交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 テレビドラマ脚本に関する書は多いものの、ラジオドラマ脚本の考え方や書
き方を解説した書は多くはないでしょう。
 著書『脚本家の脳ミソ』では、同じ脚本(シナリオ)をテレビドラマとして
書いた場合と、ラジオドラマとして書いた場合を掲載し、その違いを見比べて
理解してもらえるよう解説しています。


*--------------------------------------*
【ラジオドラマ脚本の例・解説】
・SEは効果音(サウンドエフェクト)です。台詞以外に、音で表現するもの
 を書きます。
・ラジオドラマ脚本ではシーンの柱(○印)を立てません。「シーン替わり」
 や「間」を意味する場合、SEの前は一行空けて、ワンシーン中のSEでは
 空けません。
・(M)は独白(モノローグ)です。人物の胸中(思い)を伝えるときに使い
 ます。


 ラジオドラマは、『音だけ』で表現できるように書かなければなりません。
 たとえば冒頭のガソリンスタンドの様子は、車の出入り(音のある情景)と
店員の声で表現します。祐二の「(制帽を脱ぎ捨てて出て行く)」は音のない
動作なので、「そッ……ほいじゃ」の『台詞』に替えて表現します。文字で読
むとその動きは分かりますが、音で聞くと何をやっているのか、何を表現して
いるか、紛らわしくなります。『台詞』か『SE』で表現してください。また、
音は「動き」だけでなく「心境」にも使います。SEとして「不穏なイメージ」
などと書きます。
 ラジオドラマは映像がない分、執筆が難しい面もあります。しかし、それだ
けに表現の幅も拡がり、作り手にも聴き手にも様々な可能性を秘めたドラマ分
野なのです。

                    【著書『脚本家の脳ミソ』より】
               *--------------------------------------*


 このほか同書では「映像と音の世界~テレビドラマとラジオドラマの違い~」
「幻想感溢れる世界~ラジオドラマは奥深い~」の節でも、ラジオドラマ脚本
に関する考え方を分かりやすく解説しています。

 創作の道しるべとして、ぜひ参考にしてください!!



交心空間 徒然雑記-脚本家の脳ミソ

『脚本家の脳ミソ』 (電子書籍)
           ダウンロード版 630円(税込)
           CD-R版  1050円(税込)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。