交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

DJ「ア、もしもし」
昌枝「(通話)はい?」
DJ「あなた、電話の近くにラジオあるでしょう」
昌枝「(通話)どうして分かるんですか?」
DJ「ア、イヤ、その説明は今度ゆっくりするとして、とりあえずあなた、ラ
 ジオのボリューム落としてもらえますか」
昌枝「(通話)はい、分かりました」
DJ「じゃ次の方、3番の人どうぞ」
タツ「(通話)ハタチ、学生。することないけえ掛けたけど……」
DJ「あらら、こりゃまた淡泊な人。ま、いっか。続いて4番さーん」
社長「(通話)こんばんは。宮島の鳥居が一望できる、大野町の方で塗装工場
 を経営しとります、斑島優作いいます。工場で働いてくれとる若い人らは、
 マララ社長いうてくれとります」
DJ「そうですか。じゃここもマララ社長でいきましょう」
社長「(通話)それでええです。年は五十八んなりました。ラジオはいっつも
 聞いとるんですが、ワシも電話さしてもらうんは初めてですけえ、まァひと
 つ、よろしゅう頼みますわ」
DJ「こちらこそ、よろしくお願いします」
ミリ「(通話)五十八いうたら、うちのお父さんと同じよ。電話してくれるい
 うたら、結構若いよ、マララ社長。ヨロシクね!」
社長「(通話)よろしゅうお願いします。今日はアジアのことじゃいうんで、
 こりゃ黙っとれん思ォて電話しました、はい」
昌枝「(通話)あのォ……」
社長「(通話)はい?」
DJ「アア、今のは2番の人です」
社長「(通話)はァ。面白いもんですの。ようけの人が電話で一遍に話せるい
 うんは」
DJ「でしょ。ところで2番さん、何か?」
昌枝「(通話)はい……」
ミリ「(通話)言いたいこと、どんどん言うた方がええよ、オバチャン。あれ
 ? オバチャンでええんかいね?」
昌枝「(通話)はい。孫も二人おりますし、何でしたら、おばあちゃんでもえ
 えです」
DJ「まァそこまでは、ねえ。だから、オバチャンにします。何か?」
社長「(通話)聞きましょう」
綾子「(通話)ねえッ、アタシはどうなんのよ?」
DJ「アー! すいません。5番の方がまだ残ってました」
綾子「(通話)アタシ、いつも残っちゃうのよね」
DJ「ゴメンナサイ」
綾子「(通話)まァ、いいけど。たかがラジオだし」
DJ「まァまァ、そう言わないで。楽しくやりましょうよ」
タツ「(通話)嫌ならラインから降りたら」
綾子「(通話)誰ッ?」
DJ「えーと……」
ミリ「(通話)私知ってるわよ。前に一、二回聞いたことある。その声は、ラ
 ジオオタクのタッちゃんでしょう」
DJ「そうそう、タッちゃんだ」
タツ「(通話)別に……オタクでもええじゃん」
ミリ「(通話)もっと明るういかんにゃ。若いんじゃけえ、私みたいに」
タツ「(通話)二十五の、どこが若いんや」
ミリ「(通話)シツレーなオタク」
社長「(通話)学生さん? 確か学生さんじゃったね。あんた、女性にそうい
 うこと言うたら、いけん」
綾子「(通話)そうよッ。謝んなさい。それにアタシはッ、絶対ラインから外
 れんからね。言ってやるんだから、あいつらにッ」


                             ( つづく )

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。