交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

脚本『放課後泥棒』 作・塾生A (補作前の原作/2014年10月15日掲載)
脚本『放課後泥棒』の補作と解説(1) (2014年10月23日掲載)
脚本『放課後泥棒』の補作と解説(2) (2014年11月1日掲載)
脚本『放課後泥棒』の補作と解説(3) (2014年11月14日掲載)
*--------------------*

※脚本内の ピンク色 は削除、 黄色 は変更、 緑色 は追加した内容です。

脚本対比表4-A
【原作】
----+----10----+----20・・

S11 遠藤家・ダイニングキッチン(夜)
  机上に白紙の原稿用紙。
  その前に座り、鉛筆を回しため息をつく
  康太。
栞奈「宿題進んでないみたいだけど?」
  とキッチンから顔を出す康太の母、遠
  栞奈(41)。
康太「自分の特技を発表するんだけど……」
栞奈「コウちゃんは足が速いことね
康太「でも、俺が一番じゃないから……」
栞奈「メダリスト以外は遅いってこと?」
康太「そういうわけじゃ……。クラスに俺よ
 り速い奴がいて発表しづらいんだよ」
栞奈「(考えて)人はね、二つ特技があれば
 特別なの。速いのは足だけじゃないでしょ
 
康太「?」
栞奈「計算もじゃない!」
康太「まあ、ずっとそろばん習ってるし」
栞奈「走ることだけ得意な人は山ほどいるわ。
 計算だけ得意な人もね。でも両方となる
 と……?」
康太「そうか……わかった気がするよ母さん
 !(書き始める)」


01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
【補作】
----+----10----+----20・・

S13 遠藤家・ダイニングキッチン(夜)
  机上に白紙の原稿用紙。
  前に座り、鉛筆を回しため息をつく康太。
栞奈(41・母親)「宿題進んでないみたいだ
 けど?(とキッチンから顔を出す)
康太「自分の特技を発表するんだけど……」
栞奈「コウちゃんは足が速いことね」
康太「でも、俺が一番じゃないから……」
栞奈「メダリスト以外は遅いってこと?」
康太「そういうわけじゃ……クラスに俺より
 速い奴がいて発表しづらいんだよ」
栞奈「(考えて)人はね、二つ特技があれば
 特別なの。速いのは足だけじゃないでしょ。
 計算もじゃない!」
康太「まあ、ずっとそろばん習ってるし」
栞奈「走るのが得意な人は山ほどいるわ。計
 算得意な人もね。でも両方となると……」
康太「そうか……わかった気がするよ母さん
 !(書き始める)」

(1) 少しでも行を稼ぐため推敲しました。

脚本対比表4-B
【原作】
----+----10----+----20・・

S12 学校・教室(日変わり)
  放課。
康太「絶対ワケアリだぜ。見たろ、転校理由
 聞いたときの越前」
パツキン「困ってるようだったけどな」
康太「つまりワケアリってことだ」
パツキン「……」
  康太が教室を見渡すと、越前がドスと話
  している。
ドス「へー、越前君は物知りだね」
康太「(行って)俺にも教えてくれよ
越前「?」
康太「何でこんな時期に転校してきたんだよ」
越前「そんな話じゃなかったんだけど……」
康太「ごまかさずにさ」
越前「いや、まあ」

康太「言えない理由でもあるのか?」
越前「(怒)何だっていいじゃないか」
康太「お、図星?」
パツキン「(割り込んで)おい康太。越前に
 だけ酷くないか?」
康太「ただ質問してるだけじゃん。どこが酷
 いんだよ
越前「ごめん(行く)」
康太「……」
ドス「越前君可哀そう……
パツキン「越前が嫌がってるだろ!」
康太「何だよ越前越前と!(行く)」
    ×    ×    ×
  授業中。生徒達は黙々と算数の問題用紙
  を解いている。
康太(M)「あんな奴!(と答えを書き殴る)」
教師「全部終わった人から提出な」
  康太が越前の方を窺う。
  越前が立ち上がる。
康太「なっ!」
越前「終わりました(と教壇に用紙を提出)」
教師「早いなあ」
  半分しか解いてない康太の用紙。
  焦って続きを解く康太。


01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
【補作】
----+----10----+----20・・

S14 小学校・教室(日変わり)
  休憩時間。
康太「見たろ、転校理由聞いたときの越前」
パツキン「困ってるようだったけどな」
康太「つまり、絶対ワケアリってことだ」
  康太が見ると、越前がドスと話している。
ドス「へー、越前君は物知りだね」
越前「まあね……」
康太「(来て)なあ、越前、何でこんな時期
 に転校してきたんだよ」
越前「……
康太「言えない理由でもあるのか?」
越前「何だっていいじゃないか
康太「お、当たり?」
パツキン「(来て)越前にだけ酷くないか?」
康太「ただ質問してるだけじゃん」
越前「(ボソッと)ごめん……(行く)」
康太「(知らんぷり)……」
ドス「越前君可哀そう」
パツキン「越前が嫌がってるだろ」
康太「何だよ越前越前と!(行く)」
    ×    ×    ×
  授業中。生徒達は黙々と算数の問題用紙
  を解いている。
康太「(小声)あんな奴(答えを書き殴る)」
教師「全部終わった人から提出な」
  康太が越前の方を窺う。
  越前が立ち上がる。
康太「なっ!」
越前「終わりました(と教壇に用紙を提出)」
教師「早いなあ」
  焦って続きを解く康太。

(1) 序盤の「遺伝子変異」(補作S4N17)や「運動力学」(補作S6N20)があるから
  補作N07~08の「物知りだね」「まあね」が生きます。

(2) 原作N32に康太のモノローグ(M)がありますが、その必要はないと判断しました。
  イライラでないにしても、思わずつぶやくとき(小声)って、あるでしょう。それで
  す。また「(膨れっ面で越前を見る)」とト書きだけ(様子)で表現してもいいです。

脚本対比表4-C
【原作】
----+----10----+----20・・

S13 悪夢
  暗闇の中、越前、パツキン、ドス、水谷
  が笑って走っていく。
康太「待てよ皆! 待ってくれー!」
  手を伸ばして追いかけるが追いつけ
  ない。
  友人の姿は遠く消える。
    ×    ×    ×
  遠藤家リビングのソファでハッと目を覚
  ます康太。
栞奈「大丈夫? 随分うなされてたけど……」
康太「(息が荒い)」


01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
【補作】
----+----10----+----20・・

S15 悪夢
  暗闇の中、越前、パツキン、ドス、水谷
  が笑って走っていく。
康太「待てよ皆! 待ってくれー!」
  手を伸ばして追いかけるが追いつけない。
  友人の姿は遠く消える。

S16 遠藤家・リビング(夜)
  ソファでハッと目を覚ます康太。
栞奈「大丈夫? 随分うなされてたけど……」
康太「(息が荒い)」

(1) 原作N08~09は柱を立てるべきです(補作N08)。

脚本対比表4-D
【原作】
----+----10----+----20・・

S14 学校・教室(日変わり)
  授業中。
少女A「これで私の発表を終わります(着席)」
  拍手。
教師「では次、越前」
越前「はい(と立ち上がる)」
  康太が見る。
越前「僕の特技は、チェロです」
康太「(愕然)
越前「幼少期からレッスンを受けており、幾
 多のコンクールで受賞しています。チェロ
 を始めたきっかけは――」
康太(M)越前にとって、走ることも計算
 も、特技ですらないんだ……」
  越前の声が遠くなっていく。
    ×    ×    ×
教師「次、遠藤」
康太「(我に返り)ハイッ(と立ち上がる)」
  作文用紙を持つ手が震える。
    ×    ×    ×
  (フラッシュ)
越前「走ることと計算が特技? あの程度で
 ?(冷笑)」
    ×    ×    ×
教師「どうした?」
康太「宿題忘れました」
教師「(ため息)ちゃんとやってこいよ。次
 ――」


01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
【補作】
----+----10----+----20・・

S17 小学校・教室(日変わり)
  授業中。
少女A「これで私の発表を終わります(着席)」
  生徒達の拍手。
教師「では次、越前」
越前「はい(と立ち上がる)」
  康太が見る。
越前「僕の特技は、チェロです」
康太「(あんぐりする)
越前「幼少期からレッスンを受けており、幾
 多のコンクールで受賞しています。チェロ
 を始めたきっかけは――」
康太「(小声)ふーん。走ることも計算も特
 技じゃないんだ……」
  越前の声が遠くなっていく。
教師「次、遠藤」
康太「(我に返り)ハイッ(と立ち上がり、
 ふと越前を見る)」
  越前が康太を見ている。
康太「(作文用紙を持つ手が震える)」
教師「どうした?」
康太「宿題……忘れました」
教師「(ため息)ちゃんとやってこいよ。次
 ――」

(1) 原作N09のト書き《愕然》を《あんぐりする》に変更しました。愕然とは「非常に驚
  くさま(=驚愕)」で、あんぐりは「驚いたり呆れたりして口を大きく開けた様子で
  す。前者は感情のみ、後者は動作を伴った行動になります。驚きの度合いは違います
  が、そんなに「ギョギョ!」とするのも滑稽と判断しました。「あんぐり」の状態を
  受けた言葉の表れが、補作N13~14の「ふーん」とか小声(つぶやき)台詞最後の余
  韻「……」です。
  驚きの度合いが「愕然」なら、原作N13~14のモノローグは「越前にとって、走るこ
  とも計算も特技ですらないなんて!」と、驚きを引きずり強調して「!」終わり(あ
  たふたした口調)になるのが妥当です。それなのにモノローグーは抑えた口調「……」
  終わりです。となると驚きは一瞬の感情、つまり「チェロ」と聞いた瞬間にポーンと
  跳ね上がり、その後すぐ自制した印象になります。不自然であり、モノローグが一層
  説明のために書かれているのを裏付けてしまいます。
  モノローグは抑え気味の口調とは限りません。心の声なわけですから感情を込めた表
  現でもいいわけです。それだけモノローグの扱いは難しい手法ともいえます。

(2) 原作N14で「特技ですらない」とあります。文語体で畏まった言い回し、なんといっ
  ても康太に似合わない印象です。補作では「特技じゃないんだ」と口語体にしました。

*--------------------*
■脚本『放課後泥棒』の補作と解説(5)へつづく

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。