて、彩りの野菜も盛り沢山


好いお出汁が茹だる頃にお野菜入れて準備万端

金目は下調理済みですからね、さっと出汁にくぐらせて



翔10


ぷりっと肉厚、旨味もしっかりな金目さん

下調理と、出汁にくぐらす事で油の臭みもなし


上品ながら、美味しい身肉の味わいが楽しめますよ



翔11


「河豚と活〆鱧の天麩羅」

終盤の揚げ物は、贅沢な素材で季節感たっぷり

夏の旬食材鱧に加えて、河豚まで頂けちゃう


どちらもほっくりホロホロ、柔らかふっくら食感


鱧の上品な味わいの身肉は優雅な心地

河豚は旨味にふっくら食感で贅沢な味わい


どちらも白身なので、塩で頂くと味が引き立ちます

鱧は折角ですから梅塩で食べられたら嬉しいなぁ



翔12


「焼酎水割り」

ご飯のお供に、とすっきり〆に向かって飲み易いコチラ

甘くないし味が強くないので、相方はなんでもござれ



翔13


「季節魚の西京焼」

この日は鯖の西京焼きでして、添物にはじかみ生姜

脂の強い魚なので、生姜の清涼感が好い役者


ご飯のおかず的なコチラは、次の料理のため



翔13.1


「金目鯛といくらの釜飯」

ほぐし身の金目に、いくらで塩味と旨味

ベースはやさしいお出汁で炊かれた美味しい御飯

かやくの揚げさんが甘味のアシスト、好いですねぇ


時折入る三つ葉も香り豊かに、和の味わいで料理の〆


金目をふんだんに使った懐石仕立てのお料理の数々

どれも居酒屋としては十分に美味しく頂けるもの


こうしてコースで頂くと、ゆったりのんびり過ごせてそれも素敵

盛付も華やかで綺麗で、ちょっと贅沢した気分になります



翔14

「甘味:季節の水菓子」

甘味は和菓子の練り切りと蕨餅

冷たくモチッと食感、上品な黒蜜の蕨餅

お茶と頂くとほっこりする練りきりで〆



そうしてこうして、六本木でゆったりのんびり飲み

食事としても整えられた仕立てで、素敵な料理


ちょっとゆっくり飲みたい、そんなに気負わない感じで


というニーズにバッチリ、値段も立地を考慮すればお手頃

お陰様でゆったり過ごして、心地好くお酒も楽しめて


偶にはこういうのも好いなぁ、なんて気分好くお店を後にするのでした








創作割烹 翔居酒屋 / 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5





翔15

どうやら名古屋コーチンもオススメの様ですね



こちらからは飲み放題メニューの紹介になります

翔17

一番安い飲み放題でも色々楽しめるようになっていましたよ

翔16

そこに少し上乗せすると、楽しみが広がるシステム

どうせ数百円ですから、コチラをお勧めしたいところです






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ある日の夕暮れ過ぎは、沖縄旅行2日目竹富島でのこと

もずくで夕涼みを経て、西桟橋の夕焼け鑑賞でほっこり


さぁて宿に帰るかなぁ、なんて時のお話です


宿への帰り道、気になる照明を見付けて急停止

おやおや、こりゃぁなんだか気持ち好さそうだなぁ と




月灯1

「月灯:つきあかり」

まず目を惹いたのがこの看板なんですよね

お洒落だし、なんだか可愛らしい感じも好いなぁ と


メニューを見ると1種なんですけどね

ちょっと寄ってみたいなぁ と思ったんです



月灯2


店舗スペースは家屋の外、軒先営業的なスタイル

カウンターで準備をするお兄さんに声を掛けてみました


自分 「あのぉお店ってもう営業してますか?」


おにいさん 「あぁ、んっと 今何時位?」


自分 「もうすぐ20時位でしょうか」


おにいさん 「そっか、じゃぁそろそろ始めるから座ってて」


なんてゆるぅい感じのやりとり、これがまた好いなぁ と

そんな風に思いましてね、こりゃぁ1杯飲んでいかねば! 



月灯3


という店舗カウンタースペースはこの通り

此方でお兄さんがカクテルを作ってくれます


なんだか好い雰囲気ですよねぇ



月灯4


「島バナナカクテル」

ヨーグルトベースと、ラムベースだったかな、の2種のみ

この日はお勧め頂いたヨーグルトリキュールの方を注文


さっぱりとした酸味と、島バナナの酸味も加わっていい塩梅

酸味と仄かに甘味が効いて、いくらでも飲めちゃいそう


味はどう?なんてやりとりをしながら楽しくゆんたく

おにいさんも一緒に写真撮ったりしながらゆるり



月灯5


桟橋鑑賞を終えたお客さんでにわかに賑わうお店

そんな人達を眺めながら、夕闇と心地好い風も吹いて


月灯6


そうするとお店の雰囲気も益々よくなってきて


月灯7


夜の帳も降りれば大きな月明かりと、ひっそり輝くお星さま

綺麗だなぁ ゆったりだなぁ なんてとっても好い時間



あ、まともな晩御飯食べいてないや、と気付いて

おにいさんに御馳走様を告げたならお暇の時間


好い時間とお酒を貰って、気分好くお店を後にするのでした




月灯8


時にはカクテル以外も飲ったりするそうですよ

おつまみも一応と乾き物くらいはあるよ、だそうです


島の夜時間を過ごすには好いと思いますよ







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ある日の夕暮れ前は、沖縄旅行2日目竹富島でのこと

夕焼け鑑賞迄はちょっと時間もあるし、夕涼みでも と


そんな竹富島で夕涼み、というお話です


向かったのは西桟橋からも近い食事処です

宿舎以外で夕食が楽しめる、島の貴重なお店




あさひ1


「ガーデンあさひ」

お昼はランチタイム営業、夕方も食事処として営業

島の中でも数軒しかない、夕食の出来るお店です



あさひ2


広い敷地に大きな平屋、赤瓦屋根の沖縄島家屋

半分は居住スペース、半分が店舗スペースのようです



あさひ3


店内はギャラリーカフェ風、お店の方のお子様でしょうか

学校行事の写真や、コンクール入選の絵等が飾られています


あさひ4


スペースとしても広々、ゆったり過ごせる感じで素敵だなぁ と


あさひ5


卓上調味料は、この島らしいラインナップ

こーれーぐーすにぴーやーしが置いてあったり


さぁて夕涼み、先ずはコチラから



あさひ6


「オリオン麦職人」

此方のお店では、ビールと発泡酒の2種選べます

前の晩にオリオンは頂いていますので、この日はコチラ


乾いた喉にゴクゴク、潤すのにはうってつけ


爽快な喉越しと、心地の好いひんやり感で生き返る心地

グイグイっと飲りながら、少しばかりのおつまみも



あさひ7


「竹富島産冷やしざるもずく」

折角島にまで来てますからね、地の物を頂きたい

そんなことからも、暑気払いも兼ねてコチラを注文



あさひ8


ジャキジャキっとした心地好い歯切れの食感

ツルっと心地好い、程好いヌメリが好いですね


麺つゆで頂きながら、ふわり香る磯の香り


なんとも贅沢な心地の夕涼みのお供

定番の生姜もよく合いますが、山葵もなかなか



ついついお替りが進んじゃって、コチラも追加




あさひ9


「鴨肉のサラダ」

ローストされた鴨肉を盛り付けたサラダ

さっぱりとイタリアン系ドレッシングで


ポーションも程好く、お酒のおつまみにも最適


つるっともずくにさっぱり香ばしい鴨肉でビール!

好い夕涼みの時間を過ごせまして、そろそろ好い時間


いやぁこういうのも好いもんだなぁ なんて程好く満足

夕焼け鑑賞も丁度好い頃、気分好くお店を後にするのでした







ガーデンあさひ定食・食堂 / 竹富町その他)
夜総合点★★★☆☆ 3.5




あさひ10


店内奥のカウンタースペースも気持ち好さそうでしたよ




こちらからはメニューの紹介になります


あさひ11


お食事はわりとリーズナブルに色々揃ってました


あさひ12

お酒も一通り揃うので、涼みながら飲むのにも好さそうですよ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ある日の昼下がりは、沖縄旅行2日目竹富島でのこと

宿にチェックインの後は、サイクリングしながら島散策


そんな散策の休息に、というお話です


ふらふらふらり、水牛車を見たり、町並みに癒されたり

まだの梅雨の頃、ぽつぽつ来たのでちょっと雨宿り




ぱいぬ1


「パーラーぱいぬ島」

梅雨ということで湿気ずぶずぶ、雨までポツリ

暑いなぁ 冷たいもの食べたいなぁ とオアシス


ぱいぬ2

木々に囲まれた店内は、厨房スペースの建物

その奥に広がる庭のスペースを客席に


ぱいぬ3


日除けになっていて、昼間でも木々も助けてヒンヤリ

店内に数台配置された扇風機のとで自然の涼しさ


そんな心地好い風の中で頂いたのはコチラ



ぱいぬ4

「黒糖蜂蜜」

綺麗に積まれた氷は絵に描いたようなとんがり山

その周りを綺麗な円周で囲む、蜜の紋が素敵



ぱいぬ5


シャリシャリと粒の細かい氷を頂くとシャキシャキ

見ての通りふわっとしたタイプではなく、爽快な食感


蜜は上品な黒糖の香りと、穏やかな甘味


中にも蜜が潜んでいて、それも合わせて溶きながら

シャリシャリ、シャキシャキ、ふんわりと黒糖の好い香り


午後のスコール降りしきる中、心地好い氷菓タイム

火照る体をクールダウン、好い涼みの時間

ゆったりのんびり流れる時間と、心地好い環境



あぁ島って好いなぁ と沁々



そんなこんなで、心地好い涼みの時間

香り好く食感の心地好い氷菓で堪能

さぁても少し散策!と気分好くお店を後にするのでした








パーラー ぱいぬ島甘味処 / 竹富町その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.8





ぱいぬ6

ゆったり時間が流れて素敵なお店でしたよ

ぱいぬ7

入口の幟もそうですが、ゆるりな感じが何とも素敵


ぱいぬ8


甘味処、休息処的なメニューは一通り、果物系も気になるなぁ


ぱいぬ9

島の環境をお知らせするものもあって興味津々でしたよ





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ある日のお昼時は、沖縄離島旅行初日のこと

宿のチェックインを済ませたなら、お昼時です


そんな竹富島最初の御飯、というお話です


向かったのは西集落の北方面にあるお店

なんでも八重山そばが美味しいのだとか




竹の子1


「竹の子」

沖縄そばと言っても、此方は竹富島なので八重山そば

折角島に来てますからね、地の物を食べたいものです



竹の子2


そんなわけで、開店も早い此方のお店に伺うことに

店頭にはビーチも近くにあるので、注意書きなども



竹の子3


店内は小上がり2卓、他テーブル席数卓

全部で20人弱位、広過ぎず、こじんまり


全体を木で統一していて、山小屋の様な風情



竹の子4


卓上には八重山名物の調味料、ぴぃやーし

沖縄では定番、唐辛子の泡盛漬、こーれーぐーす


名物的なものを頂きたいので、そんな気分を注文



竹の子5


「三枚肉そば+じゅーしー」

そーきも迷いましたが、三枚肉が好きなのでコチラ

沖縄版炊き込みご飯、じゅーしーも一緒に頂きます



竹の子6


じゅーしーは、椎茸出汁の香りがしっかり効いたもの

油分、脂分もたっぷり目、中華ちまき的な味わい

豚の脂がたっぷりなので良い旨味と甘味ですよ


ふわっと香る海藻もよくって、色んな味わい


野菜の甘味や肉の甘味、其々がやさしく調和

味は濃くないのですが、旨味がたっぷり 美味しい



竹の子7


三枚肉そばは、厚切りの三枚肉の角煮が3枚

噛み応えはしっかり目、そのぶん味わいはしっかり


泡盛がふわり香って、好い甘味と旨味の濃さ

麺のおかずの役割を、しっかり果たしてくれます


あ、じゅーしーのおかずにもバッチリ



竹の子9


そばはもくっとした食感の中太麺、噛み応えはそこそこ

饂飩と水分の少ない生パスタを足して割った様な食感


スープは綺麗な鰹出汁、しっかり香って上品なもの

鰹の旨味が抜群に感じられて、スープだけで御馳走


ある程度食べましたなら、調味料を加えて


ぴぃやーしは和製の五香粉的なものかなぁ と

シナモンにも似た甘い香り、後追いでピリリの刺激

胡椒に近い刺激で、未体験、新しい風味の香辛料


くちゅ ( こーれーぐーす ) を加えると益々味にエッジ

泡盛の香りと、ピリッとした刺激が実に好相性

スープの香りがグン!と増すので、是非入れたいところ




そうしてこうして、竹富島初御飯は美味しい八重山そば

ついでに頂いたじゅーしーもとっても美味しいもの


其々味が強すぎず、穏やかながら味わい深いもの

こういう料理だから飽きずに食べられるんだろうなぁ と


島初御飯から美味しいもの食べたなぁ とホクホク

お腹も満足、気分好くお店を後にするのでした







そば処 竹の子沖縄そば / 竹富町その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.8





竹の子10


店頭オブジェは漁具にペイントしたもの

ちょっとシュールで、これもまたあじですねぇ


竹の子11


看板はあまり主張しないのですが、好い雰囲気

お店が混んでいる時は、テラス席使うみたいですよ




こちらからはメニューの紹介になります


竹の子12


店頭待ちのお客さんも選べるよう、一通り店頭に揃います


竹の子14


そばだけでなく、ちょっとしたおつまみ、おかず的なものも


竹の子13


暑い時にはかき氷も嬉しいですよねぇ


竹の子15


ご飯ものも結構充実、気になるところですねぇ


竹の子16


壁にもこの通り、メニューは至る所に


竹の子17

後から気付いたのですが、これでもよかったなぁ なんて





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。