交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

メディアリテラシー「ゴジラ」講座 in 広島
   ~女性のオピニオンリーダーたちと考える『テレビメディア』
                     & ミステリー朗読劇~


 講座名の「ゴジラ」は、ニューヨーク・ヤンキースで活躍する日本人選手の
愛称ではありません。強い権力、大きな影響力を持つメディアを怪獣ゴジラに
見立てたものです。日々押し寄せる情報洪水の中で、メディアが国民に責任あ
る報道を行なっているか、公正で真実の情報を提供しているか、いま私たちは
それを見極めなければならない大切な時を迎えています。
 メディア・リテラシーとは、<メディアを見極め、読み解く力><そうした
力をつけるための学習>でという意味で、イギリスでは<メディア教育>の意
味で使われています。日本放送作家協会・放送を考える委員会では2003年から、
メディアよりも強い“本物のゴジラ”になるための市民講座を開いています。
 今回は同講座東京公演をベースに、中国支部同委員会で制作し、協会本部委
員会との合同公演として開催することにしました。


■主催:(社)日本放送作家協会中国支部・放送を考える委員会
    (社)日本放送作家協会・放送を考える委員会   


■開催日時:2008年5月22日(木) 開場 17:30 開演 18:00


■開催場所:広島県立美術館 地下1階 講堂
           (広島市中区上幟町2-22) TEL 082-221-6246


■入場料 1,000円(消費税込み) 全席自由


■チケット購入の予約・問い合わせ
     日本放送作家協会中国支部「ゴジラ講座」事務局
                TEL/FAX 082-261-3001


《内容》(※内容の一部は予告無く変更されることがあります)


18:00 開演
・ご挨拶
   安達 充(日本放送作家協会理事・放送を考える委員会委員長)
   野津聖治(日本放送作家協会中国支部事務局長・中国支部放送を考える
        委員会委員長)

・総合司会
   牧野睦夫(日本放送作家協会会員 イベントプランナー 広島在住)


18:10
☆【第1部】作家・山崎洋子さん講演(第32回江戸川乱歩賞受賞)
  テーマ:小説家から見たテレビ報道と情報番組
      ~テレビ・コメンテーターとしての10年間を振り返って~


  ★山崎洋子さん
    京都府出身 横浜在住 コピーライター、児童読物作家、脚本家など
    を経て「花園の迷宮」(講談社)で第32回江戸川乱歩賞を受賞、
    小説家としてデビュー。ノンフィクション、エッセイの他、戯曲、
    演出などでも活躍中。


18:50 <幕間>


19:00
☆【第2部】朗読劇「天使はブルースを歌う」― 山崎洋子書下ろし作品 ―
      ~朗読と音楽で紡ぐ“ミステリードラマ”~
        ハマの外人墓地、そこは山手の単なる観光名所ではなかった。
        戦後60年を生き抜いた女が、自ら封じ込めた悲劇を夜の墓地
        で語り始める。それは横浜の知られざる戦後史の1ページ…
        ミステリアスな謎解きをあなた自身で楽しんでいただきまし
        ょう。


  出演:劇団テアトル広島
       女 :池田美佐子、
       タクシードライバー・米兵(二役):林 昭弘、
       天使:瀬野三枝子
  演奏:杉山ルミ子(ピアニスト・はつかいちJAZZオーケストラ“チェリー
           ブロッサム21”リーダー)
  演出:名切勝則(日本放送作家協会会員 脚本家 広島在住)


  ★劇団テアトル広島
    1965年4月「RCCドラマグループ」として発足。
    1988年11月独立、「劇団テアトル広島」と改称。
       創設者岩崎徹氏の意志を継ぎ、その教えと精神を基に、戯曲の
       文学性・芸術性を大切に、広島の地に根ざした、大人の鑑賞に
       耐え得る本物の「面白い芝居創り」を目指している。


19:40 <幕間>


19:50
☆【第3部】パネル・ディスカション
      … 報道・ドラマ・情報番組 …
      ~ 広島・カミノボリマチの文化ゾーンで女たちが問う ~


  広島で活躍する作家・大学教師・新聞記者・TVプロデューサー、5人の
  女たちが「テレビメディア」のあり方や問題点を熱く語ります。あなたも
  考えてみて下さい。


  司  会:東 多江子(日本放送作家協会会員 脚本家 東京在住)
  パネラー:見延 典子(作家 広島在住 札幌市生まれ。
             このほど著書『頼山陽』で第27回『新田次郎文学
             賞』を受賞。他に『もう頬づえはつかない』など)
       林  晶子(広島経済大学メディアビジネス学科 准教授。放
             送の送り手研究。ディア・コミュニケーション論)
       三村 千鶴(中国放送報道センター部次長・TV夕方ワイド
             『イブニング・ふぉー』プロデューサー)
       片山 明子(中国新聞編集局 文化部記者。音楽を中心に映画・
             演劇など文化・芸能面を担当。メディア・リテラ
             シーにも関心が高い)
       初谷規余子(テレビ新広島 企画制作部長)


20:30 終演(予定)

------------------------------------【日本放送作家協会広報ブログより】


日本放送作家協会ホームページ
日本放送作家協会広報ブログ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。