交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 ドラマ創作においてファーストシーンの重要性はいうまでもありません。特
に脚本コンクールでは審査員が作品を原稿レベルで読み始めて、何を想像させ
どう引き込んでいくかが大きな課題といえます。とはいうものの誇大表現や、
これから展開するドラマと無関係の出来事を見せても、なんの意味もありませ
ん。かえって反感を買うだけでしょう。そうならないためにも、ドラマ全体を
把握したうえで「どんなシーン、あるいはシーン構成で見せるか」を検討する
必要があります。
 ファーストシーンを組み立てるポイントをあげておきます。


◆惹きつけ要素を織り込む
 ドラマのウリとなる要素を、何らかの形で伝えたいですね。


◆コンセプトを匂わせる
 明確にする必要はありません。というより、明確にするとそこでドラマが終
 わってしまうので、あくまでも匂わせ程度でとどめるほうがいいでしょう。


◆ドラマの性質を匂わせる
 ドラマには「ヒューマン」「コメディ」「アクション」「ホラー」……のよ
 うに様々なジャンルがあります。当然ですが、これを踏まえたシーンを織り
 込むよう考えましょう。


◆どの人物のどんなエピソードで見せるか
 ドラマと無関係にしないためにも外せないポイントです。これを踏まえて、
 上記三つのどれかは織り込むよう考えましょう。そして、ファーストシーン
 後の展開に繋がるよう、裏を返せば「この先の展開が見たくなるよう」考え
 るのが、いいファーストシーンといえます。


◆分量を考える
 ダラダラと書きすぎないことです。いくつかのシーンを連ねてファーストシ
 ーンと考えても、400字詰め原稿用紙で3~5枚で考えるといいでしょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。