交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 修の浮気に反発した弦が学校を休み、コンビニで万引きをする。捕まえてく
れといわんばかりに、商品をカバンに入れていく。捕らえたあと、弦に異変を
感じた店主が家に電話する。信じられない気持ちで修がコンビニに出向く。優
等生ではないが、人の道を外すことのないよう育てたはずだった。叱るべきか、
少なからずも理解を示すべきか。猪突猛進型の修にしては珍しく方向性を失っ
ていた。とにかく弦に話しかける修だが「不良親父には不良息子がお似合い」
と、話を聞こうとしない。ダメ親父から不良親父に降格の修である。
 ギスギスした修の家に、着替えや勉強道具一式を抱えた淳雅がやって来るな
り、修に一通の手紙を差し出す。雅彦からだ。同窓会には出られない。それば
かりか、仕事が忙しく家に帰れないかも知れない。しばらく淳雅を預かってほ
しいとのこと。
 淳雅が、様子のおかしい弦に話しかける。子供同士の父親談義に発展する。
修の浮気疑惑でいらだっている弦は、父親を理解できず自身を見失っている。
一方淳雅は、子供とはいえ落ち着き払い、父親を理解し尊敬しているが、どこ
か孤独な雰囲気がある。


                             《つづく》


*----------* ポイント解説 *----------*


1.万引をした弦に対して修のとる行動は決して「父親の鏡」といえるもので
  はありません。迷いの中で藻掻きます。しかしながら、その中でも「とに
  かく対話だけは絶やさない」と懸命な姿を浮き彫りにします。
2.雅彦の人物像を描くのに、息子の淳雅の観点を利用します。同時に、淳雅
  と弦を対比して、父親像と子供像も見せていきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。