交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 小説家の仕事は文字どおり「小説」を書くわけですが、脚本家の場合、オリ
ジナル脚本を書くほかに、既に発表されている小説がドラマ化されるとき、そ
れを基にして脚本形式に書き替える『脚色』と呼ばれる仕事もこなします。
 小説形式で書かれた『冬の花火』を脚本形式にしてみましょう。


*--------------------------------------------------------------------*
『冬の花火』(テレビドラマ脚本)


○ ネオン街・その路上(冬の夜)
  酒に酔った男(32歳)が千鳥足で歩いている。
  細い路地の入口辺りで立ち止まり、膝に両手を付いて休む。
男「クソォ~ッ……」
  その状態で、ふと路地の奥で光るものが気になる。
  おもむろに体勢を戻しながらその方向を見る。


○ 路地の奥
  それは暗闇の中でキラキラと幻想的な光を放っている。


○ 路上から路地へ
  男が路地に入っていく。
  近づくにつれて、それが花火であると分かる。
男「(呟く)花火か……(寒さにコートの前を閉める)」


○ 路地の奥
  男がそこに近づいていく。
  花火をしているのは女(25歳)で、一目でホステスと思わせる雰囲気であ
  る。しゃがみ込んで花火に見入っている。
  近づいた男は壁に身を預けて、花火と女の姿を見ている。


○ 花火と女
  爆発的に光を放ったり、仄かな灯火を残したり、花火の光に照らされた女
  の色香が浮かび上がる。


○ 路地の奥
女「バカみたいでしょ。冬に花火なんて(と男を見上げる)」
男「(壁に寄りかかったまま)いや。いいんじゃないの」
女「(また花火を見ながら)私ね、宇宙を見たくなると、いつもこうするの」
男「宇宙……?」
女「暗闇の中で、ほら光の子供たちが生まれては消え、また生まれていくの。
 まるで、星の誕生みたいでしょう」


○ 花火
  暗闇の中で幻想的な光を放っている。


○ 路地の奥
  男も女も、花火を見ている。
  花火が終演に近づく。女が花火を揺らしながら
女「あなたは? どんな失敗をしたの?」
男「……二億の商談。他の業者に横取りされちまった」
女「そっか……じゃあ、私なんかまだいいほうだ。いやな客にネチネチされた
 ぐらいで、こんなとこで憂さ晴らしてたんじゃ、ホステス失格だよね」
  花火が消える。
  男がネクタイを外して、女の隣にしゃがみ込む。
  男はネクタイを丸めて、両端をピンと立てたものを作る。
男「ウサギ……月のウサギ……」
女「(持っていたライターに火を点けて見る)……それが?」
男「ほら、ここが耳で。見えないかな、大きさ違うけど」
女「ヘタクソ……(微かな笑いを残す)」
男「(笑みを浮かべる)」
女「最後の一本、お兄さんにあげるよ。やってみれば……」
  女が赤いマニキュアの手で花火を差し出す。
男「ありがとう(と受け取る)」
  女が花火に火を点ける。


○ 花火と男と女のイメージ
  花火の煌めきを背景に、様々な映像が重なる。
  それらをモンタージュで伝えていく。
   ・冬のネオン街、寒そうに行き交う人々の姿。
   ・花火を見る女の顔。
   ・バーで客に酒を注ぐ女の姿。
   ・カラオケの相手をする女の姿。
   ・チークダンスの相手をする女の姿。
   ・バーの前で客たちを見送る女の姿。等々……
   ・花火を見る女の顔。
   ・花火を見る男の顔。
   ・会議室でクライアントに説明する男の姿。
   ・パソコンに向かって仕事する男の姿。
   ・電話にでる男の姿。
   ・街中を走る男の姿。等々……
   ・花火を見る男の顔。
   ・花火を見る男と女の顔。
  そして花火が消えていく───


○ 路地の奥
女「サッ、仕事仕事(膝をポンと叩いて立ち上がる)」
男「(おもむろに立ち上がる)……」
  女が潤んだ瞳を親指で拭う。
女「こう見えても子供がいるんだ。私の宝もの。宇宙飛行士になるのが夢なん
 だって……(夜空を見上げる)」
男「(夜空を見上げる)」


○ 夜空
  冬の星座が煌めいている。
女の声「その子のためにも頑張んなくっちゃね」
男の声「そうだな」
  路面のコンクリートに女のハイヒールの音が響く。
  徐々に遠ざかっていく。
  夜空の星を掴むように男が手を伸ばす。
  そして、遠ざかるハイヒールの音に手を振る。


                       脚本『冬の花火』おわり
*--------------------------------------------------------------------*
小説形式『冬の花火』

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。