交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 最近はひらがな表記でも、母音が現れたときその前にある子音、次にあげる
例では「か」「し」「よ」「ね」「と」を長く発音するように長音符号(ー)
を用いているのを目にします。


「おかーさん」「うれしー」「おはよー」「おねーさん」「そのとーりです」
  (あ)     (い)   (う)  (え)     (お)


 『感覚表記』とでも呼びましょうか。書き手からすれば「そのように発声し
てほしい。そんな気持ち。イメージなんです」といいたいのでしょうが、これ
はとんでもない書き手主観で、実に利己的な意識に受けとれます。たとえば次
の文を読んでみてください。


「そーすればそーさもそーとーいーよーになるかもー」


 スラスラ読めますか、何を伝えようとしているのか即座に理解できますか。
「読点があれば読めるんじゃないの」という人がいるかもしれませんが、そん
な問題ではありません。仮に読点を打ったところで次のようになります。


「そーすれば、そーさも、そーとー、いーよーになるかもー」


 これほど読点が多い文も、ブレーキばかり踏んでいる運転者のようで乗り心
地の悪い車となり、やはり『判読しづらい文』にかわりありません。読点の乱
用については、2006年3月18日掲載の『句読点を考える(3)』の項目(7)を
参照してください。


句読点を考える(1)
句読点を考える(2)
句読点を考える(3)


 はっきりいって「大人の言葉」とは思えません。メールやブログで私的に発
信する文なら、それはそれでヨシとしましょう。しかし脚本や小説でこういっ
た表現を、特に台詞でみかけます。「人物の気持ちをリアルに表現するため発
声どおりを書き表した」と主張したいのでしょうが、登場人物の年齢と口調を
踏まえたときには「幼稚さ」も感じます。また、どの人物においても同じよう
にこの口調なら、それは人物ではなく作者自身が言葉を聴覚で受けとったもの
を誤認識したままで、正しい表記を知らないのかと疑いたくなります。


「そうすれば操作も相当いいようになるかも」
        or
「そうすれば操作も相当良くなるかも」   ★「いい」を「良く」に推敲


 感覚表記の原因は、日本人の言葉の乱れが一番の原因だと思いますが、それ
を助長するテレビや雑誌、マンガなどにも責任の一端はあるでしょう。何年か
前に、辻本清美衆議院議員が国会答弁のときに「総理、総理、総理!」と叫ん
でいたのを、あるテレビ番組では、ひらがなかカタカナかまでは覚えていませ
んが、「そーり」の文字を発声に合わせて画面に三連発表示していたのを記憶
しています。
 最近のバラエティー番組でも、出演者の滑舌が悪いのが原因か、文字で視覚
的にも伝える演出かは分かりませんが、出演者の発言を補うかのようにやたら
テロップを流しています。このときの表記が、発声に近いものを伝えようとす
るあまり長音符号を多用、乱用してしまうのかと考えます。


                              《つづく》

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。