交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 ゴールデンウィーク真っただ中、快晴におおわれた行楽地はどこも人、人、
人……で賑わっている。となると決まって大忙しになるのが迷子センターであ
る。親とはぐれて不安気に待つ子。自分の居場所をアピールするかのように泣
き叫ぶ子。親の心配を尻目にセンターのおもちゃで遊ぶ子。人間模様さまざま
である。
 ところが最近は、迷子センターでお世話になる子供が減少しているようだ。


 人混みの中で行き交う大人たちの顔をキョロキョロ見る子供の姿がある。
「ボク、どうしたん?」
「パパとママがおらんようになった」
「そりゃいけんねえ。あそこに迷子センターがあるけえ、そこに行ったらママ
が迎えにくるかもしれんよ」
「ええよォ、行かんでも」
 男の子はポケットから携帯電話を取り出すと、慣れた手つきでダイヤルしは
じめた。
「もしもしママ、今どこにおるん?……ボク、さっきソフトクリーム買ォたと
ころ……うんうん、分かる。じゃ、そこまで行くけえ、絶対おってよ。変なと
こ行きんさんなよ」


 ──なるほどね。携帯電話があれば万事解決ってわけか。それにしても、迷
子になり親が迎えにくるまであれこれ浮かべる思いもなく、これからの子供は
育っていくのだろうか。迎えにきてくれる親へのありがた味も携帯電話に掻き
消されてしまう……物憂い時代になったものだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。