交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 しばらくして家に戻ると、妻も驚いたようだ。
「どうしたの?」
「別に……」
 身体に気だるさを感じていたが、熱があるわけではない。とにかく適当な口
実を吐き出して妻に心配させないようにした。ごろ寝に転じたかったが、自宅
勤務を装いパソコンを立ち上げて作成途中になっている社内報の原稿とにらめ
っこした。考える気がしない。とにかく十二年の経験から浮かんでくる文章を
並べ立てた。


 ──打ち込む文章の一語一句にやり甲斐を感じない。


 この社報が印刷を終え、職員の手に渡り、どれだけの人がどれだけ熱心に読
んでくれるか。ともすれば、目を通すこともなくデスクの片隅に放り投げられ、
いずれ溜まった雑紙とともにゴミ箱に入るのかと想像もした。
 とにかく完稿させることだけを目標にパソコンを打ち続けた。


                             《つづく》


【これまでの展開】
月曜日の一歩(1)
月曜日の一歩(2)
月曜日の一歩(3)
月曜日の一歩(4)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。