交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 ──もっと○○していたら賞がとれたかもしれない。


 ドラマ脚本コンクールの結果発表を見て、自分の名前がないのにがっかりし
ながら、こんな思いがよぎったことはないですか。
 「○○」は人それぞれで、入賞ラインに到達しなかった理由に対する改善策
だと思ってください。「モノローグを減らして台詞で書いていたら」とか「構
成をしっかり立てて書いていたら」「クライマックスをもっと書き込んでいた
ら」など、改めて自己評価(検証)してみるといろいろウミ(改善点)がでる
のではないでしょうか。


 ──この瞬間が大事!


 自分の作品を見て、どこが弱点か、どうすれば良くなるか……気づいた瞬間
です。客観的に、しかも審査員の眼をもって評価しているわけです。
 それなのに、「その意識や注意点」をその場かぎりにしてしまい、次の作品
を書くときには忘れてしまい、ただ書くだけの自分に逆戻りする人も少なくな
いでしょう。
 これでは『タラ・カモの夢想』の繰り返しで、納得できる結果はえられませ
ん。ぜひとも「書き始める前に」さらには書き上げて「コンクールに送る前に」
今一度この意識を思いだして、秀作を目指してほしいものです!


「平成21年度 中四国ラジオドラマ脚本コンクール」募集 【NHK松山】

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。