交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 日本語もですが、漢文のように訓点(返り点や送りがななど)を付ける世界
にも難しさやおもしろさがあります。
 昨日、父の思い出を綴ったあと「南無阿弥陀仏」と唱えました。この南無阿
弥陀仏に訓点を付けて漢文訓読する(漢文を日本語の文法にしたがって語の順
序を変えたりしながら直訳的に読む)とき、「阿弥陀仏ヲ南無スル」と読める
ように付ければ正しいのですが、間違え方によっては「南ニ阿弥陀仏無シ」と
なってしまいます。


◆南無:仏・菩薩・経などを信じ敬い、それに帰依することを表す語で、一般
    的には帰依の対象となる語(阿弥陀仏など)をそのあとに付けけて感
    動詞的に用いる。
◆帰依:神仏や高僧を信じてその力にすがること。


 つまり、仏さまを帰依するどころか、南方においてはその存在を消してしま
うことになるのです……。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。