交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:
DJ「解りました。3番の人、とにかくどんな訳があるのか、話してくれます
 か?」
金田「はい……つまりですね」
 SE 足音、近づいて来る。
金田「今私が演じたように、アジア大会や、アジア人民の為と言って」
  SE ピンポーンとインターホンの音。
金田「各家庭を回って、募金を集めてる連中がいるんです」
  SE 多数のコインがバラバラ落ちる。
金田「彼らは何ら正式なグループじゃありません。その目的も、アジアいう言
 葉を使ってるだけで、はっきりしたもんじゃないんです」
DJ「募金する人、いるんですかね?」
金田「現に今、社長とオバチャンは……」
DJ「アア、そうか……」
金田「決して高い金額じゃありませんが」
ミリ「お金はどうなっちゃうの?」
  SE 落ちるコイン。笑い声が重なる。
金田「おそらく彼らは、自分たちの小遣い稼ぎにやってるんじゃないかと」
綾子「最低ねッ……だから、アジア人は信用できないのよ」
昌枝「私には、みんなええ人に思えますけど」
社長「ワシもそう思ォとります」 
綾子「甘い甘い。そういう気持ちがあるからまんまと引っ掛かっちゃうのよ…
 …いい。彼らにとって日本人は、金を遊ばせてる、おあつらえ向きのカモな
 のよ」
金田「いや、それがですね。被害にあった人の話を聞いてたら、どうもそうい
 うことをやってるのは、日本人らしいんですよ」 
綾子「何で日本人って分かんのよ」
金田「訪ねてきたときは、カタコトの日本語に騙されましたが、別の日にコン
 ビニで見掛けたとき、スラスラ日本語しゃべってたんで……変に思って声を
 掛けたら、逃げ出したそうです」
  SE 数人が走って行く。
DJ「じゃ、日本人がアジア人を装って、日本人を騙してるってことですか?」
金田「そういう線の引き方はしたくありませんが」
DJ「え?」
社長「そうですよ。ワシらじゃけえいうて、同じアジアの人間なんじゃけえ、
 そういう分け方をしちゃいけんですよ」
DJ「ア……そうですね……すいません」
ミリ「ね……犯人ってどんな奴かねェ?」
金田「ハタチ前後の若者ということです」
社長「困ったもんですの、日本の若者には」
ミリ「どうしてそんなに詳しいんですか?」
昌枝「もしかしたら警察の方ですか?」
金田「いいえ、違います」
  SE 不愉快なイメージが漂う。
金田「ただ先日、ある韓国人やマレーシア人が、警察で事情聴取を受けたんで
 す」
ミリ「あなたの友達?」
金田「はい。勿論何もしてません。でも彼らは、外国人というだけで警察に連
 れていかれました」
昌枝「それはお気の毒に……」
社長「そういうたら、うちの工場のフィリピン人も、近所で自転車が盗まれた
 とき、警察が聞きに来ましたわ」
綾子「怪しいから疑われんのよ。日本に来てんだから、日本のルールに従うべ
 きじゃない。それを何よッ。もっと外国人を理解すべきだとか、援助すべき
 だとか……文句があるんならね、ゴミぐらいちゃんと出して言ってよねッ。
 何様の積もりよ」
金田「私は言いたいッ!」
ミリ「ワ、びっくりした」
金田「そういう思い上がりがッ……何の証拠もないのに、ただ貧しいからいう
 だけで……私たちを苦しめるんです」
ミリ「私たち?」
DJ「あなた、日本人じゃないんですか?」
金田「国籍は日本ですけど……私の身体ん中には、韓国人の血も流れてます」
DJ「ア……そう、ですか……」
金田「父親は、韓国人です」
DJ「……そうですか……ア……何て言うのかな……巧く言えないけど。あれ
 ですよ、3番の方……え?……アア、はい。ちょっとここで一曲聞いて下さ
 い」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。