2013-2014 New Model試乗感想

テーマ:
2013-2014 New Model試乗感想

■OGASAKA
1、TRIUN SL
 評価:A
 赤と白プレート両方試しました。
 去年と同じく、扱いやすいSLという印象。
 とはいえ、SLなので非常にキレキレです。
 エキスパートレベルなら、基礎スキー用としても使えると思います。
 ただ、やはり緩斜面・低速ではたわみ難いです。

2、TRIUN S
 評価:S
 白プレートで試しました。
 SLのセカンドモデルです。
 この板はかなり素敵でした。
 板は柔らかなのですけど、角付けをすると、しっかりSL板です。
 扱いやすいくせに、キレキレで、ずらしもOKという万能具合。
 もちろん緩斜面・低速でも大丈夫です。
 非常に高いレベルで安定しています。
 カービング大好きな基礎スキーヤーで小回り用を探しているならマストバイです。

■ATOMIC
1、REDSTAR SL
 評価:A
 ATOMICのD2搭載SLモデルです。
 この板TC-SXより軽かったです。
 軽いくせに、TRIUN SLより攻撃的に滑れました。
 これはSLマシンですね。キレて気持ち良いのですけど、常用には向かないです。
 また、SLマシンとしてみた場合、後述するVOLKLのSL板に負けてしまっています。

2、BLUESTAR DEMO SX
 評価:C
 ここ数年、話題を掻っ攫い続けているDEMO Xの系列です。
 が、ぶっちゃけ微妙です。
 ターン初動で、内スキーのエッジが入った後に外れるという不思議体験をしました。
 エッジのメンテナンスしてなかったのかなぁ?
 その辺りを置いておくとしても、どうにも立ち位置がハッキリしない板になってます。
 すごく安定するわけでもなく、すごくキレるわけでもなく、何でこんなに変わったんだろうと思いました。
 安定性もカービングも、TRIUN Sに軍配があがっています。

■SALOMON
1、X RACE
 評価:B
 SALOMON的にイチオシの板だそうです。
 なんでもレースから基礎から幅広く使えますよって新シリーズだそうです。
 フィーリングですが、ツインチップのロッカーなため、非常に取り回しが容易です。
 ただレース用として見た場合、そこまでキレるわけじゃないです。
 基礎用としてみれば、それなりにキレます。
 個人的にはオールランド系の板に分類したいです。
 楽に滑りつつ、しっかりカービングもしたいなら○
 基礎とか競技とか、自分の方向性が定まっているなら別の板がいいです。

■FISHER
1、RC4 WC SC PRO
 評価:A
 正式名称は長ったらしいので略しましたけど、早い話がSLのセカンドモデルです。
 これはセカンドモデルのくせに、すごくSLな板に仕上がってます。
 さすがFISHERですね。競技モデルだけは良い仕事しています。
 よくキレますし、板が吸い付く感じです。
 おそらくセカンドモデルで少し柔らかい点が効果的に作用しています。
 カービングマシンとしては良い板なのですけど、基礎用として見たら緩斜面・低速がツライ印象です。
 ガンガンカービングしたいなら○

2、RC4 SPERIOR
 評価:B
 上記のSLセカンドモデルを、基礎小回り用にした板という印象。
 低速で滑りやすくなっています。
 そのくせカービングもしっかりした良い出来です。
 惜しむべきは、TRIUN Sに食われている点です。
 良い板なのは確かなのですけど、あえてコレにする理由が薄いです。

■DYNASTAR
1、基礎小回り用 (SPEED GROOVE DEMO?)
 評価:A
 名前を確認するのを忘れていましたが、今年のSPEED GROOVE DEMOの来期版です。
 コスメデザインが殆ど同じだったし、来期も同じ名前だと思います。色はピンクになってます。
 基礎小回り用として見た場合、よくキレますし、扱いやすい板でした。
 非常によく纏まった板です。
 ただこのピンクがクセモノでして、黄色レンズのゴーグルで見たら、レンタルの板みたいな安っぽい黄色に見えるんです。
 おかげでテンションだだ下がりです。
 滑りのフィーリングは良かったのですけど、「ないわー・・・この色はないわー」と思いつつ滑ってました。

■ROSSIGNOL
1、GS MASTER21
 評価:A
 ロシのGS板です。FISに対応してないのでセカンドモデルかな?
 今年はSLを中心に乗っていたのですけど、Piste店長に超プッシュされたので乗ってみました。
 なんというか、吸い付きます。
 しっとりしつつも、非常に力強い滑りです。
 これはお勧めするだけの事はありました。
 これは良い板です。

■elan
1、GSX
 評価:B
 GSのセカンドモデルです。
 これはマイナーチェンジなのでしょうか。
 扱いやすくなってる気がします。
 GSというよりは基礎大回りが良いかもってくらい、取り回しが容易でした。
 ただ、GSというにはキレが少し弱い印象です。
 そこそこのキレで、WAVEFLEXなので悪雪にも強い。そんな大回り板です。

2、SLX
 評価:A
 SLのセカンドモデルです。
 印象としてはGSXと同じで、扱いやすいです。
 こちらは結構キレます。
 回しやすいお陰か、カービング小回りを更に小さくするのが非常にやりやすかったです。
 
■VOLKL
1、RACE TIGER SL WC
 評価:S
 SL板です。
 今回トップモデルのSL板が少なかったというのもあるのですけど、他と比べて非常に強い板です。
 すばらしいキレ味で、スキーヤーにも相応のパワーが必要です。
 その分、滑りは非常に良いものが出せます。
 今回試乗した板で、一番キレが良かったのがこの板です。
 SLとしては良い板なのですけど、やはり常用には向かないです。

-----------------------------------------

個人的にお勧め
■基礎スキー
・[OGASAKA] TRIUN S
・[ROSSIGNOL] GS MASTER
■競技スキー
・[VOLKL] RACE TIGER SL WC
・[ROSSIGNOL] GS MASTER

とにかく、TRIUN Sのフィーリングがすごく素敵でした。
個人的には、D2 DEMO X Type Sが出て以来のビックリドッキリ素敵板です。
AD

コメント(1)