交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 物語『冬の花火』の解説(7)です。

 花火を素材にしているので、当然その様子や魅力を掘り下げていきます。同
時に、冒頭の「ダメージに包まれた俺」(主人公)をさらに膨らませます。だ
からといって、まだ自分から話しかける心境ではありません。ですから、ここ
も女から切り出して、質問を切っ掛けに男の置かれた状況を明らかにします。
 男の境遇を受けて、女も境遇を明かします。これで二人の接点「失意の状態
である」が確立されました。


*---------------< 本文 >---------------*
 花火の中心から放たれた閃光が、周囲の黒を一瞬の宇宙に変え、そして哀し
げに消えていくのが見える。がっくりと肩を落とし、呆然と佇む俺のつれなさ
を察知したのだろうか、花火を揺らしながら女は聞いてきた。
「あなたは? どんな失敗をしたの?」
「……二億の商談、他の業者に横取りされちまった」
「そっか……じゃあ、私なんかまだいい方だ。いやな客にネチネチされたぐら
いで、こんなところで憂さ晴らしてたんじゃ、ホステス失格だよね」
               *-------------< ここまで >-------------*


 物語を展開させる基本は、『素材と人物に沿って描く』ところにあります。
これはショート作品なので最低限の表現(短文)で書いています。つまり、一
言一句で物語が進展しているのです。長編では、この骨格にいろいろな描写や
飾り付けの台詞を加えて膨らませるといいでしょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。