交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 原作ではドロケイ遊びの場(舞台)として「集合住宅・駐車場・公園」が設定されてい
ます。
 私が子どものころ(昭和40年代)なら当たり前の(ような)光景でした。道路や厚生省
医務局の敷地(テニスコートや空地)で遊んでましたから(大笑い)……。しかし今の世
の中ではどうでしょう? 「こら~ッ。建物の中で走り回るな」と怒られそうです。今の
時代、こういったことにうるさいんですよね。
 集合住宅内や駐車場で遊ぶ……設定上「道徳的」に疑問が残ります。
 できれば町の中にある「公園だけ」が望ましいです。要するに、放課後みんなが集まれ
る場所、隠れ場所の数や追いかけっこのルートがあればいいわけです。集合住宅や駐車場
の必要はありません。一例として公園だけでも(広島には)次のような場所があります。
千田公園 【なっちゃんの遊び場ネット】

 ドラマの舞台設定は、作者が架空の場所をイメージする場合と、どこか特定の場所を想
定して描く場合があります。いずれにしても「様々な観点で適切か、あるいはドラマにと
って必要性があるか」などを検討したうえで設定するよう心がけてほしいものです。

 補作も「集合住宅・駐車場・公園」の設定を引き継ぎましたが、本意とはいえません。

*--------------------*
脚本『放課後泥棒』 作・塾生A (補作前の原作/2014年10月15日掲載)
脚本『放課後泥棒』の補作と解説(1) (2014年10月23日掲載)
*--------------------*

※脚本内の ピンク色 は削除、 黄色 は変更、 緑色 は追加した内容です。

脚本対比表2-A
【原作】
----+----10----+----20・・

S5 同・駐車場
康太「水谷は帰ったし、真っ向勝負なら捕ま
 る気がしねえや」
  視線の先に人影。
  見ると、越前が凄い速さでCを捕らえて
  いる。
康太「(微笑)少しは楽しめそうだ」


01
02
03
04
05
06
07
【補作】
----+----10----+----20・・

S5 同・駐車場
康太「水谷は帰ったし、真っ向勝負なら捕ま
 る気がしねえや(周囲を見渡し、凝視)
  向こう側。越前が凄い速さで少年Cを捕
  らえる。
康太「こりゃあ、楽しめそうだ(移動する)

(1) 補作のト書きN03《周囲を見渡し、凝視》とN06《移動する》は、康太の「逃げなが
  らの行動」を意識しました。
  また台詞として原作N07「少しは」は控えめですが、補作N06「こりゃあ」とオーバ
  ーにすることで、期待感の度合いも変わります。作者(塾生Aさん)によると、康太
  のプライドの高さ(N02の台詞「真っ向勝負なら捕まる気がしねえ」)から余裕の意
  味で《微笑》とか「少しは」とのことです。原作と補作の違いは、康太のプライドを
  引き継いだ表現(原作)にするか、康太のプライドを揺るがせた(越前の速さを見た)
  驚きの表現(補作)にあります。この場合、どちらがいいではなく「書き方ひとつで
  違いが出る」のを理解してもらえたらと思います。
    ★シーンの内容や方向性は同じでも、ト書きや台詞をどう書くかで読む人のイメ
     ージをどれだけ高められるかになります。
     対比表1-C(2014.10.23掲載)の★印の説明で「何をどのようにどこからど
     こまで書くか」のうち「どのように」に相当します。

脚本対比表2-B
【原作】
----+----10----+----20・・

S6 同・公園
  にドスだけ。
  越前がCを連れてくる。
ドス「もう捕まえたの!?」
少年E「コイツ足速すぎ」
ドス「あと三人か」
越前「いえ」
  Dが歩いてくる。
越前「二人です
ドス「(愕然)
パツキン「(壁の陰から様子を見て)やるな」
越前「(パツキンに気づき走り出す)」
パツキン「やべえ(と逃げる)」

    ×    ×    ×
  越前がパツキンを連れてくる。
少年C「こんな序盤に三人捕まるとは……」
パツキン「康太が逃がしてくれるって」
越前「逃がす?」
パツキン「捕まった泥棒は、この木の周り
 (と木に手を置き)牢屋にいるとき、まだ
 捕まってない泥棒にタッチされれば、脱獄
 でき。そしたらまた捕まえ直し」
ドス「(越前に)もしよければ、僕と交代し
 て看守やってみませんか?
越前「看守? 牢屋を見張ってればいいです
 か?」
ドス「(嬉)」
    ×    ×    ×
  捕まった泥棒三人と越前だけの公園。
パツキン「随分足速いよな。スポ少入ってる
 とか?」
  と越前と話し歩き、牢屋から遠ざかるよ
  う誘導している。
越前「いえ、そういうのは
パツキン「いくら速くても、残りの康太は手
 強いぜ」
越前「一番速いんですか(と牢屋を見て)あ
 
康太「パツキンナイス!」
  と飛び出してきて牢屋に走る。
  康太にタッチされた泥棒二人と康太が散
  り散りに逃走。
パツキン「大成功!」
  踵を返して追いかける越前。
  公園から出る前のC、Dにすぐ追いつき
越前「(Cの服を掴んで)1234――」


01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
【補作】
----+----10----+----20・・

S6 同・公園・大木の周辺 
  越前がパツキンを連れてくる。
ドス「(別方向から来て)もう捕まえたの!?」
パツキン「コイツ(越前)足速すぎ」
ドス「あと三人か」
越前「いえ」
  遅れて少年C・Dが歩いてくる。
越前「一人です
ドス「ワァオ……
  パツキン、少年C・Dが大木周辺に座る。
少年C「こんな序盤に三人捕まるとは……」
パツキン「康太が逃がしてくれるって」
越前「逃がす?」
ドス「捕まった泥棒は、この木の周り(と大
 木に手を置き)牢屋にいるとき、まだ捕ま
 ってない泥棒にタッチされたら、脱獄でき
 るんです。そしたらまた捕まえ直し」
越前「それは、さらに大変です」
パツキン「足速いよな。スポーツ少年とか?」
越前「いえ。ただ運動力学を少し
パツキン「いくら速くても、康太は手強いぜ」
越前「一番速いんですか?」
  越前が壁の陰から様子見する康太に気づ
  き走り出す。反応した康太が逃げる。

(1) 原作S6(対比表2-C含む)は大幅に削除しました。ねらいは序章(プロローグ)
  の意識化です。原作にタイトルクレジットはありませんが、付けるとしたら原作S7
  後と考えます。そこまで原作は四百字詰め9枚あり、長すぎます。補作は7枚に圧縮
  しました(本意は4~6枚でしたが、これ以上削ると意図が断片的で不明瞭になるた
  め7枚で妥協)。
  原作ではS6で(対比表2-Cも含めて)ドロケイ遊びの様子が3枚半に渡って続き
  ます。捕まった泥棒たちが康太によって解放され、それをまた越前が捕まえ、最後に
  康太も捕まえる展開です。ドロケイのルール(原作N19~22)を、さらに流れでも見
  せつつ越前の走力の凄さと康太のあわてぶりを強調しています。
  補作の基本姿勢は「削減とドラマ性の追加」にあります……。
  まずドロケイのルールは台詞として伝えてあります。これを流れ(行動)としても見
  せる必要があるかです。シーンの主目的は「康太のプライドが越前によって震撼する」
  であり「ドロケイのルールを伝える(見せる)」はサブ目的です。したがって「行数
  (枚数)確保」と「早期にタイトルコールを迎える」の観点で補作(対比表2-Bお
  よび2-C)のように改訂しました。
    ★推敲(改訂)する場合、シーンの位置づけ(この場合序章)と主目的を客観的
     に捉えて、必要なら大幅な削除も行うべきです。

(2) 原作N30にある「スポ少」は文字で理解できても、音声だけで聞いたら「スポショウ」
  はどうでしょう。脚本を書くとき放送を意識するかどうかの問題ですが、私は意識す
  べきと考えます。ここで省略語を用いる効果を考えたら決して高いとはいえません。
  ならば誰にでもすぐ吸収できる「スポーツ少年」(補作N19)にしました。
    ★省略語の使用については、登場人物の世界観を表現するのに有効とも考えられ
     ますが、なんといっても意味が伝わらないと吸収性(理解度)に欠けます。
     省略語のほかに専門用語や業界特有の隠語、方言なども同様にいえます。しか
     しながら誰にでも理解できる言葉に翻訳していると「リアリティ欠如」という
     デメリットも招きかねません。
     余談ですが……
     海外ドラマ『ER緊急救命室』には専門用語が飛び交います。リアルそのもの
     です。いちいち翻訳していたらもどかしくてイライラしてきます。
     手前味噌ですがこんな事例もありました。
     広島弁の「ええがにいきよった(うまい具合にいく)」と「映画に行きよった」
     の聞き違いについてです。
     ■ええがにいきよった (2005年9月14掲載)

     ドラマ内で相手に伝わらない(解らない)方言を逆手にとった例もあります。
     映画『フラガール』では、フラダンスの先生(松雪泰子)に怒った発起人(岸
     部一徳)が福島弁(?)でまくし立てて言い返します。
     ■フラガール:岸部一徳のまくしたてセリフ翻訳 【La Compagnia dell'Cantare】

     聞いている先生(松雪)は意味不明できょとんとします。もちろん視聴者もほ
     とんどの人が解らないでしょう。流れの中で説明はありません。でも憤慨して
     いる様子は充分伝わってきます。おもしろい方言の使い方だと思います。

脚本対比表2-C
【原作】
----+----10----+----20・・

    ×    ×    ×
越前「(Dの肩を掴んで)――5678910」
  公園を出て、走りながら振り返る康太。
康太「んな馬鹿な」
  とB棟1F通路を通り、駐車場を走る。
  後ろに来た越前が距離を縮める。
康太「直線なのにッ」
  A棟1F通路に曲がる康太。追う越前。
  再び公園に戻る康太。
  越前の手が康太の服に一瞬触れ、康太が
  引き離す!
パツキン「康太!(と手を伸ばす)」
康太「(牢屋に手を伸ばし)クソォ!」
  と後一歩のところで地面に倒れこむ。
越前「12345678910(と康太を抱え
 る)」
パツキン「一人で全員捕まえちまった……」
少年C「こんなのアリか!」
少年D「間違いねえ……康太より速い!」
康太「(怒)認めない……認めないぞ!(土
 を掴む)」


01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
【補作】
----+----10----+----20・・

S7 同・各所~公園・大木の周辺
  B棟1階通路を曲がる康太。追う越前。
  駐車場を走る康太。追う越前。
  公園に入り牢屋に向かって走る康太。
  すぐ後ろに越前が迫る。
パツキン「康太!(と手を伸ばす)」
  牢屋手前で越前が康太の腕を掴む。
越前「ワンツースリー
康太「クソォ!(地面に倒れ込む)
ドス「一人で全員捕まえちゃった……」
パツキン「間違いねえ。康太より速い」
康太「認めない。認めないぞ!(土を掴む)」

(1) 原作N01は“×××”でブランク(同一場所における時間経過やカット割りの意)を
  とっています。すべて公園内の出来事ならそれでもいいでしょう。しかしB棟や駐車
  場へと移動しています。補作N01では柱を立てて対応しました。

(2) 捕まえたときのカウントを「123」にしたのを利用して越前には「ワンツースリー」
  (補作N08)を適用しました。「遺伝子変異」(補作S4N17)「運動力学」(補作
  S6N20)のように学識とはいいませんが、康太の「イチニサン」(補作S1N06)
  水谷も「イチニサン」(補作S25N03)との区別を計り、越前の象徴(伏線)にしま
  す。先の展開(補作S27)で康太が「ワンツースリー」と言うことで、越前への仲間
  意識(認め)の表れで使うためです。

脚本対比表2-D
【原作】
----+----10----+----20・・

S7 同・公園出口(夕)
  帰る越前。見送る一同。
ドス「すごかったね……
パツキン「(越前に)また来いよー(と手を
 振る)」
康太「(小声で)……二度と来るな」


01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
【補作】
----+----10----+----20・・

S8 同・公園・出口(夕)
越前「放課後はいつもこんな感じなの?」
パツキン「まあな。そっちは何やってんの?」
越前「いろいろと……じゃあ僕はこれで」

  帰る越前。見送る一同。
ドス「すごい。ヒーロー現る……てか
パツキン「また来いよー(越前に手を振る)」
康太「(小声)二度と来るな(アカンベー)

S9 タイトル『放課後泥棒』

(1) 補作N02~04で「放課後」の使い道を話し合う姿からタイトルであるキーワードを印
  象づけます。

(2) 補作N10のタイトルクレジットはなくても問題ありませんが、表示のタイミング(そ
  こまでが序章の意識)を考えているとアピールする目的で入れました。

(3) 序章の意図(問題提起)は次のとおりです。確認しやすいよう分解して書きます。
    ◎足が速いことでプライドを保ってきた康太だが、通りがかった越前の登場によ
     り震撼する(崩壊の予兆)。
       →康太の足の速さは仲間も認めている。
       →チラホラ覗く越前の学識。正体はまだ不明(通学路の確認中。初対面)。
       →越前に興味津々の仲間たち。
       →康太も仲間も「速い」と実感する。 →震撼。
    ○それを放課後のドロケイ遊び(鬼ごっこの一種)をとおして伝える。
       →ドロケイの言葉の意味。ドロケイのルール。
       →カウント「イチニサン」と「ワンツースリー」。越前の象徴 →伏線。
    ○ドロケイ仲間として金髪のパツキン、策士の水谷・声変わりのドス(ほか4人)
     がいる。
       →パツキンの金髪は地毛。康太にとってはどうでもいい。→核心への伏線。
       →水谷は塾通い。 →途中で帰り越前登場の引き金。
  本来これらはネタの検討(素材・人物像・エピソードなど)や構成段階(いずれも脚
  本執筆以前の作業)で固めておくべき内容になります。上記はネタ集めによる検討資
  料に相当します。一見雑書き(メモ)のようですが、作者が理解出来ればいい世界な
  ので、書き方などは自由です。(構成はまた別の書きものになります)
  まとめてないにしても、執筆していて「何を書くべきか分からなくなった」とき、あ
  るいは「何か違うと感じた」ときには、執筆を中断してでも「意図の再確認(意図を
  書き出す)」をすれば軌道修正や推敲の道しるべになるはずです。
  逆に、書き終えた内容をこのようにまとめることでも、その章の再確認につながりま
  す。

*--------------------*
■脚本『放課後泥棒』の補作と解説(3)へつづく

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。