交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 今日は私の三十歳のバースデーです。といっても、誰がどう祝ってくれるわ
けではありません。どうせ、ただひとりで化石のような時間を持てあますだけ
で、気がつくとまた明日になっているのでしょう。


 ──これじゃなにも変わらないじゃない。もっと社交的になって、自分の思
いをどんどん伝えなきゃ。


 そのときです。静かな部屋に電話のベルが響きました。
「もしもし……え?……」
 それは、名も知らぬ男からユウコという女への電話でした。約束の時間をす
ぎているのに、連絡もなく一向に現れないユウコに対して業を煮やしている様
子です。「どうしたんだ!」と、ことのほか強い口調で、しかも一方的にしゃ
べってばかりです。
「もしもし、どちらにお掛けですか?」
 ユウコがどんな女なのか、この男とどんな関係なのか、私には何も解りませ
ん。それでも男の言い分はどんどんエスカレートしていきます。
「もしもしッ」
 私にしては珍しく声を張り上げました。
「何だよ。言いたいことがあるなら言えよ」
 やっと男が反応です。私は冷静さを取り戻して、自分はユウコではない、あ
なたは間違い電話をしていると伝えようとしました。ところがその気持ちとは
裏腹に、今の自分を変えるチャンスじゃないかと、後押しするものが込み上げ
てきたのです。
「私、ユウコになります。ユウコです」
 不意に呟いた自分が見えました。
「なんだこの女?」
 電話の向こうの男が気づいたのか、吐き捨てた言葉に突き放されるようでし
た。
「切らないで。変な女だと思うでしょうげど、切らないで下さい。今日、私誕
生日なんです。三十路になっちゃった……そんな言い方しても、あなた解るか
な? 声の感じじゃ、私よりも年下みたいだし。働いてるの? それとも学生
? 背は高いの? 髪型は? 茶髪? それとも金髪だったりして……そうだ、
私も髪染めちゃおうかな。でもうちの会社お堅いところだし、私みたいな地味
なのが飾り立てても、サマになんないよね……。じゃこうしよう。ばっさり髪
を切って、明日から心機一転。それでどう? ねえ、ショートヘアーの女って、
嫌いですか? メガネをかけてる女って魅力ないかな? ストッキングの上に
靴下履いて、さらに膝掛けを巻いて仕事してる女って、ダサイですか?………
………私はダメですか?」


 私の耳に聞こえてきたのは、男の声ではなく、ツーツーという電話の響きで
した。
「なにも言ってくれないんだ……イジワル……もうッ、さっきの勢いはどうし
ちゃったのよ。黙ってないで、私を誘ってください。私を、私をどこかに連れ
出してください……もしもし…………」
 ツーツー……虚しさが込み上げる響きでした。
 今年もひとりぼっちで年をとります。ただ、本当に髪を染めてみようかと、
小さな決心を胸に受話器を置きました。


                             《おわり》

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。