交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 パーティラインに参加している六人のうちミリ(25歳)、タツ(20歳)、ブ
ン(17歳)の三人は常連なので電話をかけてくる動機は特に必要ありませんが、
昌枝(63歳)、マララ社長(58歳)、綾子(40歳)の三人は、普通では電話を
掛けてくるとは思えない人たちです。となると彼らにはアジアに関連した何か
があり、電話する動機が必要になります。同時に、彼らの動機「言いたいこと」
がドラマの展開となる出来事を設定します。


 昌代は、留学生(中国人)を捜したがっています。また、日本人がよく使う
「結構です」から何かできないかと考え、物の貸し借りで、返ってこない可能
性を想定しました。貸したものは大したものでなく、しかし昌枝にとっては思
い出の品……孫からプレゼントされた傘です。それを捜すためにパーティライ
ンへの参加です。そしてこれ(留学生捜し)を、ドラマ全体を通してのエピソ
ードにしました。昌代は決して表立った人物ではありません。でも参加してい
る他の人たちの後押しによって留学生捜しに発展し見つかる。ドラマを通して
「みんなの力が集まれば何とかなる」のメッセージです。
 綾子はアジアに批判的な印象を持っています。隣のアパートに住むアジアの
人たちに恨みすら抱いています。ゴミ捨てや騒音に不満を蓄積させた攻撃的な
中年女性です。のちにこの問題も、解決の方向性をとるように考えます。
 マララ社長はアジアの人たちを雇い、彼らの働きに満足しています。つまり
好印象をもっています。また年輩者でもあり、参加者の暴言などを正していく、
もの分かりのいい役にしました。社長にとってアジアの問題はありません。だ
から話の展開に直接関係ありませんが、アジアの人たちの頑張る姿をぜひ伝え
たい、それを折り込むことで綾子とは逆の立場をもった人物の設定です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。