交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 ──ドラマ脚本で台詞を書くとき、どんなことに気をつけますか。


 無意識に書いていると、長台詞、あいさつ台詞、説明台詞、ムダ台詞、反復
台詞(オウム返しや聞き返し)、無言「……」台詞、「そ、それは」のような
詰まり台詞などなど、ドラマの展開や人物イメージに支障となる悪手の台詞を
多用していませんか。


 ──矯正方法はあるか。


 まずどんな台詞が妙技かを知ることです。それには洋画などの「日本語版字
幕スーパー」が最適といえます。
*--------------------------------------*
 日本語の字幕スーパーで映画の場合、通常はセリフ1秒に対して3~4文字、
一度に表示される字幕は20文字までが基本。1行あたりの文字数は、かつては
13字だったが現在では10字(例外もある)。簡単な挨拶程度のセリフの場合、
字幕に出さないことが多い。なお、字幕は簡潔さがモットーであるため、逐語
訳にこだわることなく、意訳を積極的に取り入れる必要があり、必ずしも台詞
に厳密に正確な翻訳がされないこともある。
               【フリー百科事典『ウィキペディア』より】
               *--------------------------------------*
 字幕は口語文で書いてあります。台詞ですから当然ですが、瞬時に判読でき
ることを前提にしたしゃべり言葉なのです。しかも簡潔かつ適切で、ときにイ
ンパクトある表現も織り込まれています。
 中でも映画翻訳者の戸田奈津子さんが手がけた字幕は意訳の代表といえます。
まさに口調的であり、ときに大胆かつ斬新な表現もうかがえます。たとえば映
画『スピード』のワンシーンでは、「ありがとう」とせずに「ありがと」と語
尾を打ち切り形式にして、言葉とは裏腹に皮肉混じりの印象を伝えています。


戸田奈津子(映画字幕翻訳者) 【フリー百科事典『ウィキペディア』】


 日本語字幕スーパーが直訳でなく意訳の場合、「好き嫌い」「善し悪し」の
賛否はあるようですが、しゃべり言葉を「文字で表現する」という観点からす
れば、やはり『台詞のお手本』といっていいでしょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。