交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 若者(特に十代女子)を主流に、メールなどパソコンや携帯電話で文字を入
力するとき、小文字「ぁぃぅぇぉゃゅょゎ」を用いた文章(?)が広がってい
るようだ。


小文字:10代女子に流行、難解・新表記 ネット時代の自己表現!? 【毎日新聞】


 十代はとっくの昔に卒業しているとはいえ、若者であるマナコ(愛娘)に聞
いてみた。
「知ってるよ」
 パソコンをいじりながらマナコが返した。私は、まさかマナコも、そんな難
解な表現でやりとりしているのかと気になった。
「マナコも使うんか?」
「私はせんよォね。でも使えるよ。『趣味は?』って聞いてみて」
「趣味は?」
 私の問いかけに、マナコがパソコンに入力してみせた。
“ょあそび”
 私は、“よ”をただ小文字にしただけかと思った。
「なんじゃい、そりゃ?」
「仕事が終わって、夜ちょっとだけ遊ぶけえ、ょあそび(微笑)」
「……なるほどね」


 意味合いは違うが、脚本を書くとき小文字を用いる。はっきりしない返事の
とき「はぁ」(私は「はァ」と書く)とか表現する。これは日常の言葉(発音)
を文字化するとき、より忠実に表現する意味でだ。「はあ」ではない。「はあ」
だと、あとの「あ」が強調されそうで、「はあ?」のように疑問を抱いたニュ
アンスになる。だから、小文字を用いて「はぁ」と書き、気のなさを表現する。
同様に、マナコとのやりとりでも用いた広島弁「せんよォね」も、発音に沿っ
た文字化である。(標準語では「しないよ」になる)


 ところで、小文字「ゎ」の存在を懐かしんだ。マンガ家・楳図かずお氏の作
品『まことちゃん』(1976年~1981年『少年サンデー』にて連載)の決め台詞
「ぐゎし」がそれだ。9月29日には『超!まことちゃん第1集』が発売された
ようで、この表紙では「グワシ」になっているのだが……(淋) 私はやはり、
少年サンデーで馴染んだ「ぐゎし」のほうが好きだな。


楳図かずお オフィシャルホームページ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。