交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 降って湧いた「修人気」の話。ディレクターの松井は、そんな修の「家庭で
の素顔」を取材させて欲しいともちかける。修は、自分の音楽活動に理解を示
し応援する家族を撮ってもらおうと、家族にそう振る舞うように頼む。しかし、
それでは「ヤラセじゃないか」と、美音の反発を喰らう。修は、「演出だ」と
調子よく説得しようとするが、「ポーズばかり気にしていた敏和」と同じだと
と、さらに反発を招く。ところが妻の道子は、「仕事をしてくれるのなら何で
もいい」と、大らかとも投げやりとも受け取れる態度をみせる。それには美音
も納得。シブシブだが協力を得ることができる。
 そして取材が始まる。音楽活動に負けず劣らず、酒屋をテキパキと切り盛り
し、一家を支える大黒柱の修が収録されていく。


                             《つづく》


*----------* ポイント解説 *----------*

1.家族を説得してたのか、家族に説得されたのか、どちらともとれるように
  着地させます。その曖昧さの落ち着きが、この家族の姿であることを見せ
  ます。
2.やりとりで「ヤラセと演出」を取り上げます。別角度からコンサ ート客
  の「サクラ」なども織り交ぜると内容も膨らみます。
3.取材風景は、モンタージュで繋ぎながらポイントのやりとりを混ぜるとテ
  ンポが出ます。カメラの前と、見えないところでの家族の対応も取り入れ
  ると滑稽に表現できます。

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。